アウトドアに便利なガスバーナーの選び方とおすすめ12選

トレッキングやキャンプで重宝するガスバーナー。手軽に安定した火力が得られ、すす汚れの発生が少ないため、料理や片付けの時間を短縮する優秀なアイテムです。現在は軽量でコンパクトなシングルバーナーからマルチに料理が行えるツーバーナーまで、ガスバーナーの種類は多様化するアウトドアニーズに対応しどんどん増えてきています。
この記事ではアウトドアシチュエーションに適したガスバーナーの選び方と、おすすめを紹介します。

ガスバーナーの機能と選ぶ時のポイント

ガスバーナーとはガスを燃料とする加熱機器です。液化ガスが加圧充填されたカートリッジを装着し、点火ノブを回すことで着火、使用することができます。(稀に点火装置が付いていない製品があります。この場合はノブを回しながら火種を近づけて点火する必要があります。)
火力の調整も消火もノブひとつで操作できるため、多くの専門的な知識は必要なく、メンテナンスもほとんど必要ありません。加えて使用後に場を汚すこともなく片付けもとても容易です。また、カートリッジの取り外しが自由に行え、ヘッド部のみであれば軽量且つコンパクトなため荷物の削減が行えるのも特徴です。

このようにバーナー含めガス機器には多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
それは温度です。ガス機器の多くはガスカートリッジから噴出されたガスが燃えることで熱や光を放ちます。そのためガスの噴出量が減少するとパフォーマンスも低下することになります。ガスカートリッジからのガスの噴出量はカートリッジ内の圧力に依存し、圧力は低温状態で低下するため、ガス機器は低温化での使用が得意ではありません。

ガス機器を使用する場合は、そのメリットとデメリットを把握し使用環境に合わせることも必要です。

メリット
  • 簡単に扱える。
  • 荷物の削減、軽量化が行える。
デメリット
  • 低温下や連続使用時に出力が落ちる。

ガスバーナーを選ぶときのポイント

ガスバーナーを選ぶ時に確認すべき仕様は次の4つです。

  • 火力
  • 低温対策
  • ガス消費量
  • メーカー
火力

加熱機器であるガスバーナーの最も重要な機能は火力です。最大火力が高ければ高い程料理の幅が広がり、調理時間を短くすることが出来るため火力が高いに越したことはありません。但し出力のすべてが調理熱へ伝導されるわけではなく、中には低い火力の中で伝導における損失を抑える工夫をしている機器もあります。最終的には調理熱として伝わる熱量が大きい方が優秀ですが、この数値を機器の仕様から汲み取ることは困難です。

低温対策

気化したガスを燃焼させるガス機器は低温化でパフォーマンスが低下します。この欠点を補う機能が低温対策機能ですが、その種類はいくつかあります。燃焼熱を使ってカートリッジ自体を温める方法や、液体ガスのまま供給する方法など様々です。
低温下での使用が想定される場合はその対策がされているか、またどのような対策なのかを確認す必要があります。

ガス消費量

火力とガス消費量は比例の関係にあるため、消費量が少ないから良いという訳ではありません。また火力はガスの種類によるところもあり、ガス消費量と火力等を一律で評価することが困難です。ガス消費量が少ないに越したことはありませんが、火力やカートリッジの基本単価など複合的に確認する必要があります。

メーカー

もしあなたがいくつものガス機器を使用するのであれば、出来るだけメーカーを統一することをおすすめします。
ガス機器はメーカー毎に専用の燃料が用意されているため、機器間でカートリッジを使いまわせるようにしておけば予備燃料を含め荷物を削減することが出来ます。

厳選シングルバーナーの紹介

シングルバーナーはガスバーナーの特徴でもある軽量且つコンパクト、そして手軽さが最も顕著に表れるアイテムで、トレッキングやソロキャンプなどで活躍するバーナーです。もちろんグループキャンプやちょっとした加熱料理にも使えるオールラウンダーなアイテムなので、ガスバーナーを初めて選定する方にもおすすめします。

