フェザースティック爪楊枝/YouTubeを公開しました!>>click to check!

圧巻の保冷力にインスタ映え必至!ハードクーラー8選

Outdoor Gears

クーラーボックスは冷たい飲み物や生鮮食品を保冷するための、いわばアウトドアの冷蔵庫です。特に夏場には生死を分ける程の重要なアイテムで、連泊キャンプなどでは保冷能力の高いハードクーラーが活躍します。

今回は夏場でも確実に保冷し続ける、頼れるハードクーラーを紹介しましょう。

ハードクーラーを選ぶ時のポイント

ハードクーラーとはその名の通り硬いクーラーで、折り畳めるような柔らかい素材のものではなく、プラスチックや金属でできた、いわゆるクーラーボックスと呼ばれるものを言います。

中でも堅牢な造りと十分に充填された断熱材によるずっしりとした重量感のあるハードクーラーは、高い耐久力と優れた保冷力を備えます。

これらのハードクーラーは一生物アイテムとして今後共にキャンプに出掛けることになるため、手にする際にはしっかりスペックの確認を行いましょう。

ハードクーラーを選ぶときのポイント

ハードクーラーを選ぶ時に確認すべき仕様は次の5つです。

  • 保冷力
  • 容量
  • サイズ
  • 重量
  • ドレインポートの有無
保冷力

クーラーにおいて最も重要な機能は保冷力です。保冷力はクーラーを構成する主材料と断熱材の量、そして密閉度などからおおよそ定まりますが、この保冷力をオフィシャルに数値化しているものはほとんどないため、実際にはブランドや口コミなどで判断することになります。

この記事で紹介するクーラーはいずれも保冷力に自信を持つものとなりますが、詳細については各メーカーの公式サイトなどで確認してください。

容量、サイズ、重量

容量はクーラーが収納することが出来る容積の事で、サイズはクーラー外形の大きさです。容量が大きいほど多くの食材が蓄えられますが、その分サイズと重量が増していきます。保冷力に優れたハードクーラーにおいては、ボディーも断熱材もしっかりとしているため空の状態でも相当な重さがあります。

ずっしり、がっしりが”良いハードクーラー”の条件とみてほぼ間違いはありませんが、車への積載や持ち運びを考えると重量や大きさのバランスをとることも重要になります。

ドレンポート

クーラー内に溜まった水抜き用のポートです。直に氷水を入れた場合や、水で清掃する際にはあると便利な機構です。特に重量のあるハードクーラーでは、ドレンポートの重要性は高くなります。

厳選 ハードクーラーの紹介

それでは保冷力に優れたおすすめのハードクーラーを紹介します。

YETI / イエティ

クーラーボックス タンドラ

ナチュラルなカラーリングでアウトドアライフに溶け込む話題のイエティクーラー。シェルに繋ぎ目ができない一体成型により、ハードなアクティビティに耐えられる頑丈な造りと圧倒的な保冷力を実現しています。腰かけにしても全く問題ありません。

45qt.(37.8L)
参考価格:¥55,000

Amazonでチェック楽天でチェック

容量 37.8L
サイズ 64.8×40.6×39.4cm
重量 10.0kg
ドレンポート

(画像出典:A&F COUNTRY)

snow peak / スノーピーク

ハードクーラー

ハードクーラーの老舗グリズリー社とのコラボ商品。極厚のハードシェルは保冷力も耐久力も抜群です。高級感のある外観が落ち着いた雰囲気に最適です。蓋の裏側のGrizzlyロゴも惹き付けます。

40qt.(38L)
参考価格:¥63,800

Amazonでチェック楽天でチェック

容量 38L
サイズ 64.8×40.6×39.1cm
重量 11kg
ドレンポート

(画像出典:snow peak)

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

グランドフリーズ クーラー50

キャプテンスタッグのグランドフリーズは、厚さ3cmの超高密度ウレタンと、しっかりしたパッキン構造により冷気を逃がさないのが特徴です。断熱性と密閉性による保冷力を体感してみてください。

47L
参考価格:¥66,000

Amazonでチェック楽天でチェック

容量 47L
サイズ 73×44×43cm
重量 14.3kg
ドレンポート

(画像出典:CAPTAIN STAG)

Hilamder / ハイランダー

ハードクーラーボックス

ハイスペックでありロープライスであるハードクーラー。厚さ4cmの側面に発泡ウレタンをぎっしり充填することで、抜群の保冷力と強度を実現。同型品の中で最高のコストパフォーマンスを誇る逸品といっても過言ではありません。

容量 45L
サイズ 67×44×41cm
重量 10.6kg
ドレンポート
コスパ最強ハードクーラー!?ハイランダーが再び価格崩壊ギヤ投下。
アウトドア通販サイト「ナチュラム」のプライベートブランドであるHilanderは、優れたコストパフォーマンスが魅力的なブランドです。今回は、中でも最強のコスパを叩き出すハードクーラーについて、保冷力や細部の情報をレビュー含めて紹介します!

(画像出典:Hilander)

igroo / イグルー

ステンレスクーラー

世界的ブランド 米イグルー社のステンレス製メタルクーラー。分厚いウレタン断熱材による保冷力は抜群。ステンレス素材のため錆に強く、長い時間を共にする相棒には最適。外観に派手さがない分、ステッカーベースとして愛用者が多い。

51L
参考価格:¥28,944

Amazonでチェック楽天でチェック

容量 51L
サイズ 62×40×42cm
重量 7.25kg
ドレンポート

(画像出典:igroo)

Coleman / コールマン

スチールベルト

スチベルの相性で知られるコールマンのスチールベルト。保冷力以上にそのインスタ映えする外観はおしゃれキャンパーに大人気です。カラーバリエーションが豊富なため、サイトの雰囲気に合わせて選べるのもグッドです。

54qt.(51L)
参考価格:¥26,800

Amazonでチェック楽天でチェック

容量 51L
サイズ 60×42×41cm
重量 7.5kg
ドレンポート

(画像出典:Coleman)

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

CSブラックラベル スチールフォームクーラー

シックなブラックが無骨な、キャプテンスタッグのハードクーラー。存在感に加え十分な保冷力を備えます。アイアン系ギヤとも相性の良いクーラーです。

容量 51L
サイズ 60×41×41.5cm
重量 6.9kg
ドレンポート

(画像出典:CAPTAIN STAG)

TENT FACTORY / テントファクトリー

スチールボックス

テントファクトリーのスチールボックスは、リーズナブルなメタル系ハードクーラーです。カラーバリエーションもサイズも一通り揃っているため、低予算で保冷力とおしゃれを一度に手にできるコスパ抜群のアイテムです。ロゴなどが控えめなため、ステッカーベースとしてもグッドです。

51L
参考価格:¥19,800

Amazonでチェック

容量 51L
サイズ 59.5×41.0×41.0cm
重量 8kg
ドレンポート

(画像出典:TENT FACTORY)

炎天下翌日の朝もしっかり保冷し続けるハードクーラー。

見た目にも気に入ったハードクーラーを備えれば、暑い夏も乗り切れるのではないでしょうか!?