Outdoor Gears

夏キャンプやサーフィンに。NEMOポータブルシャワー『ヘリオ』

水辺のアクティビティが増える季節。存分に遊んだ後は海水や砂汚れをさっと洗い流したくなりますよね。水を入れたペットボトルで洗い流すことも出来ますが、向きを気にせず勢いのあるシャワーが使えたらさらに快適です。今回は、電源不要の加圧機構を備えた「ニーモのアウトドア用シャワー」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

muraco新作ウルトラライトタープ『RAPIDE TARP』

金属加工工場から生まれたアウトドアギルド『muraco/ムラコ』。マイクロオーダーの世界で磨かれた技術を、アウトドアへと展開したメーカーです。今春、異分野からのインスパイアをものづくりのベースに置くムラコから、新たなウルトラライトなタープが登場します。早速詳細仕様をみてみましょう。
Outdoor Gears

ゼインアーツ2022年新作。LEDランタン『ジグ / ZIG』

安全でコンパクトな灯りとして、LEDライトは幅広いユーザー層を持ちます。中でも手の平サイズのライトは拡張ギアも豊富に揃えられ、ひとつの市場となっています。多くのギアでひしめき合うLEDライト市場、その中に今夏、ゼインアーツはLEDランタン「ジグ」を送り出します。早速ジグの特徴を見ていきましょう。
Outdoor Gears

ゼインアーツ2022年新作。大型シェルター『ロロ / LOLO』

長野県松本市を拠点とする新鋭のアウトドアブランド「ZANE ARTS/ゼインアーツ」。斬新さという言葉がよく似合う、機能と藝術のブランドです。ゼインアーツは今夏、2022年の新作として大型2ルームシェルター「LOLO/ロロ」の発売を開始します。早速ロロの詳細を見てみましょう。
Outdoor Gears

ウルトラライトの極み。固形燃料と最軽量ギアを紹介

アウトドアでの調理に欠かせない燃焼系ギア。ウルトラライトを突き詰めた時、行き着く先のひとつに固形燃料があります。固形燃料はギアを含めた総合的な軽さだけでなく、使い勝手や安全性も特徴です。今回は、ULハイカーに高い評価を得る固形燃料について詳しく紹介しましょう。
Topics

チタンマグポット500の詳細とフリーライトという選択肢

EVERNEWのチタンマグポット500は、ソロに最適なサイズ感と極限の軽さが魅力の「ハイカー御用達ULギア」です。今回は他のチタン製品と一線を期すチタンマグポット500の詳細と、完売で購入できない方におすすめの「フリーライトのチタニウムポット」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

固形燃料やアルストに合うスタイリッシュな風防、ゴトク9選

コンパクトキャンプやテント泊登山で人気のアルコールストーブ。軽量で壊れ難く、そして氷点下でも安定した火力が得られる信頼性の高いギアですが、実用には風防が欠かせません。今回はアルストや固形燃料を最大限に活かし、燃焼の時間に魅力を与える風防を紹介しましょう。
Outdoor Gears

ライト且つワイルド。種類別アルコールストーブおすすめ7選

ソロキャンプに人気のアルコールストーブは、コンパクトで軽量、そしてワイルドな燃焼ギアとして多くの支持を得ています。また動作不良が起き難く、寒冷地でも火力が安定するため、テント泊登山でも信頼できるギアです。今回は定番のアルストだけでなく、構造の異なるストーブもピックアップして紹介しましょう。
Topics

チタンマグポット500の詳細とフリーライトという選択肢

EVERNEWのチタンマグポット500は、ソロに最適なサイズ感と極限の軽さが魅力の「ハイカー御用達ULギア」です。今回は他のチタン製品と一線を期すチタンマグポット500の詳細と、完売で購入できない方におすすめの「フリーライトのチタニウムポット」を紹介しましょう。
Topics

Amazon限定「NANGOGEAR/南湖ギア」がコスパ優秀!

ショッピングサイトのアマゾンには、Amazon限定ブランドというプログラムがあります。その名の通りAmazon限定で販売される製品を指し、品質はもちろんコストも優れる製品が揃えられています。今回はその中からNANGOGEAR/南湖ギアというブランドを紹介します。
Topics

サーカスユーザー必見!テンマクのフロントフラップに新サービス登場

絶大な人気を誇るテンマクデザインのサーカスシリーズ。中でもサーカスDXシリーズは入口に風雨を防ぐサイドフラップを備え、更にフロントフラップを接続することで冬季や悪天候でも快適に過ごせる拡張性の高い幕です。今回はそんなサーカスDXに新たに追加されたオプションについて紹介しましょう。
Topics

【レザークラフト第3段】HangOutギヤを使い易くしよう!

