Outdoor Gears

旋風を起こすUL風防。『Tornado flamer /エバニュー』

極薄チタン加工をコア技術とし、先進的なアウトドアギアの提供を続けるエバニュー。僅か0.3mmという極限の薄さで作られるギアは、UL志向問わず多くのハイカーを支援してきました。今回紹介するギアは、エバニューのコア技術と燃焼工学を組み合わせた新しいギアです。今より軽快な山行へと誘うニューギアを紹介しましょう。
Outdoor Gears

現役で購入できる!復刻版ヴィンテージアイロンストーブおすすめ5選

キャンプとヴィンテージとの相性は言うまでもありません。燃焼機器であるアイロンストーブもそのひとつで、ヴィンテージの味わいと重厚感、雰囲気はキャンプに厚みを加えます。しかし実際にヴィンテージ品を導入するにはハードルが高いのも事実。そこで今回はヴィンテージをリメイクした復刻版アイロンストーブを紹介しましょう。
Outdoor Gears

快適を携行しよう!ULグランドチェア『FR-CCF /FIELD RECORD』

登山やハイクでは携行負荷を考えチェアを持たない選択をするハイカーは多いでしょう。しかしテント場での時間が長い山行となると、その考えが覆ることも往々にあります。チェアの携行は移動距離と積載負荷のバランスに依ります。今回は携行負荷の少ないUL仕様のグランドチェア「FIELD RECORD / FR-CCF」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

軽いだけじゃない!携行性を追求したキャンプ箸 /TOKYO CRAFTS

スタイリッシュなギアでキャンパーを魅了する東京クラフト。今回紹介するギアは、キャンプの”食”を支えるカトラリーのひとつ、箸です。携行性に優れる箸は市場に多く存在しますが、東京クラフトの創る箸は一味違い、コンパクトな収納性に加え男心をくすぐるガジェット感が唯一無二です。魅力を紹介しましょう。
Outdoor Gears

焚火やアルストに最適!UL耐熱シート「カーボンフェルト」

キャンプマナーが広まり、焚き火の際に耐熱シートを使用するのは今では当たり前の事となりました。焚き火シートは自然保護の観点で重要なアイテムですが、かと言ってお金を掛けたくないし、お洒落も損ないたくないですよね?今回はどんな焚き火台にもフィットする、コスパの良い焚き火シートを紹介しましょう。
Outdoor Gears

クレイジークリーク の遊び心が映える軽量コンパクトなULテーブル

ソロキャンプや登山では、低ハイトでコンパクトなテーブルが重宝されます。カップやカトラリー、シェラカップなどを気軽における場所は、食事や休息の時間に豊かさを与えます。今回紹介するギアは、遊び心と使い易さが融合したクレイジークリークのフォールディングテーブルです。早速チェックしてみましょう。
Outdoor Gears

斬新過ぎる2重構造トンネルテント『ウィングフォート /TOKYO CRAFTS』

スタイリッシュなギアでキャンパーを魅了する東京クラフトから、新たに大型ツールームテントが登場します。斬新な3層パネルを特徴とするトンネルタイプのシェルターテントで、豊富なアレンジ性が魅力です。今回はオールシーズン対応のファミリーテント『ウィングフォート』を紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達!連泊山行におすすめのULランタン『CARRY THE SUN』

「時間も場所も越えて、太陽を持ち運ぶ」製品名とコンセプトがこれ程までにマッチするギアは他にないでしょう。キャリー・ザ・サンは燃料も電池もいらないソーラーランタンです。特に連泊を伴う山行での恩恵は大きく、多くのハイカーが信頼を寄せています。今回はULギアを代表する「キャリー・ザ・サン」を紹介しましょう。
Topics

ふるさと納税でキャンプ用品や食材をお得にGET!

年の瀬が迫る12月は様々なイベントが押し寄せる慌ただしい時期ですが、ふるさと納税はもう済ませましたか?もしまだ寄附していないのであれば、新年を迎えるにはまだ早いでしょう。ふるさと納税制度を活用すればお得にキャンプグッズや食材がGET出来るので、この機に試してみましょう。
Topics

鉄板料理に銅の特性を。銅製調理器具の魅力と注意点

目新しいギアがどんどん出てくるキャンプ市場。最近目にした銅製の焼肉プレートもそのひとつ。熱伝導率が高いことで食材をおいしく焼き上げると謳われ、見た目の破壊力と共に興味を掻き立てられる鉄板成らぬ銅板です。今回は安全に銅板料理を楽しむための注意点や適した調理について紹介したいと思います。
Topics

