Outdoor Gears

チェアサイドに映える!NATURE TONESのスタンドテーブル

夕暮れの湖畔、霧立つ早朝。ほっとするひと時はキャンパーにとって至福の時間です。その至福の時間を濃く、エレガントに彩るギアはそう多くはありません。今回はチェアの傍らでさり気なく目を惹く、ガレージブランド「NATURE TONES/ネイチャートーンズ」のチェアサイドテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

待望のULチタンテーブル登場『Tiライト /BLUE MOON FACTORY』

何を持って行き何を置いて行くか。ウルトラライトにおいてテーブルの存在は悩みどころです。特に初めて訪れる場所は予測できないため、テーブルを携行する方も多いかと思います。そこで今回は携行負荷が少ない、ブルームーンファクトリーのコンパクトで軽量なチタン製ULソロテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達。テント泊登山のためのウルトラライトなペグ6選

UL志向に限らず荷物を軽くすることは登山において重要です。特にテント泊登山ではベースウェイトの軽量化は体力の温存に大きく寄与し、安全な登山へと繋がります。軽量化の基本は持ち物の削減にありますが、欠かせないギアがあるのも確かです。今回はテントの設営に必要なペグの軽量化について紹介しましょう。
Outdoor Gears

【ogawa新作】アウタークロスポールの個性派テント『ピレウス』

日本のキャンプシーンをリードする老舗アウトドアブランド「ogawa/小川」。今回紹介する「ピレウス」は、ogawaの真骨頂でもあるロッジ調のスタイルに使い易さとスタイリッシュさを取り入れた2023年新作テントです。優雅な外観と使い易さへの拘りを紹介しましょう。
Topics

【モバイルバッテリーの容量計算】mAhと消費電力から持続時間を導く

暮らしの中に浸透しているモバイルバッテリー。スマホの充電だけでなく、LEDライトや撮像機材などキャンプでも大活躍です。しかし充電がなくなると非常事態となり兼ねないため、モバイルバッテリーなどの備えは重要です。今回は使用する機器から必要なバッテリー容量を計算する方法を紹介しましょう。
Outdoor Gears

ガジェット感がエグイ!『マイナーランタンLED /ベアボーンズ』

キャンプでも大活躍のLED。安全に素早く明かりを手に出来る有効な手段ですが、アウトドアの雰囲気を作り出せるものは数少ないように思います。今回はアウトドアシーンにマッチする「BAREBONES/ベアボーンズ」社のギアから、プレゼントにも最適なガジェットチックなLEDランタンを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ガスバーナーを寒冷地仕様へ。ドロップダウンを防ぐ『パワーブースター』

キャンプやハイクの燃料としてガスは多くのアウトドアマンが利用しています。総合的にコンパクトに収納出来ること、手軽で安全に利用出来ることがガス機器の魅力ですが、寒い時期に火力が落ちるという弱点もあります。今回はドロップダウンを防ぐためのパワーブースターというギアを紹介しましょう。
Outdoor Gears

【ASOBU新作】折畳式コンパクト薪ストーブ『EBOSHI』

2020年に誕生したアウトドアブランド「ASOBU/あそぶ」から、コンパクトな折り畳み式のウッドストーブ『EBOSHI/えぼし』が登場です。『IRORI/いろり』に続きギミックの利いたEBOSHIは、遊び心を刺激するギアです。火を作るだけに留まらない、EBOSHIの詳細を紹介しましょう。
Topics

【モバイルバッテリーの容量計算】mAhと消費電力から持続時間を導く

暮らしの中に浸透しているモバイルバッテリー。スマホの充電だけでなく、LEDライトや撮像機材などキャンプでも大活躍です。しかし充電がなくなると非常事態となり兼ねないため、モバイルバッテリーなどの備えは重要です。今回は使用する機器から必要なバッテリー容量を計算する方法を紹介しましょう。
Topics

『FireDragon』バイオエタノールで作られた無害な固形燃料

軽量コンパクトで熱量コントロールし易い固形燃料。煮炊きにおいても極小のギアで使用できるためUL系燃料の筆頭です。然しながら多くの固形燃料は臭いや毒性により携行性や取り扱いに難があります。今回はメタノールなどの毒性を気にする必要のない次世代の固形燃料を紹介しましょう。
Topics

次世代のUL素材「ダイニーマ」と「DCF」の特徴を解説

UL(ウルトラ・ライト)を道具に落とし込む方法のひとつに素材の軽量化があります。素材の軽量化では一般的に2つの方法がありますが、今回は素材をより軽く出来るものへと変更する「軽量化素材」の考え方をメインに、ULと素材の関係、そしてダイニーマとDCFについて技術的視点で詳しく紹介しましょう。
Topics

SHELTER GとOrisonを実際に設営してサイズ感を比較!