家具メーカーが提案するアウトドアブランド「HangOut/ハングアウト」。スタイリッシュな外遊びファニチャーが高い人気を誇りますが、代表的なギヤでもあるファイヤーサイドテーブルには改善すべき点がひとつあります。今回は唯一ともいえるその弱点を、レザークラフトで解決してみましょう。
Topics

100均で手に入る!MSR ウィスパーライトの最適ケースを紹介

ガソリンバーナーの中で絶大な信頼を得るMSRのウィスパーライト。燃料ボトルと分離できるため積載し易く、ハイクギアとしても高い人気を誇るロングセラーストーブです。今回はMSRウィスパーライトの課題をズバッと解決する『100均アイテム』の紹介です。
Topics

モンベルがジェットボイルレシピを募集中!<終了しました>

メスティンやスキレットと並びアウトドアの調理器具として愛用者の多いジェットボイル。今回代理店でもあるモンベルから、ジェットボイルを使ったレシピの募集が始まりました。愛用者はもちろん、ジェットボイルって何?と言う方もこの機にジェットボイルユーザーのひとりになってみてはいかがでしょう!?
Topics

【レザークラフト第2弾】自作ハチェットカバーの作り方

お家時間の過ごし方としてアウトドアマンに人気のレザークラフト。前回スキレットハンドルカバー作りで身に付けた基本を使って、今回はハチェットカバーを作ってみます。3つの革パーツから形を作り上げていきますので、新たにレザークラフトの幅が広がる内容です。是非挑戦してみて下さい。
Topics

【レザークラフト】初心者でも簡単!スキレットカバーの作り方と道具

世界にひとつだけの自分好みのモノが作れるとあって、おうち時間に挑戦する人が増えてきているDIY。中でもレザークラフトは、革独特の雰囲気がアウトドアと合うためキャンパーにも人気のDIYです。今回は初めてでも簡単に作れるスキレットハンドルカバーの作り方を紹介します。
Outdoor Gears

夏キャンプやサーフィンに。NEMOポータブルシャワー『ヘリオ』

水辺のアクティビティが増える季節。存分に遊んだ後は海水や砂汚れをさっと洗い流したくなりますよね。水を入れたペットボトルで洗い流すことも出来ますが、向きを気にせず勢いのあるシャワーが使えたらさらに快適です。今回は、電源不要の加圧機構を備えた「ニーモのアウトドア用シャワー」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

muraco新作ウルトラライトタープ『RAPIDE TARP』

金属加工工場から生まれたアウトドアギルド『muraco/ムラコ』。マイクロオーダーの世界で磨かれた技術を、アウトドアへと展開したメーカーです。今春、異分野からのインスパイアをものづくりのベースに置くムラコから、新たなウルトラライトなタープが登場します。早速詳細仕様をみてみましょう。
Outdoor Gears

ゼインアーツ2022年新作。LEDランタン『ジグ / ZIG』

安全でコンパクトな灯りとして、LEDライトは幅広いユーザー層を持ちます。中でも手の平サイズのライトは拡張ギアも豊富に揃えられ、ひとつの市場となっています。多くのギアでひしめき合うLEDライト市場、その中に今夏、ゼインアーツはLEDランタン「ジグ」を送り出します。早速ジグの特徴を見ていきましょう。
Outdoor Gears

ゼインアーツ2022年新作。大型シェルター『ロロ / LOLO』

長野県松本市を拠点とする新鋭のアウトドアブランド「ZANE ARTS/ゼインアーツ」。斬新さという言葉がよく似合う、機能と藝術のブランドです。ゼインアーツは今夏、2022年の新作として大型2ルームシェルター「LOLO/ロロ」の発売を開始します。早速ロロの詳細を見てみましょう。
Outdoor Gears

ウルトラライトの極み。固形燃料と最軽量ギアを紹介

アウトドアでの調理に欠かせない燃焼系ギア。ウルトラライトを突き詰めた時、行き着く先のひとつに固形燃料があります。固形燃料はギアを含めた総合的な軽さだけでなく、使い勝手や安全性も特徴です。今回は、ULハイカーに高い評価を得る固形燃料について詳しく紹介しましょう。
Outdoor Gears