アウトドアでのファーストエイド。虫除け、毒抜き、解毒デバイス10選

キャンプや山登りで遭遇する害虫と言えば、蚊や蜂、マダニやヒルなどが代表的で、暖かい季節になるにつれ虫達も活動的になります。彼らに刺された時に速やかに処置をすることでその後の不快感が少なくなり、感染症などからも身を守ることが出来ます。今回はアウトドアで必要となる応急処置グッズを紹介しましょう。
Topics

固形燃料FDに最適な受皿で構成する、僅か152gのクッカーセット

登山やハイクでの荷物の軽量化には様々な恩恵とリスクがあります。どこを軽量化し、どこに安全マージンを置くのか。クッカーひとつ取っても検討に限りはありません。今回は固形燃料「FireDragon/ファイヤードラゴン」におすすめの燃料受け皿と、ULなクッカーシステムの組み合せ例を紹介しましょう。
Topics

【モバイルバッテリーの容量計算】mAhと消費電力から持続時間を導く

暮らしの中に浸透しているモバイルバッテリー。スマホの充電だけでなく、LEDライトや撮像機材などキャンプでも大活躍です。しかし充電がなくなると非常事態となり兼ねないため、モバイルバッテリーなどの備えは重要です。今回は使用する機器から必要なバッテリー容量を計算する方法を紹介しましょう。
Topics

『FireDragon』バイオエタノールで作られた無害な固形燃料

軽量コンパクトで熱量コントロールし易い固形燃料。煮炊きにおいても極小のギアで使用できるためUL系燃料の筆頭です。然しながら多くの固形燃料は臭いや毒性により携行性や取り扱いに難があります。今回はメタノールなどの毒性を気にする必要のない次世代の固形燃料を紹介しましょう。
Topics

次世代のUL素材「ダイニーマ®︎」と「DCF」の特徴を解説

UL(ウルトラ・ライト)を道具に落とし込む方法のひとつに素材の軽量化があります。素材の軽量化では一般的に2つの方法がありますが、今回は素材をより軽く出来るものへと変更する「軽量化素材」の考え方をメインに、ULと素材の関係、そしてダイニーマ®︎とDCFについて技術的視点で詳しく紹介しましょう。
Topics

SHELTER GとOrisonを実際に設営してサイズ感を比較!

際立つスタイリッシュさで巷を賑わすミニマルワークスとバックカントリー。この2つのブランドを象徴する「SHELTER G」と「Orison」は、新しいシェルタースタイルを求めるキャンパーの注目を集めています。今回はこの2つのシェルターを実際に並べて設営することで、サイズ感を比較してみましょう。
Outdoor Gears

旋風を起こすUL風防。『Tornado flamer /エバニュー』

極薄チタン加工をコア技術とし、先進的なアウトドアギアの提供を続けるエバニュー。僅か0.3mmという極限の薄さで作られるギアは、UL志向問わず多くのハイカーを支援してきました。今回紹介するギアは、エバニューのコア技術と燃焼工学を組み合わせた新しいギアです。今より軽快な山行へと誘うニューギアを紹介しましょう。
Outdoor Gears

現役で購入できる!復刻版ヴィンテージアイロンストーブおすすめ5選

キャンプとヴィンテージとの相性は言うまでもありません。燃焼機器であるアイロンストーブもそのひとつで、ヴィンテージの味わいと重厚感、雰囲気はキャンプに厚みを加えます。しかし実際にヴィンテージ品を導入するにはハードルが高いのも事実。そこで今回はヴィンテージをリメイクした復刻版アイロンストーブを紹介しましょう。
Outdoor Gears

快適を携行しよう!ULグランドチェア『FR-CCF /FIELD RECORD』

登山やハイクでは携行負荷を考えチェアを持たない選択をするハイカーは多いでしょう。しかしテント場での時間が長い山行となると、その考えが覆ることも往々にあります。チェアの携行は移動距離と積載負荷のバランスに依ります。今回は携行負荷の少ないUL仕様のグランドチェア「FIELD RECORD / FR-CCF」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

軽いだけじゃない!携行性を追求したキャンプ箸 /TOKYO CRAFTS

スタイリッシュなギアでキャンパーを魅了する東京クラフト。今回紹介するギアは、キャンプの”食”を支えるカトラリーのひとつ、箸です。携行性に優れる箸は市場に多く存在しますが、東京クラフトの創る箸は一味違い、コンパクトな収納性に加え男心をくすぐるガジェット感が唯一無二です。魅力を紹介しましょう。
Outdoor Gears

焚火やアルストに最適!UL耐熱シート「カーボンフェルト」

キャンプマナーが広まり、焚き火の際に耐熱シートを使用するのは今では当たり前の事となりました。焚き火シートは自然保護の観点で重要なアイテムですが、かと言ってお金を掛けたくないし、お洒落も損ないたくないですよね?今回はどんな焚き火台にもフィットする、コスパの良い焚き火シートを紹介しましょう。
Outdoor Gears

