夜を彩るLEDランタン の選び方とおすすめ9選

アウトドアでの光源はとても重要です。日が暮れ始めると例えキャンプ場でも途端に暗くなります。夕方から夜の間に活動するためには、足元やサイト、テント内などを明るく照らす必要があり、そこで役に立つのがランタンです。
ランタンにはガソリンやガス、アルコールなどの燃料で灯る燃焼系ランタンと、LEDを光源とするLEDランタンがあります。
この記事では子供でも安全に扱えるLEDランタンの選び方と、おすすめを紹介します。

LEDランタンを選ぶ時のポイント

LEDランタンとはLEDを光源としたランタンです。燃焼系ランタンと違いスイッチのON/OFFで操作ができるため、子供でも安全に扱うことが出来ます。燃焼系ランタンの見た目に似せたものから、LEDランタンの道を走るものまでたくさんの種類がありますが、いずれも基本的な機能は同じですので選定時に確認すべきポイントは次の項目になります。

LEDランタンを選ぶときのポイント

LEDランタンを選ぶ時に確認すべき仕様は次の3つです。

  • 光量
  • 電源タイプ
  • 点灯可能時間
光量

ランタン(光源)には、メインとサブという役割分担があります。メイン光源はサイト全体を照らす光源で、大光量のランタンを用います。サブ光源はテーブルの上を照らしたりサイトの一部を照らすための光源で、どちらかというと柔らかい光が好まれます。テント内で使用するランタンも柔らかい光が好まれるため、サブ光源として用いるランタンを併用することが一般的です。

電源タイプ

ランタンの電源は電池交換型と充電バッテリー型の2種類があります。充電型の方が使い勝手が良さそうですが、その分値が張ります。自宅でエネループなどの充電電池を利用しているのであれば、電池交換型のLEDランタンの方が初期投資を抑えることができます。但しその場合電池のサイズを合わせるようにしないと、結局専用の充電電池を準備することになるため注意が必要です。大光量の電池交換型ランタンは、電池のサイズが単一や単二の場合がほとんどなので、その場合は充電バッテリー型を選ぶことをおすすめします。

点灯可能時間

最近は点灯可能時間が長いものが多いのであまり心配はいりませんが、連泊をされる場合は注意が必要です。予備バッテリーやソーラーチャージャは長期間キャンプの必需品でしょう。

厳選大光量LEDランタンの紹介

大光量LEDランタンはサイト全体を照らすメイン光源として使用するランタンです。そのためサイトのシンボルにもなるランタンですので見た目にもこだわったモデルを選出しました。燃焼系ランタンが苦手な方や、小さな子供のいるファミリーキャンパーの方におすすめです。

Coleman
バッテリーロック LEDノスタルジアランタン


ガソリンランタンの先駆けメーカーColemanが作るLEDランタン。ツーマントル型を模したそのボディーは、まさにランタンそのものの外観です。電池と電極を離す構造を採用したため、オフシーズンに電池を入れっぱなしにしても過放電による液漏れや消耗を防ぎます。付属ACアダプタを使えば屋内照明としても使えます。USB出力ポートを持っているため、スマホなどの充電も可能。

  • 光量:700ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単一電池6本)
  • 点灯可能時間:15時間(High)
  • 防水性能:IPX4(防滴)
  • 定価:¥16,800(税別)

(画像出典:Amazon)


GENTOS
EX-000R


1000ルーメンという大光量に加え、2m防水、10m落下耐性という堅牢性も備えたハード仕様のLEDランタン。1000ルーメン(白色・最大時)での点灯時間は3時間ですが、昼白色や暖色での点灯時間は他のLEDランタンと同等レベル。バッテリーは単一電池3本でも代用が可能。メインランタンとしての機能を十二分に兼ね備えた最強LEDランタン。USB充電式です。

  • 光量:1000ルーメン
  • 電源タイプ:充電型(リチウムポリマーバッテリー)
  • 点灯可能時間:3時間(白色High)
  • 防水性能:IP68(2m防水)
  • 定価:¥12,000(税別)

(画像出典:Amazon)

厳選標準光量LEDランタンの紹介

標準光量LEDランタンは、机の上などのサイトの一部を照らしたり、テント内の照明として使用することが一般的です。また夜間の移動の際に懐中電灯変わりにも利用できるため、小型で携帯性に優れたモデルを選出しました。

