10/21はオリオン座流星群☆GoProの準備を! >>click

冬キャンのシンボル「薪ストーブ」の取扱注意事項とおすすめ9選

Gears

冬キャンのシンボルとも言える薪ストーブはベテランギヤのひとつですが、誰しもがそのギヤに対して初めての時というのはあるものです。揺らめく炎に広がる木の香り、煙突から立ち上る煙は憧れのキャンプスタイルのひとつではないでしょうか。

今回は冬キャンのシンボルひとつ、薪ストーブの取り扱い方法とおすすめを紹介します。

薪ストーブとは

薪ストーブとは薪を燃やして調理や暖をとるための道具です。焚火台と異なり、薪を焚く空間が囲われ排気・排煙を煙突から行う構造のため、人が集う場所から煙を離すことが出来るギヤです。

薪ストーブは石油ストーブと相似て冬場の寒さ対策ギヤとしてよく選ばれるギヤで、石油ストーブでは味わえない木の香りや薪をくべる作業に魅せられ、多くのキャンパーが使用しています。

しかし薪ストーブの取り扱いはなかなかに大変で、これから薪ストーブユーザーになろうと考えている方は、まず「薪ストーブ使用上の注意」を理解し、薪ストーブを維持できるか判断してから後悔しない選択をしましょう。

薪ストーブの注意事項

薪ストーブはその都度変わる炎の揺らめきにより、心も身体も温かくなる究極の暖房器具かもしれません。しかし火を扱う器具であることから様々な注意点があります。中でも特に注意すべきは一酸化炭素中毒です。ガスや灯油などの燃料に比べ不完全燃焼率が高い薪では、燃焼中に一酸化炭素が発生することは常です。的確な排気や換気を行わないと命の危険を及ぼす事態となるため、一酸化炭素警報器などで濃度確認を常時行うようにしましょう。

次に石油ストーブと比較した時に留意しておきたい事柄を紹介します。

暖房性能

まず最も重要な暖房性能について。熱源が火力ということで発散される熱量は大きいですが、同様に火を熱源とする石油ストーブに比べると暖房性能は高くはありません。薪ストーブでは煙と共に多くの熱を煙突から排出するため、燃やす薪の量に比べるとどうしても温度が低く感じられます。そのため必然的に夜間の薪の消費量は増え、燃費と共に薪をくべる作業も増えていきますので覚悟が必要です。

設置

置くだけで設営完了する石油ストーブに比べ、薪ストーブは組立とペグによる設置が必要です。この作業が大変だと思うキャンパーは少ないかと思いますが、考慮しておかなければならないのは、一度設営して使い始めると簡単には動かせないということです。団欒場所を2ヶ所レイアウトするような場合だと、1台の薪ストーブだと不便を感じることになります。

メンテナンス

薪を燃焼するとススが発生します。ススは薪ストーブ本体から煙突の先まで内部にしっかり付着するため、毎回の清掃は必須です。また熱による変形が発生した場合は補修も必要になるため、薪ストーブは手が掛かるギヤとなります。

しかし手が掛かるこそ愛着が沸くのも事実で、丁寧なメンテナンスで長く使い続けていられるギヤは想いが通い合う相棒となります。くべる薪にさえ気持ちが入るのは薪ストーブならではの味わいです。

スタイルやメンバー構成により選ぶギヤは変わってくるものなので、じっくり選んでみてください。

厳選 薪ストーブの紹介

それではキャンパーご用達とも言えるおすすめの薪ストーブを紹介します。

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

KAMADO / かまど

シンプルな角型の煙突ストーブ。天板には大小2つのゴトクが準備され、ストーブとしてもカマドとしても使用できます。使用環境に合わせて足の高さは2段階、煙突は3段階の変更が可能です。コンパクトな収納と簡単設営は、薪ストーブの入門機としてはおすすめです。

サイズ 60×51×H153cm
収納サイズ 48×27×26.5cm
煙突外径 Φ100mm
本体材質
重量 10kg

(画像出典:CAPTAIN STAG)

PETROMAX / ペトロマックス

Loki / ロキ

3つ脚と曲線ボトムがスタイリッシュなペトロマックスのロキ。5分割の煙突は更に継ぎ足すことも可能で、背の高いティピーにも対応させることが可能。ダッチオーブンも楽々置けるゴトクに加え、熱源として利用できる広い天板は、使い勝手とフォルムへのこだわりが感じられる。

