ウルトラライトでもタープが欲しい!ULソロタープ5選

Gears

コンパクトなチタン製ギヤ。パックに小分けしたトレイルフード。軽さを求めるULハイクにおいてタープの必要性は低く見積もられがちですが、平地やキャンプフィールドでのキャンプが目的であるならば、アウトドアを満喫できるタープをバックアップに忍ばせたいものです。

この記事では最小限の負荷で持ち運べるULタープを紹介します。

ULソロタープの特徴と魅力

UL(ウルトラ・ライト)タープは、軽さを追求した携帯性に優れたタープです。幕のメインとなる生地に強くて軽い素材を使用することで総重量を落としています。主に20~40Dの軽くて丈夫なポリエステルやナイロンが用いられます。

Dは糸の太さを表す単位でデニールと呼び、糸の長さ9,000mのときに重さが1gのものを1Dと言います。

タープは日差しや風雨、時に視線を遮る役割があります。スルーハイクなどしっかりした休息がテントの中となる場合には ただの荷物になる可能性が高いタープですが、キャンプや日帰りハイクなどではタープがあるだけでアウトドアの満喫度が大きく増します。極小の負荷で気軽に持ち出せるULタープで、開放的なアウトドアの時間を楽しみましょう。

厳選 ULソロタープの紹介

MSR / エムエスアール

スルーハイカー 70 ウィング

重量:460g

スルーハイカーは張り方のアレンジがし易いレクタ形ウィングタープ。加えてガイロープ用のグロメットが側面に多数用意されていることで、天候やシチュエーションへの適応力が一般的なレクタタープより高くなっている。生地には薄手の20Dナイロンを利用することで軽量化を実現。ウルトラライトでありながら遊び心がくすぐられる万能型タープです。

サイズ 241×289cm
主生地 20Dリップストップナイロン
耐水圧 1,200mm
収納サイズ 23×10cm

(画像出典:MSR)

HILLBERG / ヒルバーグ

TARP5 UL

重量:320g

ヒルバーグのイエローレーベル ケロン1000で作られたタープは、軽量且つ強靭な引裂き強度を誇る信頼性の高いタープです。ミニマリスト向けに作られたウルトラライト規格のタープ5ULなら、ハードなシチュエーションでも気兼ねなくザックに忍ばすことができ、過酷な地形、天候下でも一息つける空間を作り出すことが出来ます。

サイズ W315×D215cm
主生地 ポリエステル kerlon

(画像出典:HILLEBARG)

mont-bell / モンベル

ミニタープ

重量:600g

モンベルのミニタープはスクウェア型のソロタープ。日陰面積が小さく側面が解放された形状のため、悪天候時には使い方に技術が必要となるが、シンプルな形状としっかりとした75Dのポリエステル幕は信頼性が高い。生地には難燃加工が施され、ULでありながら機能性の高いタープである。

定価:¥6,600+税

Amazonでチェック

サイズ 335×270cm
主生地 75Dポリエステル・タフタ
耐水圧 1,500mm
収納サイズ Φ11.5×21cm

(画像出典:mont-bell)

/ ノルディスク

VOSS 14 SI
ヴォス 14 SI

重量:900g

ノルディスクのシンプルなレクタ型タープ。非常に軽いナイロン生地のため、広いタープ面積を備えながら携行性に優れています。更に高い耐水性もナイロンの特徴で、シンプルだかトップクラスの性能を誇る頼れるギヤです。

サイズ 300×450cm
主生地 100% リプストップ・ナイロン ダブル・サイド・ジリコン3 レイヤー
耐水圧 3,000mm

(画像出典:nordisk)

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン

ムササビウィング13ft “Traveling light”

重量:490g

キャンプは過酷なだけじゃない。ULでも優雅に過ごしたい方におすすめするのがテンマクデザインのムササビウィング”Traveling light”。夏に似合うライトカラーの20Dポリエステル幕は、十分すぎるサイズにも拘らず優れた携帯性を誇る。地を這うスタイリッシュなフォルムは軽量型でも健在です。

サイズ 390×380/240cm
主生地 20Dポリエステルリップストップ
耐水圧 2,000mm

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

今回紹介したタープにはポールが付属していません。設営時は樹木やトレッキングポールを利用したり、軽量のアルミポールが必要になります。

あなたのULギヤの仲間に是非タープも入れてみてください。きっと新たなスタイルが見えてくるはずです。