UL(ultra-light)

Outdoor Gears

待望のULチタンテーブル登場『Tiライト /BLUE MOON FACTORY』

何を持って行き何を置いて行くか。ウルトラライトにおいてテーブルの存在は悩みどころです。特に初めて訪れる場所は予測できないため、テーブルを携行する方も多いかと思います。そこで今回は携行負荷が少ない、ブルームーンファクトリーのコンパクトで軽量なチタン製ULソロテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達。テント泊登山のためのウルトラライトなペグ6選

UL志向に限らず荷物を軽くすることは登山において重要です。特にテント泊登山ではベースウェイトの軽量化は体力の温存に大きく寄与し、安全な登山へと繋がります。軽量化の基本は持ち物の削減にありますが、欠かせないギアがあるのも確かです。今回はテントの設営に必要なペグの軽量化について紹介しましょう。
Topics

『FireDragon』バイオエタノールで作られた無害な固形燃料

軽量コンパクトで熱量コントロールし易い固形燃料。煮炊きにおいても極小のギアで使用できるためUL系燃料の筆頭です。然しながら多くの固形燃料は臭いや毒性により携行性や取り扱いに難があります。今回はメタノールなどの毒性を気にする必要のない次世代の固形燃料を紹介しましょう。
Outdoor Gears

結露と寒さから寝袋を守る!シュラフカバーの種類とおすすめ11選

季節が秋へと移るに連れ、夜間の冷え込みが始まります。春夏用の寝袋では保温力が不足し、温度差による結露で寝袋が濡れ、十分な休息が難しくなってきます。寒さ対策や結露対策には様々な方法がありますが、汎用性が高く軽量化にも繋がる方法として、今回はシュラフカバーを紹介しましょう。
Topics

次世代のUL素材「ダイニーマ」と「DCF」の特徴を解説

UL(ウルトラ・ライト)を道具に落とし込む方法のひとつに素材の軽量化があります。素材の軽量化では一般的に2つの方法がありますが、今回は素材をより軽く出来るものへと変更する「軽量化素材」の考え方をメインに、ULと素材の関係、そしてダイニーマとDCFについて技術的視点で詳しく紹介しましょう。
Outdoor Gears

僅か20gのULライト『MICROLIGHT』5050workshop

僅か20gという驚異的な軽さを実現した5050ワークショップのマイクロライト。手の中に優に納まる超コンパクトなサイズは、ULギアとしても高いレベルにあります。更にコンパクトなボディに備えられた確実な機能は、実用面実用面でも優秀です。今回は極小でありながら使えるLEDライト「MICROLIGHT」を紹介します。
Outdoor Gears

【NEMO新作】極限のULテント『ホーネットエリートOSMO』

山岳ギアの老舗「NEMO/ニーモ」のラインアップの中でも、登山家に高い評価を得るホーネットシリーズはニーモを代表するULテントです。そんなホーネットシリーズに、2022年初夏、新たに超軽量なエリートモデルが加わります。次世代の軽さを誇る「ホーネットエリート オズモ」の詳細を見てみましょう。
Outdoor Gears

muraco新作ウルトラライトタープ『RAPIDE TARP』

金属加工工場から生まれたアウトドアギルド『muraco/ムラコ』。マイクロオーダーの世界で磨かれた技術を、アウトドアへと展開したメーカーです。今春、異分野からのインスパイアをものづくりのベースに置くムラコから、新たなウルトラライトなタープが登場します。早速詳細仕様をみてみましょう。