クレイジークリーク の遊び心が映える軽量コンパクトなULテーブル

ソロキャンプや登山では、低ハイトでコンパクトなテーブルが重宝されます。カップやカトラリー、シェラカップなどを気軽における場所は、食事や休息の時間に豊かさを与えます。今回紹介するギアは、遊び心と使い易さが融合したクレイジークリークのフォールディングテーブルです。早速チェックしてみましょう。
Outdoor Gears

斬新過ぎる2重構造トンネルテント『ウィングフォート /TOKYO CRAFTS』

スタイリッシュなギアでキャンパーを魅了する東京クラフトから、新たに大型ツールームテントが登場します。斬新な3層パネルを特徴とするトンネルタイプのシェルターテントで、豊富なアレンジ性が魅力です。今回はオールシーズン対応のファミリーテント『ウィングフォート』を紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達!連泊山行におすすめのULランタン『CARRY THE SUN』

「時間も場所も越えて、太陽を持ち運ぶ」製品名とコンセプトがこれ程までにマッチするギアは他にないでしょう。キャリー・ザ・サンは燃料も電池もいらないソーラーランタンです。特に連泊を伴う山行での恩恵は大きく、多くのハイカーが信頼を寄せています。今回はULギアを代表する「キャリー・ザ・サン」を紹介しましょう。
GoPro & Media

『GoPro HERO12』最新モデルのスペックを徹底解説

新型イメージセンサーを搭載したHERO11の登場から1年。新たなGoProが発売されます。最新機種HERO12ではアクションカメラの拘りとも言えるビデオ性能がアップグレードし、更にカメラの目となるレンズモジュールも新型が登場します。期待されるHERO12の性能を、HERO11と比較しながら紹介しましょう。
GoPro & Media

ふたつのアビリティ。GoPro HERO11のスペックを徹底比較

HERO10の登場から1年。新たなGoProが発売されます。最新モデルHERO11ではカメラのコアと言えるパーツのアップグレードが行われます。更にソフトウェアのアップグレードや新モデルの登場など、期待を超えた展開となっています。HERO10と比較しながら最新情報を紹介しましょう。
GoPro & Media

GoProを冬仕様に!低温環境下用バッテリーと低温対策

防水、コンパクト、タフと三拍子そろったGoProは、ウィンタースポーツと相性の良いカメラです。しかし雪山に強い筈のGoProでも、零度を下回る寒冷地では電源が入らないなどのトラブルも見受けられます。今回はそんなトラブルを解決するバッテリーと、低温対策について紹介します。
GoPro & Media

アクション機能が大幅アップグレード!GoPro HERO10登場

HERO9登場から1年。短期間でのアップグレードとなった最新モデル「HERO10」は、アクティブ要素への大幅なスペックアップを実現しています。アクションカメラユーザーが真に期待していたアップグレードの内容を、HERO9と比較しながら確認していきましょう。
GoPro & Media

GoProでホタルの動画を撮る!無料で出来る比較明合成と撮影方法

梅雨を彩るホタルの乱舞。SNSでもたくさんのホタルの映像が投稿され、それらに癒されている方も多いのではないでしょうか。そんなホタルの動画ですが、GoProと無料の動画編集ソフトだけで簡単に作ることが可能です。今回はホタルの撮影方法と動画の編集方法を詳しく紹介しましょう。
GoPro & Media

”撮る”から”見せる”が早い!新GoPro Quikの使い方

無料で動画編集アプリを提供しているGoProが、2021年春にスマホアプリをQuikに統合しました。新たなQuikは、GoProの操作やメディアの管理、更には動画編集までをひとつのアプリで担います。今回は、より使い易くなったQuikの機能と操作方法を紹介しましょう。
GoPro & Media

【HERO11+Mini】GoProミリオンダラーチャレンジ開催!

GoProの新モデル「HERO11 BLACK」と「Mini」の登場と共にミリオンダラーチャレンジが開幕しています。GoProの賞金コンテストの中でも最も大きなコンテストで、賞金だけでなくGoProユーザーとしての名誉が与えられる一大イベントです。それではチェックしてみましょう。
GoPro & Media

汎用から万能へ。アクションカメラを超えたGoPro HERO9登場!

アクションシーンだけでなく日常や旅行などででも活用され、より身近な存在になってきたGoPro。2020年9月に発売されたHERO9では更に多くのシーンに適用する、正に汎用から万能型へと進化を進めています。そんなGoPro HERO9の詳細スペックを、HERO8と比較しながら紹介していきます。