Coleman
アウトランダーマイクロストーブPZ


標準型のシングルバーナー。大きなツマミで使い勝手が考慮されている。折り畳みゴトク採用でコンパクトさにも気が配られているが、どちらかというとコンパクトさよりも安心感を求めるオートキャンパー向けの製品です。

  • 火力:3,000kcal/h
  • 低温対策:なし
  • ガス消費量:150g/h
  • 本体サイズ:11×9.5×9.5(H)cm
  • 重量:200g
  • 定価:¥4,480(税別)

(画像出典:Coleman)


snow peak
ギガパワーマイクロマックス GS-110AR


コンパクトながらオートイグナイター付きの安心の製品。板状ゴトクによる風防と、ハイパワーな炎による安定の加熱を実現。シングルバーナー初心者の方におすすめの製品です。

  • 火力:2,800kcal/h
  • 低温対策:なし
  • ガス消費量:110g/h
  • 本体サイズ:Φ125×80(H)cm
  • 重量:106g
  • 定価:¥5,900(税別)

(画像出典:snow peak)


JETBOIL
MiniMo


バーナーとクッカーがセットになった製品。クッカー側に設けられた、独自のフラックスリング機構が優れた熱伝導効率を生み出します。MiniMoのクッカーは他JETBOIL製品より口径を大きく背丈を低くしたことで、湯沸かし以外の料理も作りやすい設計になっています。付属のゴトクを使用すればパンなどの調理機材も使用できます。サーモレギュレーター搭載で、低温に弱いガス機器でも安定した火力を発揮します。登山家を中心に人気を集める製品です。

  • 火力:1,512kcal/h
  • 低温対策:サーモレギュレーター
  • ガス消費量:120g/h
  • 本体サイズ:Φ12.7×15.2(H)cm
  • 重量:500g
  • 定価:¥19,500(税別)

(画像出典:JETBOIL)


snow peak
ギガパワープレートバーナーLI GS-400


スノーピークオリジナルの液出しシステム採用。ガスカートリッジを倒立セットすることでジェネレータまで確実にガスを届けることができるため、火力が安定します。一般的なシングルバーナーの構造と異なり、美しいフラットテーブルをベースとすることで大きな鍋を置いても安定します。スノーピーク製アイアングリルテーブルと組み合わせると、複合型キッチンを構築することができます。

  • 火力:3,000kcal/h
  • 低温対策:液出し
  • ガス消費量:250g/h
  • 本体サイズ:47×31×13(H)cm
  • 重量:2.7kg
  • 定価:¥17,800(税別)

(画像出典:snow peak)


UNIFLAME
テーブルトップバーナー US-D


耐荷重12kgの強靭なゴトクはダッチオーブンでも安定して支えます。大型汁受けは輻射熱と吹きこぼれから卓上を保護します。バーナーとガスカートリッジが離れているため、大鍋を設置中でもカートリッジの交換が容易です。機器間でカートリッジをよく使い回す方や長時間の料理を好む方におすすめです。

  • 火力:3,000kcal/h
  • 低温対策:なし
  • ガス消費量:250g/h
  • 本体サイズ:20×20×9(H)cm
  • 重量:900g
  • 定価:¥10,000(税別)

(画像出典:UNIFLAME)


SOTO
レギュレーターストーブ ST-310


コンパクトながら強靭なゴトクを備えたシングルバーナー。低重心で幅の広いゴトクが安定した調理を実現。マイクロレギュレーター搭載で、低温下での火力低下と連続使用時のドロップダウンを防ぎます。

  • 火力:2,500kcal/h
  • 低温対策:マイクロレギュレーター
  • ガス消費量:160g/h
  • 本体サイズ:17×15×11(H)cm
  • 重量:350g
  • 定価:¥5,200(税別)

(画像出典:SOTO)

