GoPro最新機種HERO8 Blackが遂に発売!!詳細はここをクリック!

【キャンプ場情報】キャンプinn海山-三重県紀北町

Field

三重県紀北町にある自然に恵まれたキャンプ場。緑豊かな山々と美しい銚子川に囲まれ、夜には満天の星が降り注ぐ自然を満喫できる立地が特徴。施設は丁寧に整備され、区画もしっかりレイアウトされた過ごしやすいキャンプ場です。

この記事では、自然を満喫できる「キャンプinn海山」の詳細情報をお届けします。

キャンプinn海山ってどんなとこ?

キャンプinn海山のある三重県紀北町は和歌山県寄りの三重県に位置し、熊野古道の入口となる地域です。

山と海に挟まれた紀北町へは、遠方からであれば紀勢道からのアクセスが便利です。澄んだ水が特徴的な銚子川沿いを上流へと上がると対岸にキャンプ場が見えてきます。キャンプ場へは更に遡上し、魚飛橋を渡って対岸の道へ出ます。対岸の道は細く急なカーブが多いため注意が必要です。キャンプ場の入口の先は、大きく開けた銚子川の河川敷と山々に囲まれた自然豊かな空間が広がります。

施設情報

(画像出典:キャンプinn海山)

センターハウスを起点に山側に林間オートサイト、川沿いにリバーオートサイト、更にコテージも備えた充実の宿泊施設です。キャンプinn海山のメインは何と言っても銚子川ですが、施設内には丁寧に整備された芝生広場と木工アート広場もあり、銚子川に入れなくても楽しめる施設が備わっています。

サイト情報

サイト名 タイプ サイト数
リバーオートサイト川側(AC電源なし) 砂地 23
リバーオートサイト山側(AC電源あり) 砂地 17
林間オートサイト・スタンダード 砂地 18
林間オートサイト・ワイド 砂地 12
コテージ 15

リバーオートサイトは10m×10mとゆったりとした区画サイズ。

駐車スペースが決まっているため、設営エリアはL字型になります。

林間オートサイトはスタンダードとワイドの2種類。

(画像出典:キャンプinn海山)

スタンダードは駐車スペースを除いて5m×5m、ワイドは5m×7mです。

いずれも地面が砂地と硬いため、プラペグやアルミペグでは打ち込むことが出来ません。特にリバーオートサイトは風が吹くため、鍛造ペグが必須です。

区画は石や枕木などで分かり易く仕切られていますが、垣根などの目隠しはありませんのでプライバシーを考えたサイトレイアウトがおすすめです。

炊事場

炊事場はサニタリーハウスの横に設置されています。

給湯器が設置されている場所が1ヶ所ありますので、お湯が必要な場合でも安心です。

トイレ

トイレもサニタリーハウスの中に設置されています。

台数も多く清潔なため気持ちよく利用することが出来ます。

お風呂

お風呂は基本的にキャンプ場内にはありません。代わりにサニタリーハウス内にコインシャワーが設置されています。(林間サイト側のシャワールームにはバスタブが設置されています。)

シャワールームは個室になっていて、男女別にいくつか設置されています。

このシャワールームですが、お金の投入口がシャワー室の外に設置されており、更にお金を入れた時点でタイマーが動き始めてしまいます。シャワーを使っていても使っていなくてもタイマーは動き続けるため、コインを入れるタイミングと前準備には注意しましょう。

またランドリーも備わっていますので、連泊時にも安心です。

ゴミの処理

ゴミはセンターハウス横のリサイクルステーションで回収してくれます。

遊び場

キャンプinn海山のメインと言えば施設横を流れる銚子川です。

澄んだ清流には多数の生き物が生息し、夏場はここでの川遊びをメインに訪れる方も多いでしょう。またカナディアンカヌーのレンタルサービスもあるため、新たな体験に飛び込むのもおすすめです。

施設内には自由に使える芝生広場と、ツリーハウスやクラフト体験が出来る木工アート広場があります。

芝はきれいに刈り揃えられており、小さな子供も安心して遊びまわることが出来ます。

またキャンプinn海山からは、海や熊野古道へ短時間でアクセスすることが出来ます。

最も近い熊野古道の入口は馬越峠入口になります。熊野古道の特徴である木々の間の石畳を体感できる場所になります。

レンタル用品

ある程度のレンタル用品は準備されていますが、テントやタープなどの大型設備は貸出されていないため、手ぶらでの利用は困難です。

レビュー

川と山に挟まれた立地ですが標高は高くないため平地との気温差はあまりありません。特に夏場は気温が上がるため夜間の暑さ対策が重要です。

施設やサイトはとてもきれいに整備されていて過ごしやすいですが、サイト区画がしっかりしている分サイトレイアウトの自由度はあまりありません。隣接サイトとのプライバシー対策も自身で行う必要がありますので、気になる場合は設備を整えておく必要があります。

天気に恵まれれば銚子川での川遊びや満天の星空に出合えるキャンプ場なので、キャンプ生活をのんびり満喫するよりも自然体験を心行くまで楽しむことに向いているキャンプ場です。大型連休だけでなく休日の予約も早い段階で埋まるほど人気のキャンプ場なので、余裕をもって計画することをおすすめします。