際立つスタイリッシュさで巷を賑わすミニマルワークスとバックカントリー。この2つのブランドを象徴する「SHELTER G」と「Orison」は、新しいシェルタースタイルを求めるキャンパーの注目を集めています。今回はこの2つのシェルターを実際に並べて設営することで、サイズ感を比較してみましょう。
Topics

2022年テンマクデザイン廃盤リスト。特価セール開催中!

コスパだけじゃない魅力で多くのキャンパーを虜にする人気ブランド「tent-Mark DESIGNS」から特価セールの案内です。セール対象は2022年生産終了品となるギアの一部となりますが、まだまだ現役と思われるギアも多く含まれています。購入を迷っているギアがある方、是非チェックしてみて下さい。
Topics

チタンマグポット500の詳細とフリーライトという選択肢

EVERNEWのチタンマグポット500は、ソロに最適なサイズ感と極限の軽さが魅力の「ハイカー御用達ULギア」です。今回は他のチタン製品と一線を期すチタンマグポット500の詳細と、完売で購入できない方におすすめの「フリーライトのチタニウムポット」を紹介しましょう。
Topics

Amazon限定「NANGOGEAR/南湖ギア」がコスパ優秀!

ショッピングサイトのアマゾンには、Amazon限定ブランドというプログラムがあります。その名の通りAmazon限定で販売される製品を指し、品質はもちろんコストも優れる製品が揃えられています。今回はその中からNANGOGEAR/南湖ギアというブランドを紹介します。
Topics

サーカスユーザー必見!テンマクのフロントフラップに新サービス登場

絶大な人気を誇るテンマクデザインのサーカスシリーズ。中でもサーカスDXシリーズは入口に風雨を防ぐサイドフラップを備え、更にフロントフラップを接続することで冬季や悪天候でも快適に過ごせる拡張性の高い幕です。今回はそんなサーカスDXに新たに追加されたオプションについて紹介しましょう。
Outdoor Gears

チェアサイドに映える!NATURE TONESのスタンドテーブル

夕暮れの湖畔、霧立つ早朝。ほっとするひと時はキャンパーにとって至福の時間です。その至福の時間を濃く、エレガントに彩るギアはそう多くはありません。今回はチェアの傍らでさり気なく目を惹く、ガレージブランド「NATURE TONES/ネイチャートーンズ」のチェアサイドテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

待望のULチタンテーブル登場『Tiライト /BLUE MOON FACTORY』

何を持って行き何を置いて行くか。ウルトラライトにおいてテーブルの存在は悩みどころです。特に初めて訪れる場所は予測できないため、テーブルを携行する方も多いかと思います。そこで今回は携行負荷が少ない、ブルームーンファクトリーのコンパクトで軽量なチタン製ULソロテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達。テント泊登山のためのウルトラライトなペグ6選

UL志向に限らず荷物を軽くすることは登山において重要です。特にテント泊登山ではベースウェイトの軽量化は体力の温存に大きく寄与し、安全な登山へと繋がります。軽量化の基本は持ち物の削減にありますが、欠かせないギアがあるのも確かです。今回はテントの設営に必要なペグの軽量化について紹介しましょう。
Outdoor Gears

【ogawa新作】アウタークロスポールの個性派テント『ピレウス』

日本のキャンプシーンをリードする老舗アウトドアブランド「ogawa/小川」。今回紹介する「ピレウス」は、ogawaの真骨頂でもあるロッジ調のスタイルに使い易さとスタイリッシュさを取り入れた2023年新作テントです。優雅な外観と使い易さへの拘りを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ガジェット感がエグイ!『マイナーランタンLED /ベアボーンズ』

キャンプでも大活躍のLED。安全に素早く明かりを手に出来る有効な手段ですが、アウトドアの雰囲気を作り出せるものは数少ないように思います。今回はアウトドアシーンにマッチする「BAREBONES/ベアボーンズ」社のギアから、プレゼントにも最適なガジェットチックなLEDランタンを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ガスバーナーを寒冷地仕様へ。ドロップダウンを防ぐ『パワーブースター』

