USパップテントがこの値段?!BUNDOKの軍幕が2万円代で発売中!急げ>>click

ソロキャンするならまず選べ!男心をくすぐるソロ用焚火台10選

Gears

ひとりの時間を様々な視点で見つめられる、異質な魅力のあるソロキャンプ。自分好みのギヤを好きなだけ使い倒せる喜びと共に、自然の偉大さや感謝を感じられる清らかな時間でもあります。

そんなソロキャンプで大切にしたい事は自然との共存です。立つ鳥跡を濁さずという言葉のように、自然への影響を考えた活動が必要で、そのための重要なギヤが焚火台です。

今回はソロキャンプの精神を支えるソロ用焚火台を紹介します。

ソロ用焚火台とは

焚火台とは、焚火を行うための、主に金属で出来た台座です。形は様々な種類がありますが、薪や炭などを抱え込む形状をしています。

焚火台の役割は、火元や高熱から地面を守り、炭などの廃棄物が地面に落ちないようにすることです。地面で直接火を起こしたり、焚火の高熱が地面に伝わるような環境では、周囲の草花や微生物、生き物などが死滅し、更に炭などの廃棄物が地面に残されると分解されずに長期間自然を汚染することになります。

多くのキャンプ場では直火が行えなくなってきていますが、どんなシチュエーションであれ、火を起こす時には焚火台を使用することがキャンパーのエチケットになっています。

焚火台は自然への優しさの中で生まれた道具で、特に自然に近いソロキャンプでは必須のギアです。しかし、ファミリーキャンプと違いソロキャンプでは荷物の制限などもあるため、通常の焚火台とは異なる視点での選定も必要です。特に重要視されるスペックは携帯性です。コンパクト且つ軽量であることはソロキャンギヤの優先スペックです。

そこで今回は、外観と使い勝手と共に、携帯性にも着目してソロ用の焚火台を厳選紹介しましょう。

厳選 ソロ用焚火台の紹介

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン

フラット焚き火台

詳細を確認 >>
ワンタッチで開閉できるステンレス鋼板製の焚火台。十分な厚みが強度を支える反面、重量が嵩むため運搬方法が限られる。重量を除けばコンパクトな収納とデザイン性が魅力的な焚火台です。

定価:¥4,980+税

公式ページでチェック

サイズ 325×325×H195mm
材質 ステンレス430
収納サイズ 500×260×35mm
重量 2,500g

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

LOGOS / ロゴス

ピラミッドグリル・コンパクト

詳細を確認 >>
ロゴスのピラミッドグリルのコンパクトサイズ版。しっかりした造りに加え、コンパクトな収納性が特徴。焚火台としてもグリルとしても利用できる。

サイズ 190×190×150mm
材質 ステンレス、スチール
収納サイズ 240×185×35mm
重量 1,000g

(画像出典:Amazon)

BUNDOK / バンドック

ステンレスポータブルグリル

ポケット収納型のグリル。持ち運びも収納も手軽で、手軽にBBQが楽しめるアイテムです。

サイズ 310×220×200mm
材質 ステンレス(本体)、スチール(網)
収納サイズ 310×60×215mm
重量 1,780g

(画像出典:Amazon)

North Eagle / ノースイーグル

ステンミニBBQ

詳細を確認 >>
ミニサイズのBBQコンロ。水洗いしたいグリルがオールステンレスなのは嬉しい。小さく畳めるわけではないが、内部に燃料や備品を入れて持ち運べば 全体的なサイズはそれ程大きくならない。

サイズ 233×165×165mm
材質 ステンレス(本体)、スチール(脚、網、ロストル)
収納サイズ 233×165×95mm
重量 600g

(画像出典:Amazon)

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

カマド スマートグリル B6型

詳細を確認 >>
ツーリングのお供として定番のコンパクトグリル。本体が風防となるため火の管理が行い易い。調理に特化した構造のため、グリルとしての使用が適している。

サイズ 200×125×180mm
材質 ステンレス(本体、灰受け)、スチール(ゴトク、アミ、目皿)
収納サイズ 200×125×35mm
重量 760g

(画像出典:CAPTAIN STAG)

DOD

秘密のグリルちゃん

詳細を確認 >>
使い勝手とコンパクト収納が両立したグリル。セッティングも短時間で行える。調理中でも薪足しが行え使い勝手も良い。

サイズ 340×300×180mm
材質 ステンレス
収納サイズ 300×70×50mm
重量 590g

(画像出典:DOD)

UNIFLAME / ユニフレーム

ファイアスタンドⅡ

詳細を確認 >>
網目0.96mmの特殊耐熱鋼メッシュを4本の脚が支える焚火台。メッシュ下から酸素が絶え間なく供給されるため燃焼効率が良い。巻いてたためるコンパクトな収納性と僅か490gの重量が魅力の焚火台です。

サイズ 400×400×H300mm
材質 特殊耐熱鋼FCHW2、ステンレス
収納サイズ Φ60×570mm
重量 490g

(画像出典:UNIFLAME)

STC

picogrill 398 mit Spiessen / ピコグリル398

詳細を確認 >>
Youtubeでも人気のピコグリル。華奢なフレームにも拘わらず、大きな薪もしっかり置ける頼れる強度を備えます。堅牢にも拘わらずコンパクトで軽量な収納力は、バックパッカーを強く惹き付けます。

サイズ 385×260×H245mm
材質 ステンレス
収納サイズ 335×235×10mm
重量 450g

(画像出典:Amazon)

Maxboost / マックスブースト

フォールディングウッドストーブ

携帯性に優れたウッドストーブは、煙突効果で強い火力を生み出す調理器具。落ち葉や枝でも調理に必要な熱量が作り出せるため、トータル重量としてかなり軽量化が図れる。

サイズ 165×165×180mm
材質 ステンレス
収納サイズ 170×185×10mm
重量 505g

(画像出典:Amazon)

SOTO / ソト

Tetra / テトラ

詳細を確認 >>
更に小型のウッドストーブ。小型軽量を追求したULギヤのひとつだが剛性も高い。固形燃料用の風防としても利用価値が高い。

サイズ 88×88×79cm
材質 ステンレス
重量 125g

(画像出典:Amazon)

焚火台は自然の保護という視点でも重要なギヤです。然しながら焚火台だけでは完全に遮熱を行うことは困難です。焚火を行う場合には場所選びにも注意し、安全に、クリーンに焚火を楽しんでください。