厳選ツーバーナーの紹介

ツーバーナーはその名の通りふたつの火口のあるガスバーナーです。手早く調理が行えるツーバーナーはファミリーキャンプで特に大活躍します。

Coleman
パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ


低価格で浸透しているコールマンのツーバーナー。点火も火力調整も簡単で、風防も標準装備。低温対策機能は付いていません。春夏秋の3シーズンキャンプにはコストパフォーマンスに優れたこの製品はおすすめです。

  • 火力:3,500kcal/h each
  • 低温対策:なし
  • ガス消費量:210g/h
  • 本体サイズ:64×32.5×52(H)cm
  • 重量:4.2kg
  • 定価:¥11,800(税別)

(画像出典:Coleman)


UNIFLAME
ツインバーナー US-1900


ユニフレームのツインバーナーはアルミとステンレスの構造で、スタイリッシュな見た目と耐久性が特徴。低温対策機能は燃焼中の熱をガスカートリッジに伝え、液化ガスの気化を促進するパワーブースター機構だが、このパワーブースターは着火時には効果がないため注意が必要。軽量、コンパクト、スタイリッシュを求める方におすすめのツーバーナーです。

  • 火力:3,000kcal/h each
  • 低温対策:パワーブースター
  • ガス消費量:250g/h
  • 本体サイズ:54×32.5×29(H)cm
  • 重量:3.9kg
  • 定価:¥20,000(税別)

(画像出典:UNIFLAME)


PRIMUS
キンジャ P-CKJ


1つのカートリッジで2つの火口を使用できるプリムスのキンジャ。汁物と炒め物の同時料理など本格的な使用にも対応する。レギュレータによる安定した出力はもちろん、携帯性にも優れる風防は風から火元を守ります。無駄のない機構とスタイリッシュなデザインが秀逸です。

  • 火力:2,500kcal/h
  • 低温対策:レギュレーター
  • ガス消費量:207g/h
  • 本体サイズ:47.5×29.5×78(H)cm
  • 重量:3.67kg
  • 定価:25,000(税別)

(画像出典:PRIMUS)


snow peak
ギガパワーツーバーナー液出し GS-230


スノーピークの最高級ツーバーナー。ガスカートリッジ倒立セット構造で、低温化でも出力が安定する液出し仕様。ハイパワーにもとろ火にも対応します。凹型バーナーヘッド採用で、クッカーの外側に逃げ易い熱を底部に集中させることが出来る。最も汚れやすい底板にはフッ素コーティングが施され、クリーニングも簡単。家庭のキッチンレベルを求める方でも満足できるバーナーです。

  • 火力:3,000kcal/h each
  • 低温対策:液出し
  • ガス消費量:250g/h
  • 本体サイズ:56.3×38.3×51.4(H)cm
  • 重量:7.3kg
  • 定価:¥43,800(税別)

(画像出典:snow peak)

厳選ガストーチの紹介

主に炭や薪への着火に使用されますが、食材への焼き色付けや花火の点火など様々な使い方できます。なくても問題ありませんが、あるととても便利なのがガストーチです。

Coleman
トーチ


標準的なトーチ。実行機能としては十分なため、他ガス機器をコールマンでそろえる場合はこのトーチを選びましょう。火起こしが苦手な方におすすめです。

  • 火力:1,200kcal/h
  • 低温対策:なし
  • ガス消費量:100g/h
  • 本体サイズ:7×4.5×18(H)cm
  • 重量:210g
  • 定価:¥3,980(税別)

(画像出典:Coleman)


snow peak
ギガパワー2WAYトーチ GT-100


トーチ先端内部にジェネレータが配置されているため、ハイパワー且つ逆さ使い可能なトーチ。尋常じゃない火力のため、着火作業で右に出るものはないのではないでしょうか。低価格も魅力のトーチです。

  • 火力:3,500kcal/h
  • 低温対策:液出し
  • ガス消費量:不明
  • 本体サイズ:14×3.9×18.5(H)cm
  • 重量:175g
  • 定価:¥3,900(税別)

(画像出典:snow peak)