自然と調和するキャンプを…特徴的且つ魅力的なソロテント6選

木陰に小さなスペースを作りお気に入りのギヤを並べ、たったひとつのランタンに火を灯す…家族でのキャンプとは一味違う、ひとり、静かに自然と会話するキャンプも時には良いものです。
この記事では、思い立った時にまず手にするソロテントを紹介します。

ソロテントの特徴と魅力

ソロテントとは ひとりキャンプを支えるベーステントです。キャンプに行きたいと思い立った時にまず手にする相棒のようなテントです。

ソロテントに決まった型はなく、むしろ個性が際立つソロキャンプにおいて各々のスタイルにさえ当てはまればそれで良いんです。
プライベート感を求めるスタイルや 逆に解放感を求めるスタイルなど、各々のスタイルは様々です。
万人が支持するものだけでなく、多種多様なスタイルにどこかで当てはまる突飛した特徴を持つテントの方が魅力的であり価値があるのかもしれません。

然しながらどの様なキャンプでも最低限必要な空間として「寝」と「居」の確保は重要です。この2つの基盤空間をしっかりと作り出せるテントでなければソロテントの価値はありません。

特徴的であり機能的であるテント、それはソロテントだからこそ選択できる唯一のあなたのテントです。

厳選 ソロテントの紹介

tent-Mark DESIGNS
CIRCUS TC


今やキャンパー1人に1台と言わんばかりに人気絶頂のテンマクデザインのサーカスTC。遮光性と通気性を兼ね備え火の粉にも強いポリコットン生地のワンポールテントは、設営も居住性もコストパフォーマンスも優れた秀逸テントです。就寝時はキャンプ道具をテント内に収容しても余裕の広さで、ふたりキャンプでも十分利用できる程です。より快適な眠りを得たい方は専用のインナーセットを使用すると良いでしょう。自然と同化するアース色と懐を隠すような暗い室内、そしてスタイリッシュなワンポールフォルムが万人に好まれるスタイルなのでしょう。

  • サイズ:W420×D420×H280cm
  • 生地素材:ポリコットン
  • 耐水圧:不明
  • 収納サイズ:Φ25×67cm
  • 重量:8.58kg
  • 定価:¥31,800(税別)

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)


DOD
パップフーテント


米軍が使用していたパップテントをより使い易く改良したのが、DODのパップフーテント。そのままでは出してこないところがDODの強みですね。防水性と軽量性を備えたポリコットンは肌触りと通気性が良く、また2重キャノピー構造でプライベート空間をしっかり確保してくれます。前背面のメッシュが虫の侵入を防ぐとともに夏でも室内を涼しく保ちます。テント下からの風と虫の侵入を防ぐテント端のフロアが、使い易さを倍増させています。ひっそりと、静かにソロを楽しむ方におすすめの一品です。

  • サイズ:W310×D150×H130cm
  • 生地素材:ポリコットン
  • 耐水圧:1,500mm
  • 収納サイズ:Φ19×56cm
  • 重量:5.0kg
  • 定価:¥32,000(税別)

(画像出典:DOD)


snow peak
ペンタシールド&ペンタイーズ


スノーピークのペンタイーズは、ライトタープ ペンタシールドとの組み合わせで最強の野営スタイルが作り出せるゲリラテント。低空スタイルは風の強い海辺にも対応すると共に、隠れ家的な容姿でアウトドアマンの心をくすぐります。入口から後部へと広がる室内は、しっかりと荷物を置くことが可能です。海や湖などでのんびり休暇を過ごすスタイルにおすすめの一品です。センターポールは別売りですが、パドルや流木などで代用すればよりバケーション感が味わえることでしょう。

ペンタシールド

ペンタイーズ

  • サイズ:W400×D320×H150cm
  • 生地素材:ポリエステル
  • 耐水圧:1,800mm
  • 収納サイズ:W32×D9×H20cm
  • 重量:790g
  • 定価:¥11,800(税別)
  • サイズ:W270×D?×H134cm
  • 生地素材:ポリエステル/ナイロン
  • 耐水圧:1,800mm
  • 収納サイズ:Φ24×45cm
  • 重量:1,400g
  • 定価:¥14,500(税別)

(画像出典:snow peak)


ogawa
ステイシーST-2


大きな前室を備えた小川のステイシーST-2は、ツーリングキャンプとの相性抜群のゲリラテントです。吊り下げ式のインナーテントはアウターテントの使い道の幅を広げると共に、雨天撤収時の被害を最小限に抑えてくれます。加えて軽量コンパクトなパッキングは荷物の圧迫を抑えてくれます。持ち運びしやすくバイクも守ってくれるステイシーST-2は、ツーリングに最適な相棒でしょう。

  • サイズ:W230×D300×H130cm
  • 生地素材:ポリエステル
  • 耐水圧:1,800mm
  • 収納サイズ:W44×D21×H21cm
  • 重量:3.9kg
  • 定価:¥42,000(税別)

(画像出典:Amazon)


MSR
ハバハバ NX


ULギヤで定評のMSRのハバハバは、軽量且つ快適な空間を作り出すバックパックテントです。同シリーズでは2人用のサイズにあたりますが、快適な室内空間を確保するにはソロでもこちらのサイズがおすすめです。インナーテントは吊り下げ型のハーフメッシュで夏場でも風通しが良い構造です。専用のフットプリントを用いればシェルターにもなるため、遊び尽くせるテントです。

  • サイズ:W213×D279×H100cm
  • 生地素材:20Dリップストップナイロン
  • 耐水圧:1,200mm(フロア:3,000mm)
  • 収納サイズ:46×15cm
  • 重量:1.72kg
  • 定価:¥59,000(税別)

(画像出典:MSR)


HILLEBERG
ナロ2


もしあなたが過酷な環境でのキャンプをゲリラ的に思い立ったなら、その相棒にはヒルバーグのナロ2を選ぶべきでしょう。ヒルバーグ レッドラベルに位置するナロ2は、軽量且つ高強度のトンネル型テントで、どんな気候にも適するベンチレーションシステムと十分な居住スペースに調理スペースを備えたオールラウンダーなテントです。

  • サイズ:W130×D335×H100cm
  • 生地素材:kerion1200
  • 耐水圧:3,000mm
  • 収納サイズ:Φ17.5×45cm
  • 重量:2.4kg
  • 定価:¥100,000(税別)

(画像出典:HILLEBERG)

COMMENT

ひとりの時間をゆっくり楽しめるソロキャンプ。至福の時間を連れ添う相棒に妥協をしては後悔します。じっくり考えしっかり見極め、最高のテントを見付けてください。

OUTDOOR STYLES.