10/21はオリオン座流星群☆GoProの準備を! >>click

聖火を守るパズー愛用のランタン。マイナーランプとは?

Topics

1986年に始まった現在のオリンピック。その前身となる古代オリンピックは紀元前にも遡ると言われています。そんな歴史のあるオリンピックの聖火を守り続けているもののひとつにマイナーランプがあります。

今回はアウトドアの前身ともいえる環境で作られたマイナーランプについて紹介しましょう。

マイナーランプの歴史と構造

マイナーランプは1800年初頭に英国で開発された炭鉱夫のためのオイルランプです。マイナーランプが開発される前はロウソクの灯を明かりに使用していましたが、相次ぐ炭坑爆発から炭鉱夫を守るためにマイナーランプが開発されました。

マイナーランプは、オイルタンクと芯棒から成る本体部の上部に通気を制限する金網が設置され、更に上部以外は空気が流入しないように密閉された独特な構造をもつオイルランプです。上部の金網は燃焼のための酸素を吸い込むと共に、金網の外へ燃焼熱を伝えない役割があります。これにより炭坑内に引火性ガスが漂っても爆発燃焼を引き起こすことがありません。

更に金網から酸素と共に引火性ガスを吸い込み燃焼させることで、灯の色や大きさの変化で引火性ガスの発生を検知する事が出来るようにもなっています。

炭鉱夫にとって生命線となるマイナーランプは、炭鉱における革命的なギヤのひとつとなりました。

パズーの命を守るマイナーランプ

炭鉱夫として有名な人物(架空)と言えば天空の城ラピュタの主人公パズーですね。マイナーランプはパズーが愛用しているランタンとしても知られています。

ラピュタの数ある名シーンの中でマイナーランプが登場するのはやはり炭坑の中です。ムスカとドーラに追われる序盤のシーン。炭坑列車の陸橋が崩れてパズーとシータが炭坑に落ち、飛行石が輝いたあの名シーンの後、炭坑内を照らすのがマイナーランプです。恐怖と暗闇の中でも温かく包み込むランプの灯は、アウトドアでは欠かせないものです。

オリンピックの聖火を守るマイナーランプ

マイナーランプはオリンピックの重要な役割をも担っています。オリンピックの聖火はギリシャアテネから開催の地へと運ばれますが、その道中でマイナーランプは活躍しています。

火器の持ち込みが禁止されている飛行機の中においても、マイナーランプは人知れず聖火と共に機内の安全を守っています。マイナーランプへの信頼の高さが窺えます。

レプリカについて

炭坑作業における革命的なギヤであったマイナーランプですが、現在では高い品質と優れた装飾が評価され、贈答品としての需要が高まっています。時代の移り変わりにより、堅牢で安全な事から細部まで作り込まれた装飾品としての価値の方が高くなってきています。本来のマイナーランプの使い方から装飾品としての価値に重点を置いたものも登場し、これはレプリカとして市場に出ています。もちろんレプリカもランプとして使用することは可能ですが、本来の安全性や使い勝手においては劣りますので注意が必要です。

代表的なレプリカの見分け方はシリアルナンバーの有無です。

レプリカにはエンブレムへのシリアルナンバーの刻印は許されていませんので、本来のマイナーランプをお求めの場合はシリアルナンバーが刻印されていることを確認しましょう。

その他、芯の出量を調整する機構の有無など構造上の違いもありますが、製造メーカーや年代にもよるため、心配な場合はお店の人とコミュニケーションをとって確認しましょう。

マイナーランプはどこで買える?

最後にマイナーランプの購入先についてです。本場英国でなくても購入可能なので、気になった方はチェックしてみてください。

E.Thomas & Willams社

MINER’S OIL LAMP

1860年以来、オイルランプを専門に作り続けているE.Thomas&Willams社のマイナーランプ。イギリス皇室へも献上されたことのある高い品質と信頼性が特徴。高級感のある重みと真鍮の質感は、使えば使う程に馴染み、愛着が沸くことでしょう。

サイズ Φ8.8×H26.4cm
重量 1.18kg

銀の船

マイナーランプ レプリカ

ずっしりとした重量感と美しい装飾は、レプリカとは思えない高級感があります。ランプとしての使用は可能ですが、火力調整時は芯棒自体を出し入れする必要があります。手間を掛ける楽しみがあると捉えれば、アウトドアでも大活躍することでしょう。

サイズ Φ8.8×H22.5cm
重量 1.07kg

優しくゆらめく暖かい灯を、アウトドアライフに取り入れてみてはいかがでしょう。

(画像出典:Amazon)