キャンプやハイクの燃料としてガスは多くのアウトドアマンが利用しています。総合的にコンパクトに収納出来ること、手軽で安全に利用出来ることがガス機器の魅力ですが、寒い時期に火力が落ちるという弱点もあります。今回はドロップダウンを防ぐためのパワーブースターというギアを紹介しましょう。
Outdoor Gears

【ASOBU新作】折畳式コンパクト薪ストーブ『EBOSHI』

2020年に誕生したアウトドアブランド「ASOBU/あそぶ」から、コンパクトな折り畳み式のウッドストーブ『EBOSHI/えぼし』が登場です。『IRORI/いろり』に続きギミックの利いたEBOSHIは、遊び心を刺激するギアです。火を作るだけに留まらない、EBOSHIの詳細を紹介しましょう。
Outdoor Gears

レトロで渋いオイルランタン『レイルウェイ・ケロシンランプ /Thous Winds』

雰囲気とガレージ感が魅力のオイルランプ。ほのかな香りと揺らめく炎がキャンプの夜を静かに照らします。オイルランプと言えばハリケーンランタンが主流ですが、今回はレトロ調が渋いレイルロード型のオイルランプを紹介します。レトロなオイルランプで、ヴィンテージキャンプを楽しんでみてはいかがでしょう。
GoPro & Media

GoPro最新モデル『HERO11』のスペックを徹底比較

HERO10の登場から1年。新たなGoProが発売されます。最新モデルHERO11ではカメラのコアと言えるパーツのアップグレードが行われます。更にソフトウェアのアップグレードや新モデルの登場など、期待を超えた展開となっています。HERO10と比較しながら最新情報を紹介しましょう。
GoPro & Media

GoProを冬仕様に!低温環境下用バッテリーと低温対策

防水、コンパクト、タフと三拍子そろったGoProは、ウィンタースポーツと相性の良いカメラです。しかし雪山に強い筈のGoProでも、零度を下回る寒冷地では電源が入らないなどのトラブルも見受けられます。今回はそんなトラブルを解決するバッテリーと、低温対策について紹介します。
GoPro & Media

アクション機能が大幅アップグレード!GoPro HERO10登場

HERO9登場から1年。短期間でのアップグレードとなった最新モデル「HERO10」は、アクティブ要素への大幅なスペックアップを実現しています。アクションカメラユーザーが真に期待していたアップグレードの内容を、HERO9と比較しながら確認していきましょう。
GoPro & Media

GoProでホタルの動画を撮る!無料で出来る比較明合成と撮影方法

梅雨を彩るホタルの乱舞。SNSでもたくさんのホタルの映像が投稿され、それらに癒されている方も多いのではないでしょうか。そんなホタルの動画ですが、GoProと無料の動画編集ソフトだけで簡単に作ることが可能です。今回はホタルの撮影方法と動画の編集方法を詳しく紹介しましょう。
GoPro & Media

”撮る”から”見せる”が早い!新GoPro Quikの使い方

無料で動画編集アプリを提供しているGoProが、2021年春にスマホアプリをQuikに統合しました。新たなQuikは、GoProの操作やメディアの管理、更には動画編集までをひとつのアプリで担います。今回は、より使い易くなったQuikの機能と操作方法を紹介しましょう。
GoPro & Media

【HERO11+Mini】GoProミリオンダラーチャレンジ開催!

GoProの新モデル「HERO11 BLACK」と「Mini」の登場と共にミリオンダラーチャレンジが開幕しています。GoProの賞金コンテストの中でも最も大きなコンテストで、賞金だけでなくGoProユーザーとしての名誉が与えられる一大イベントです。それではチェックしてみましょう。
GoPro & Media

汎用から万能へ。アクションカメラを超えたGoPro HERO9登場!

アクションシーンだけでなく日常や旅行などででも活用され、より身近な存在になってきたGoPro。2020年9月に発売されたHERO9では更に多くのシーンに適用する、正に汎用から万能型へと進化を進めています。そんなGoPro HERO9の詳細スペックを、HERO8と比較しながら紹介していきます。
GoPro & Media

GoPro HERO9 BLACK カウントダウン。09.16.20

秋と言えばGoProの新モデルがリリースされるタイミング。今年はGoPro HERO9の発売が噂されていましたが、遂に公式からリリースの案内が発信されました。公式サイトやSNSでも一斉に告知されたので既にご存知の方も多いと思いますが、まだ公開されていない巷の憶測含めて紹介したいと思います。