ほのかに灯るオイルランタンで、キャンプの夜に雰囲気を!

Gears

大光量のランタンはキャンプの夜に欠かせないアイテムですが、テーブルやサイトの傍らに灯るほのかな明かりも、キャンプの雰囲気を高めるためには重要なアイテムです。そんなムーディーな明かりの代名詞と言えばオイルランタンです。オイルランタンは灯油やパラフィンオイルなどを燃料とするランタンで、明かりを灯す作業からしてLEDランタンでは味わえない魅力があります。

この記事では、静かに流れる夜の時間に上質な雰囲気を与えてくれるオイルランタンを紹介します。

オイルランタンとは

オイルランタンとは、灯油やパラフィンオイルを燃料とする燃焼系ランタンのひとつです。燃焼系ランタンの代表格であるガソリンランタンよりも比較的扱い易く、タンクに燃料を入れ芯棒に火をつけるだけで灯りを得ることが出来ます。理科の授業で使ったアルコールランプを想像して頂ければイメージが付くでしょう。

(画像出典:Amazon)

オイルランタンの明かりは、ロウソクの火と同じように芯棒の先端に灯る火が明かりとなるため、光量はとても弱く周囲を照らすほどの効果はありません。テーブルランタンとしての利用は可能ですが、家族の食卓をオイルランタンひとつで照らす程の光量はありませんので、過度な明るさへの期待は禁物です。

然しながら、音もなく静かに揺れるほのかな明かりは、大光量では作り出すことが出来ない上質な雰囲気を作り出してくれます。賑わうキャンプ場において、仕切りのないプライベートな空間を作り出せる数少ないアイテムでしょう。

オイルランタンに必要なアイテム

オイルランタンを使用するにはランタン本体以外に次の2つのアイテムが必要です。

オイルランプ用替え芯

オイルランタンの芯棒となるパーツです。芯棒は燃焼と共に消耗していきますので、予備含めて常に携帯しておきましょう。購入時はサイズ等に注意してください。

(画像出典:Amazon)

パラフィンオイル

オイルランタン用の燃料で、レインボーオイルという名称でも販売されています。灯油に比べて不純物が少ないため、ススの発生を抑えることが出来ます。

(画像出典:Amazon)

LEDランタンに比べると扱いに注意が必要なギヤですが、メンテナンスの必要はほぼなく、ちょっとだけ手を掛けられると考えると愛着の湧いてくるビギナーにもおすすめのランタンです。

厳選 オイルランタンの紹介

銀の船

卓上オイルランプ

シンプルな造りのオイルランタン。レトロな形のオイルタンクがクリアガラス製のため、オイルの量が可視出来ると共にオイルの色を変えることで様々な雰囲気を楽しむことが出来ます。

サイズ Φ10.5×H31.5cm
重量 450g

(画像出典:Amazon)

DIETZ / デイツ

ハリケーンランタン

オイルランタンと聞いてハリケーンランタンを想像する方は多いのではないでしょうか。暴風の中でも使用できる構造は、数あるランタンの中でも優れた特徴です。サイズ、カラー共にバリエーションが豊富なため、用途やスタイルに合わせて選べるところも嬉しい。

サイズ 15×13×H26.5cm(78)
重量 500g

(画像出典:Amazon)

FEUERHAND / フュアーハンド

フュアーハンドランタン

ドイツのフュアーハンド社が作るオイルランタン。DEITS社のハリケーンランタンと構造や使い方は同等でカラーバリエーションにも富んでいます。ヒマラヤ遠征や航海、軍隊等でも使用される実績のあるランタンです。

サイズ 15×26cm
重量 520g

(画像出典:Amazon)

E.Thomas & Willams社

MINER’S OIL LAMP

マイナーランプは炭坑夫の命を支えてきた画期的なオイルランタンです。母国英国では皇室へ献上されるほどの品質と伝統を備え、日本では天空の城ラピュタのパズーが炭坑で使用していたとして有名です。細部までこだわった造りは見ているだけでも満足する程ですが、風にも強く実用性もしっかり備えた逸品です。

サイズ Φ8.8×H26.4cm
重量 1.18kg

(画像出典:Amazon)

銀の船

マイナーランプ レプリカ

マイナーランプのレプリカモデル。細かな仕様や構造に違いはあるが、ずっしりとした重量感と美しい装飾は十分に満足できます。本家に対して3分の1程度の価格で購入できるため、入荷と売切れを繰り返す人気のランタンです。

サイズ Φ8.8×H22.5cm
重量 1.07kg

(画像出典:Amazon)

焚き火やランタン等、火を使うギヤはキャンプの醍醐味でもあります。利便性だけでなく、より上質なキャンプライフに出合うためのひとつのアイテムとして、オイルランタンはおすすめのアイテムなので是非試してください。