キャンプの醍醐味をより楽しくするファイヤーグリルと焚火台7選

キャンプやBBQの必需品のひとつであるファイヤーグリル。BBQコンロとも呼ばれるグリルは、ダッチオーブンや燻製、ピザなど料理のレパートリーが増えるに従いグリル自体もどんどん進化してきました。
この記事では定番のグリルから焚火台まで、火床ギヤの特徴とおすすめを紹介します。

ファイヤーグリルを選ぶ時のポイント

ファイヤーグリルは薪や炭などを燃料とする調理器具です。直火が禁止されているキャンプ場や公園でBBQをするなら必須のアイテムです。
ファイヤーグリルは定番の箱型グリルから、近年ではダッチオーブンに対応したグリルやピザなども焼けるかまど型のグリル、暖を取るための焚火台と兼用できるものなど多種に富んでいます。
その中であなたの使用方法に合う型を探すことが最初の一歩になります。

ファイヤーグリルを選ぶときのポイント

ファイヤーグリルの型が決まった後、次に確認すべき仕様は次の2つです。

  • 材質と強度
  • 使用時、収納時サイズ
材質と強度

ファイヤグリルの材質は一般的に鉄系とステンレス系にわかれます。鉄系は基本的に塗装や黒染め、亜鉛メッキなどで防錆処理されていますが、この防錆効果が有効なのは使用する前までです。これらの表面処理には、程度の防錆能力はあっても耐熱・耐摩耗性などの被膜強度がないため、炭や薪が燃えた時の高熱で瞬く間に劣化するとともに、使用後の洗浄でことごとく剥離してしまいます。剥離すると早ければ翌日、遅くとも次のキャンプ時には錆が発生します。錆びても使用は出来ますが、強度が著しく低下してしまうため長期の使用は期待できません。
また、ファイヤーグリルは燃えた炭や薪などの高熱を支えるものです。高熱は板金をいとも簡単に変形させます。湾曲させるのはもちろん、時には穴すら開くこともあるため、出来るだけ厚い方が良いでしょう。
これらより、ファイヤーグリルの材質としては厚いステンレンスが優秀ということになりますが、その分重量や価格が上がっていきますので、それらを加味してバランスの良いものを選びましょう。

使用時、収納時サイズ

サイズについては誰もが気にするところかと思います。ファイヤーグリルで大切なのは焼面のサイズと高さです。焼面は焼網や鉄板などを加熱できる範囲の事で、小さ過ぎると不便ですが大き過ぎても収納スペースをとるため手放しでは歓迎できないでしょう。
焼面の高さは調理や団欒のスタイルに影響します。脚付きグリルは、立って調理する場合や皆でグリルを囲んでBBQをする場合などにマッチし、いわゆる焚火型のグリルは座って囲むスタイルになります。
グリルの型と合わせて、これらのサイズについても確認が必要です。

厳選 ファイヤーグリルの紹介

LOGOS
Smart80 ステンチューブラルM・プラス

お庭BBQで人気の定番型ファイヤーグリル。収納時のサイズが若干大きいが堅牢なフレームで安定感抜群。全高が2段階に調節でき、ハイポジション時の全高は80cmと高いため大人のBBQで使用しやすい。火床高さも2段階に変更でき、炭をいじることなく火力調整が出来るのも嬉しい。火床がサイドから引き出せるため、焼網や鉄板を置いた状態でも炭の出し入れが可能。

  • サイズ:76(W)×53(D)×42/80(H)cm
  • 焼面サイズ:43.5×29.5cm
  • 収納サイズ:57(W)×35(D)×18(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:4.65kg
  • 定価:¥9,300(税別)

(画像出典:LOGOS)


Coleman
クールスパイダーステンレスグリル

定番のBBQグリル。鉄製もあるが耐久性のあるこちらのステンレスタイプがおすすめ。全高が2段階に調整でき、火床は手前に引き出せる。収納サイズが一般的なコンテナの大きさなので、持ち運びを伴うBBQには最適でしょう。高品質にも拘らず低価格にまとめられた魅力的なグリルです。

  • サイズ:51(W)×52(D)×40/70(H)cm
  • 焼面サイズ:45×30cm
  • 収納サイズ:50(W)×34(D)×13(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:4.6kg
  • 定価:¥6,980(税別)

(画像出典:Coleman)


LOGOS
the KAMADO コンプリート

鍋料理とオーブン料理が一度にできるロゴスのKAMADO。BBQもダッチオーブンも焚火台としても利用できる、全てを網羅した万能型グリル。全高が2段階に調整できるため、重い鍋料理や風の強い火は低姿勢で安定させることが出来る。定番のBBQはもちろんピザ窯、そして燻製まで対応する優れもの。

  • サイズ:61(W)×57(D)×97/64(H)cm
  • 収納サイズ:48.5(W)×39(D)×12.5(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:10.2kg
  • 定価:¥34,800(税別)

(画像出典:LOGOS)

厳選 焚火台の紹介

Coleman
ステンレスファイアープレイスⅢ

無骨な外観が焚火に似合うコールマンのファイヤープレイス。ダッチオーブンも楽々置ける堅牢さは、焚火も料理も万遍なく楽しめる。収納サイズは若干大きいが、焚火台としての存在感はそれを凌駕するほど。

  • サイズ:41.5(W)×46.5(D)×34.5(H)cm
  • 収納サイズ:41.5(W)×30.5(D)×15.5(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:5.7kg
  • 定価:16,800¥(税別)

(画像出典:Coleman)


UNIFLAME
ファイアグリル

コンパクト、軽量、そして低価格にも拘らずダッチオーブン料理もこなせる優れもの。材質が鉄だからこそ成せる価格だが、炭火料理から焚火まで幅広く使える頼れるファイアグリル。

  • サイズ:43.0(W)×43.0(D)×33.0(H)cm
  • 収納サイズ:38.0(W)×38.0(D)×7.0(H)cm
  • 材質:鉄
  • 重量:2.7kg
  • 定価:¥6,389(税別)

(画像出典:UNINFLAME)


Coleman
ファイアーディスク

ディスクに炭を入れて専用の焼網をのせればBBQグリルになり、薪を積めば焚火が出来る。炭を敷いて直接ダッチオーブンを置くことも出来るオールインワンモデル。シンプル且つ斬新なデザインが可能性を感じるグリル。

  • サイズ:Φ45×23(H)cm
  • 収納サイズ:Φ46×8.5(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:1.6kg
  • 定価:¥5,980(税別)

(画像出典:Coleman)


snow peak
焚火台M ST-033R

サイズはS、M、Lの3種類。高熱を直接受け止めても変形しない頑丈な造りと、荷物の隙間に入れて持っていけるほどの収納性の良さが特徴。多彩なオプションパーツで様々な料理方法への対応が可能な、焚火だけでない万能型グリル。

  • サイズ:35(W)×35(D)×24.8(H)cm
  • 収納サイズ:45(W)×51.5(D)×3.2(H)cm
  • 材質:ステンレス
  • 重量:3.5kg
  • 定価:¥12,600(税別)

(画像出典:snow peak)

COMMENT

暑い日も寒い日も、野遊びに火は欠かせません。そこで活躍するのが焚火台やファイヤーグリルです。楽しく快適に火を扱える焚火ギヤで、火のある野遊びを存分に楽しみましょう。

OUTDOOR STYLES.