ソロキャンプにも最適なフォームマットの記事を更新しました! >>click

自然と調和するキャンプを…特徴的且つ魅力的なソロテント13選

Gears

木陰に小さなスペースを作りお気に入りのギヤを並べ、たったひとつのランタンに火を灯す…家族でのキャンプとは一味違う、ひとり、静かに自然と会話するキャンプも時には良いものです。

ソロだからこそ魅せたい、こだわりたい、感じたい…
そんなあなたの求めるテントをこの記事では紹介したいと思います。

ソロテントとは

ソロテントとは ひとりのキャンプを支えるベーステントです。キャンプをしたいと思った時にまず手にする相棒のようなテントです。

そんなソロテントには決まった型はなく、各々のスタイルにさえ当てはまればそれがあなたのソロテントです。プライベート感を求めるスタイルや逆に解放感を求めるスタイルなど、万人が支持するものだけでなく、あなたにとって魅力的であり価値があればそれで良いのです。

例えばあなたが8人用の大きなシェルターをひとり優雅に使うスタイルを好むのであれば、それもソロテントと言って良いのです。

と言ってもそこまで幅を広げてしまうとこの記事では紹介しきれなくなるので、今回は1~2人サイズに絞って特徴的なテントを紹介してきます。

軽さを追求する方はこちらの記事へ
妥協のない、最大限のこだわりを。ULソロテント13選
ツーリングや登山、山岳キャンプなど、ひとりで出掛ける時のテントにはこだわりが強くなるものです。中でもバックパックで行動する時は、性能や見た目に加え 軽さやサイズも重要になります。この記事では軽さとコンパクトに秀でたウルトラ・ライト規格のソロテントを紹介します。

厳選 ソロテントの紹介

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン

CIRCUS TC
サーカスTC

詳細を確認 >>


多くのキャンパーの人気を集めたテンマクデザインのサーカスTC。遮光性と通気性を兼ね備え火の粉にも強いポリコットン生地のワンポールテントは、設営も居住性もコストパフォーマンスも優れた秀逸テントです。就寝時はキャンプ道具をテント内に収容しても余裕の広さで、ふたりキャンプでも十分利用できる程です。より快適な眠りを得たい方は専用のインナーセットを使用すると良いでしょう。自然と同化するアース色と懐を隠すような暗い室内、そしてスタイリッシュなワンポールフォルムが万人に好まれるスタイルなのでしょう。

サイズ W420×D420×H280cm
主生地 TC(ポリコットン)
収納サイズ Φ25×67cm
重量 8.58kg

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン

PANDA TC
パンダTC

詳細を確認 >>


とんがりが愛らしい小型のワンポールテントPANDAのTCバージョン。サーカスTCでは大き過ぎる方におすすめ。小型で持ち運びしやすいため、島旅やフェスなど用途が広がります。火の粉に強いTC素材なので、テントから離れずに調理や焚火が楽しめるのも魅力です。

サイズ W270×D270×H170cm
主生地 TC(ポリコットン)
収納サイズ 49×25×16cm
重量 5.44kg

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

ogawa / 小川

ステイシーST-2

詳細を確認 >>


大きな前室を備えた小川のステイシーST-2は、ツーリングキャンプとの相性が抜群のテントです。吊り下げ式のインナーテントはアウターテントの使い道の幅を広げると共に、雨天撤収時の被害を最小限に抑えてくれます。軽量コンパクトなパッキングは荷物の圧迫を抑え、それでいて前室にはバイクを収めることも可能です。室内スペースと機動力が必要なツーリングキャンプには最適な相棒でしょう。

サイズ W230×D300×H130cm
主生地 ポリエステル
耐水圧 1,800mm
収納サイズ W44×D21×H21cm
重量 3.9kg

(画像出典:Amazon)

MSR / エムエスアール

HUBBA HUBBA NX
ハバハバ NX

詳細を確認 >>


ULギヤで定評のMSRのハバハバは、軽量且つ快適な空間を作り出すバックパックテントです。同シリーズでは2人用のサイズにあたりますが、快適な室内空間を確保するにはソロでもこちらのサイズがおすすめです。インナーテントは吊り下げ型のハーフメッシュで夏場でも風通しが良い構造です。専用のフットプリントを用いればシェルターにもなるため、遊び尽くせるテントです。

サイズ W213×D279×H100cm
主生地 20Dリップストップナイロン
耐水圧 1,200mm(フロア:3,000mm)
収納サイズ 46×15cm
重量 1.72kg

(画像出典:MSR)

DOD

カマボコテントソロTC

詳細を確認 >>


ベストセラーの代表格でもあるカマボコテントのソロ仕様テント。スカートや多数のベンチレーションなど、機能性は本家カマボコテントをしっかり引き継ぐ。生地は焚火対応のポリコットン仕様で、季節問わず頼れる。設営性と居住性が融合され、使い易さと共にセキュリティーも確保されたソロテントです。

サイズ W170×D450×H120cm
主生地 TC(ポリコットン)
耐水圧 350mm(フロア:5,000mm)
収納サイズ 60×25×25cm
重量 10.3kg

(画像出典:DOD)

