パラコード1本で編むミサンガの作り方

ナスDこと友寄隆英さんが某番組で紹介したパラコードを編んで作ったミサンガ。アクセサリとして身に付けられるだけでなく、非常時には丈夫なロープとして活用できるアウトドア好きには魅力的なアイテムです。
この記事ではパラコードで作られたアクセサリと、パラコード1本で編むミサンガの作り方を紹介します。

パラコードアクセサリとは

パラコードとはパラシュート用コードの略で、パラシュートに用いられる非常に耐久性の高いロープです。耐荷重は100kgを優に超え、非常時のロープとしては大変重宝されることになります。そんなパラコードを編み込み作られたアクセサリがパラコードアクセサリです。
まずは市販されているアクセサリを紹介しましょう。

北欧スウェーデン発 The Friendly Swede製
パラコードブレスレット

手首などに取り付けられるパラコードで出来たブレスレット。ミサンガと異なりいつでも取り外しが出来るため、着けたい時だけ着けられる。

(画像出典:Amazon)


北欧スウェーデン発 The Friendly Swede製
パラコードキーチェーン

ザックなどにぶら下げたりギヤに取り付けて使用できるキーチェーン型のパラコードアクセサリ。

(画像出典:Amazon)

パラコードアクセサリはファッションアイテムとしてだけでなく、非常時にはロープとしての活用を考えられたアイテムです。そのためいざという時には簡単にほどくことができ、そしてある程度の長さのロープとなることが求められます。

実際に自分自身で編み込むのであれば、実用性もしっかり兼ね備えたものを作りたいものです。
そこで今回は3m程度のパラコード1本で作るミサンガの作り方を紹介します。

パラコードミサンガの編み方

まず3m程度のパラコードを準備します。パラコードの切断面はほどけやすいため、火であぶり、溶かし固めます。

パラコードを半分に折り、折り曲げた側を基準にミサンガの長さを決めます。今回は腕(手首)に取り付けたいと思いますので、折り曲げたパラコードを腕に巻き付け、1周分の長さを測ります。

腕周り1周分の長さのところにパラコードと同じ太さの棒または紐を当て、折り返します。

このまま編み込んでも構いませんが、編み始めの部分が緩みやすいため一度結び目を作っておきます。

中央の2本のパラコードを芯にして、左右のパラコードを順に編んでいきます。

右側のパラコードは、芯の下を通して左側に輪を送ります。

次に左側のパラコードは、下からその輪に通し、そして芯の上を通して右側に輪を送ります。

右に輪を送ったら、左側の輪を締め込むために下図の2本のコードを引っ張ります。

右側のコードは上から輪に通し、芯の下を通して左側に輪を送ります。

下図の2本のコードを引っ張り締め込みます。

同様に左右のコードを順に編んでいきます。

時々編み込み部を編み始め方向に寄せ、締めます。こうすることで、よりきつく、長いコードを編み込むことができます。

芯の先端が少しだけはみ出る程度まで、繰り返し編み込みます。

次に末端の処理を行います。右側のコードを上から輪と芯に通し、2本のコードを引っ張り締め込みます。

続いて左側のコードも上から芯に通し、しっかり締めます。

編み始め側の棒または紐を取り外し、2本のコードをそれぞれの輪に通します。

腕に通し、2本のコードを引っ張って長さを合わせます。丁度良い長さのところでコードに結び目を作り抜け止めをします。輪が大きく抜けてしまう場合は、結び目を大きくするか、2本のコードを結びつけましょう。

余った部分を切り取って熱処理をすれば完成です。


COMMENT

今回使用したパラコードは耐荷重250g、太さ4mmです。きつく編み込んだミサンガの幅はおよそ18mmになります。女性や子供向けには少し太いため、3mm又は2mmのパラコードがおすすめです。

BROTREE
パラシュートコード 4mm

(画像出典:Amazon)

OUTDOOR STYLES.