Coleman
LEDランタン


200Aを感じさせる赤色ランタン型のLEDモデル。400ルーメンというパワフルな光量。1点集中型発光のLEDではなく、バー状に発光するため眩しくありません。別売りのCPX6バッテリーを使用することが可能です。コスパ最強のモデルと言っても過言ではありません。小型ではないため子供が持ち歩くには少し大きいかもしれません。

  • 光量:400ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単一電池4本)
  • 点灯可能時間:15時間(High)
  • 防水性能:防滴
  • 出品価格:¥6,980(税別)

(画像出典:Amazon)


GOAL ZERO
LIGHTHOUSE MINI


GOAL ZERO社製充電型LEDライト。充電は付属のUSBにて行う。発光面が半分に分かれているため片面のみの点灯が可能です。もちろん光量調整付き。机の上を照らすのに効果的な折り畳みスタンドがついているため、ランタンを嵩上げして置く必要がないのが便利。

  • 光量:210ルーメン
  • 電源タイプ:充電型(リチウムイオンバッテリー)
  • 点灯可能時間:4時間(両面High)
  • 防水性能:-
  • 定価:¥8,900(税別)

(画像出典:Amazon)


snow peak
ほおずき ES-070


キャンパー憧れのLEDランタン。自然とシンクロする光をつくり出します。風に反応して灯が揺らぎ、周囲の音量に合わせて光量が変化します。ただ光るだけのライトではなく、炎のような自然の灯を安全に作り出すことが出来るのは、電子制御のランタンにしかできない技です。専用バッテリーパックを利用すればUSBで外部電源を取入れることが可能です。

  • 光量:100ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単三電池3本)
  • 点灯可能時間:10時間
  • 防水性能:IPX4(防滴)
  • 定価:¥9,800(税別)

(画像出典:snow peak)


CAPTAIN STAG
ツインライトLEDランタン


本体とカサの部分を別けられるセパレータブルなLEDランタン。カサにもLEDライトが付いているため、テント内の吊り下げ照明と手元の照明の2つの明かりを1台でこなすことが出来る。

  • 光量:172ルーメン(本体)、(カサ)73
  • 電源タイプ:電池交換型(本体:単一電池3本)(カサ:単三電池3本)
  • 点灯可能時間:100時間(本体)、72時間(カサ)
  • 防水性能:-
  • 定価:¥10,000

(画像出典:CAPTAIN STAG)

厳選傍ランタンの紹介

傍ランタンは、型で小光量の手のひらサイズのランタンです。何かを照らしてくれるわけでもないが、手の中や傍らで優しく光り、寒空の下でぬくもりと安らぎを与えてくれるランタンです。

Coleman
MYキャンプランタン


かわいい見た目で女の子や子供が喜ぶLEDランタン。オーシャン、サバンナ、ティンバーの3色が用意されています。付属のカラビナでザックにぶら下げたり、サイトの飾りつけにも便利。

  • 光量:20ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単三電池4本)
  • 点灯可能時間:40時間
  • 防水性能:IPX4(防滴)
  • 定価:¥1,480(税別)

(画像出典:Coleman)


Coleman
ノーススター ミニチュアLEDランタン


Coleman愛用者は手に入れたくなるLEDランタン。コンパクトながらゆらぎ機能を備えたこだわりが光る。キャンパーの物欲をくすぐるランタンです。

  • 光量:40ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単四電池3本)
  • 点灯可能時間:13時間(High)
  • 防水性能:-
  • 定価:¥2,980(税別)

(画像出典:Coleman)


snow peak
たねほおずき ES-040R


ほおずきの名を継いだたねほおずき。デザインはそのままに小型化。ゆらぎ機能もそのまま実装しているため、傍でやさしくゆらめいて癒してくれます。取り付けがマグネットキャッチになり、ヒモにも布にも装着が可能。

  • 光量:60ルーメン
  • 電源タイプ:電池交換型(単四電池3本)
  • 点灯可能時間:40時間(High)
  • 防水性能:IPX4(防滴)
  • 定価:¥3,800(税別)

(画像出典:snow peak)