サイズ 55×83.5×H241cm
収納サイズ 52×33×33cm
本体材質
重量 12.2kg

(画像出典:Amazon)

ogawa / 小川

ちびストーブ3

様々なテントに対応出来る背面排気型の薪ストーブ。天板にはゴトクが1ヶ所設けられています。小窓から内部の燃焼状態が確認できるため、薪の継ぎ足しのタイミングを逃しません。アンティークチックなカマド形状のフォルムは、カントリー調のスタイルに良く似合います。

サイズ 28×40×150Hcm
収納サイズ 38×47×33cm
本体材質
重量 5.2kg

(画像出典:ogawa)

LOGOS / ロゴス

薪ストーブグリル

鋳物で作られた薪ストーブ。無骨で重量感のあるガタイは、炭火にも動じない堅牢さと独特の雰囲気を作り出します。大きなゴトクと他にないフォルムは唯一のスタイルを生み出すことでしょう。

サイズ 46×46×H164cm
収納サイズ 40×36×49cm
本体材質 アルミ鋳物
重量 19kg

(画像出典:LOGOS)

G-Stove / ジーストーブ

Heat View XL

錆びに強いステンレスを素材とした、強固な造りで頼りがいのある薪ストーブ。直火用のゴトクはありませんが、熱せられた天板での調理は可能。バタフライ型のステンレス棚は作業を支えてくれます。扉には燃焼状態が確認できるガラス窓と、火力を調整するための空気調整口が備わっています。5分割の煙突に加え多様なオプションパーツが準備されているため、カスタム性の高さも魅力的です。

サイズ 50×47.5×H290cm
収納サイズ 55×28.5×35cm
本体材質 ステンレス
重量 11.3kg

(画像出典:Amazon)

tent-Mark DESIGN / テンマクデザイン

ウッドストーブ サイドヴューM

側面に大きなガラス窓を備えたステンレス製薪ストーブ。燃焼状態が視認出来るだけでなく、炎の揺らめきが雰囲気を作り出してくれます。天板には直火用のゴトクが設けられ、ステンレス製の棚や空気調整口など使い勝手の良い機構が備わっています。ウォータータンクと防火シート、収納ケースが付属するスペシャルパッケージと、1サイズ大きなL型も準備されています。(本記事のスペックは、ソロやデュオに適したMサイズです。)

サイズ 57×52.6×H240cm
収納サイズ 38×22.8×20cm
煙突外径 Φ63mm
本体材質 ステンレス
重量 9.7kg

(画像出典:tent-Mark DESIGN)

ホンマ製作所

時計1型薪ストーブ

燃焼性能の高い時計型の薪ストーブ。ステンレス製のため錆びに強い。新モデルから3面にガラス窓が設けられ、燃焼状態や炎の揺らめきが見えるようになりました。天板には大小2ヶ所のゴトクが設けられ、調理器具としても力を発揮します。

定価:¥24,800+税

楽天でチェック

サイズ 28×65.5×H18.3cm
煙突外径 Φ100mm
本体材質 ステンレス
重量 6.9kg

(画像出典:ホンマ製作所)

DOD

MERA TV / メラテレビ16型

炎の揺らぎと温もりを贅沢に感じられるDODのメラテレビ。大きくクリアなガラス窓は、空気の対流を工夫したことで曇り難く鮮やかに光を通します。側面の扉には空気調整口が設けられ、火力の調整が可能。ストーブ下部には耐熱版が備えられ、地面への熱放射を防ぐと共に調理台として使用することが可能です。煙突と天板を外せば焚火台としても使える一石二鳥のギヤです。

サイズ 53×24×H191cm
収納サイズ 57.5×29×33cm
煙突外径 Φ89mm
本体材質 ステンレス
重量 16.1kg

(画像出典:DOD)

tent-Mark DESIGN / テンマクデザイン

TITAN STOVE / チタンストーブ

軽量且つコンパクト収納が特徴的なテンマクのチタンストーブ。ツーリングキャンプでも持って行ける程の携帯性が魅力。煙突は分割型ではなく巻煙突型(チタンシートを巻くことで煙突形状を作り出す)のため、組立に難があります。万人におすすめするギヤではありませんが、軽量ギヤやチタンギヤをお探しの方は一考の価値ありです。

サイズ 41.4×24×H308.9cm
収納サイズ (本体)39.5×23.1×118cm
(煙突)Φ9×31.3cm
煙突外径 Φ90mm
本体材質 チタン
重量 2.1kg

(画像出典:tent-Mark DESIGN)

薪をくべる・・・ただ繰り返すその単純な作業がアウトドアの醍醐味でもあります。薪ストーブは寒い季節を肌で感じながらも、火が放つ光と熱、そして広がる香りに包まれるこの上ない程の上質な癒しを与えてくれます。薪ストキャンプで寒い冬でもアウトドアを楽しんでください。