固形燃料やアルストに合うスタイリッシュな風防、ゴトク9選

コンパクトキャンプやテント泊登山で人気のアルコールストーブ。軽量で壊れ難く、そして氷点下でも安定した火力が得られる信頼性の高いギアですが、実用には風防が欠かせません。今回はアルストや固形燃料を最大限に活かし、燃焼の時間に魅力を与える風防を紹介しましょう。
Outdoor Gears

ライト且つワイルド。種類別アルコールストーブおすすめ7選

ソロキャンプに人気のアルコールストーブは、コンパクトで軽量、そしてワイルドな燃焼ギアとして多くの支持を得ています。また動作不良が起き難く、寒冷地でも火力が安定するため、テント泊登山でも信頼できるギアです。今回は定番のアルストだけでなく、構造の異なるストーブもピックアップして紹介しましょう。
Outdoor Gears

エアマットの構造と種類を徹底解説。R値とパックサイズで選ぶ13品

コンパクトな収納力でパッキングを支援するエアマットは、テント泊登山やバックパックキャンプなどで重宝されています。エアマットは空気を入れるだけのシンプルなギアですが、構造を見てみると多種多様な多くの特徴を持っています。今回はエアマットの基本的な構造と選定方法、そしておすすめを紹介しましょう。
GoPro & Media

GoProを冬仕様に!低温環境下用バッテリーと低温対策

防水、コンパクト、タフと三拍子そろったGoProは、ウィンタースポーツと相性の良いカメラです。しかし雪山に強い筈のGoProでも、零度を下回る寒冷地では電源が入らないなどのトラブルも見受けられます。今回はそんなトラブルを解決するバッテリーと、低温対策について紹介します。
GoPro & Media

アクション機能が大幅アップグレード!GoPro HERO10登場

HERO9登場から1年。短期間でのアップグレードとなった最新モデル「HERO10」は、アクティブ要素への大幅なスペックアップを実現しています。アクションカメラユーザーが真に期待していたアップグレードの内容を、HERO9と比較しながら確認していきましょう。
GoPro & Media

GoProでホタルの動画を撮る!無料で出来る比較明合成と撮影方法

梅雨を彩るホタルの乱舞。SNSでもたくさんのホタルの映像が投稿され、それらに癒されている方も多いのではないでしょうか。そんなホタルの動画ですが、GoProと無料の動画編集ソフトだけで簡単に作ることが可能です。今回はホタルの撮影方法と動画の編集方法を詳しく紹介しましょう。
GoPro & Media

”撮る”から”見せる”が早い!新GoPro Quikの使い方

無料で動画編集アプリを提供しているGoProが、2021年春にスマホアプリをQuikに統合しました。新たなQuikは、GoProの操作やメディアの管理、更には動画編集までをひとつのアプリで担います。今回は、より使い易くなったQuikの機能と操作方法を紹介しましょう。
GoPro & Media

HERO10発売に合わせGoProミリオンダラーチャレンジ開催!

GoProの新モデル「HERO10 BLACK」の発売に合わせミリオンダラーチャレンジが開幕しています。GoProの賞金コンテストの中でも最も大きなコンテストで、賞金だけでなくGoProユーザーとしての名誉が与えられる一大イベントです。それではチェックしてみましょう。
GoPro & Media

汎用から万能へ。アクションカメラを超えたGoPro HERO9登場!

アクションシーンだけでなく日常や旅行などででも活用され、より身近な存在になってきたGoPro。2020年9月に発売されたHERO9では更に多くのシーンに適用する、正に汎用から万能型へと進化を進めています。そんなGoPro HERO9の詳細スペックを、HERO8と比較しながら紹介していきます。
GoPro & Media

GoPro HERO9 BLACK カウントダウン。09.16.20

秋と言えばGoProの新モデルがリリースされるタイミング。今年はGoPro HERO9の発売が噂されていましたが、遂に公式からリリースの案内が発信されました。公式サイトやSNSでも一斉に告知されたので既にご存知の方も多いと思いますが、まだ公開されていない巷の憶測含めて紹介したいと思います。
GoPro & Media

GoProで星空や流れ星が綺麗に撮れる黄金設定

夜景や星空など大自然の撮影はGoProの十八番ですが、こと流れ星の撮影においては一眼レフ同様難度が高い撮影です。今回は星空や流れ星をきれいに撮影するためのポイントと、失敗しないGoProの黄金設定、そしてタイムラプスを利用した効率的な撮影方法について紹介しましょう。