SNUGPAK / スナッグパック

Scorpion 2
スコーピオン2

40年以上の歴史を誇るイギリスのブランドが作り出すスコーピオン2は、戦士の休息地の名に相応し無骨且つスタイリッシュなフォルムが特徴です。素材には軽量強靭なDACポールと耐水圧5,000mmを誇る210tリップストップナイロンが用いられ、場所や天候を問わず信頼できる品質を備えます。内部には8つのポケットを備える重装備で、室内の使い勝手も申し分ありません。

サイズ W300×D130×H105cm
主生地 210tリップストップナイロン
耐水圧 5,000mm
収納サイズ Φ19×43cm
重量 2.65kg

(画像出典:Amazon)

muraco / ムラコ

BLACK BEAK 2P
ブラックビーク2P

詳細を確認 >>

黒が映えるムラコのブラックビーク2P。軽量強靭なジュラルミンポールと耐風性の高いクロスフレーム構造の融合により、高い剛性を誇ります。前室は十分な荷物を置けるスペースを確保すると共に、スタイリッシュなフォルムを作り出しています。ハードな環境でも頼れるテントでしょう。

サイズ W335×D145×H115cm
主生地 40Dリップストップナイロン
耐水圧 3,000mm
収納サイズ 17×17×45cm
重量 2,276g

(画像出典:muraco)

snow peak / スノーピーク

Minute Dome Pro.air 1
ミニッツドーム Pro.air 1

詳細を確認 >>


スノーピークの技術が詰め込まれた、低く広がる耐候性の高いドーム型テント。高い居住性を確保しながら、バイクツーリングでも持ち運ぶことが出来る軽量化を実現。シンプルなフレーム構造で素早い設営撤収が行えるのも特徴。自然を近くに感じられるテントです。

サイズ W235×D230×H116cm
主生地 20Dシリコンポリエステルミニリップストップ
耐水圧 1,500mmミニマム
収納サイズ 20×20×59cm
重量 2.95kg

(画像出典:snow peak)

ogawa / 小川

HOZ
ホズ


個性的なインナー形状が特徴的なogawaのホズは、室内と室外に前後室を作り出し、2人使用時でもそれぞれの荷物置き場と出入口が確保できる。更に室内からでも空が確認できる天井部の透明パネルは、独特なフォルムと合わせてホズ特有の仕様。インナーテントは吊り下げ型のため、フライのみでシェルターとしても活用出来ます。使い勝手にこだわりが感じられるドーム型テントです。

サイズ W245×D255×H120cm
耐水圧 1,800mm
収納サイズ H16×D20×W52cm
重量 3.1kg

(画像出典:ogawa)

HILLEBERG / ヒルバーグ

UNNA
ウナ

詳細を確認 >>


最高峰のテントを作り続けるヒルバーグのレッドレーベルテント。ダブルポール・ダブルウォール構造の中に、要所に設けられたテンショナーが理想的な耐風雨形状を作り出す。様々なシチュエーションに対応する高耐久の生地と 自由度の高いベンチレーション構造が、オールシーズン快適な空間を提供してくれます。広い室内空間も特徴です。

サイズ W230×D110×H100cm
収納サイズ Φ15×50cm
重量 2,200g

(画像出典:HILLEBERG)

HILLEBERG / ヒルバーグ

NALLO 2
ナロ2

詳細を確認 >>


過酷な環境でも確実なパフォーマンスを発揮してくれるヒルバーグのナロ2は、ヒルバーグ レッドラベルに位置する軽量且つ高強度のトンネル型テントです。どんな気候にも順応するベンチレーションシステムと、十分な居住スペースに加え調理スペースまでをも備えたナロ2は、決して快適でないシチュエーションでこそ力を発揮する信頼性の高いテントです。

定価:¥100,000+税

楽天でチェック

サイズ W130×D335×H100cm
主生地 kerion1200
耐水圧 3,000mm
収納サイズ Φ17.5×45cm
重量 2.4kg

(画像出典:HILLEBERG)

DOD

ショウネンテント

詳細を確認 >>

秘密基地のようなロッジ型ワンポールテント。室内はインナーと前室とに程よく別れ、ソロキャンプに適した空間が確保されています。随所に設けられたベンチレーションとメッシュインナーが湿度や熱気を効果的に排出し、蒸し暑い夏場でも快適な空間を作り出します。ソロテントとは思えないデザイン性が魅力のテントです。

定価:オープン

Amazonでチェック

サイズ W220×D220×H180cm
主生地 リップストップ30Dナイロン
耐水圧 1,500mm(フロア3,000mm)
収納サイズ 18×18×48cm
重量 3.2kg

(画像出典:DOD)

BUNDOK / バンドック

ソロベース

ソロキャンパーに絶大な人気を誇るバンドックのパップテント。パネルを跳ね上げた時の解放感と、フルクローズ時の広い前室はパップならではの使い易さ。生地にはポリエステル65%、綿35%のTCが採用され、軍幕の雰囲気を損なわずに耐水性を備える無敵仕様。しかも低価格に加えてメッシュインナーが標準で装備されているため、ソロテントで迷っている方、軍幕を探している方は迷わずこのソロベースでしょう。

サイズ W390×D190×H110cm
主生地 TC(ポリコットン)
収納サイズ 40×20×20cm
重量 4.4kg

(画像出典:Amazon)

ひとりの時間をゆっくり楽しめるソロキャンプ。至福の時間を連れ添う相棒に妥協をしては後悔します。じっくり考えしっかり見極め、最高のテントを見付けてください。