なぜか欲しくなる!男心をくすぐるミニ焚火台7選

Gears

ひとり用サイズの小さく無骨なアウトドアギヤは、例えソロキャンプに行かなくてもなぜか欲しくなるものです。
サイトの片隅でひっそりと落ち葉を燃やしたり、子供の着火練習に使ったり、もちろんソロキャンプのお供にも 手軽に使え楽しめるアイテムとして、手にすればよりアウトドアが楽しくなることでしょう。

この記事では、男心をくすぐる小さな焚火台やコンロを紹介します。

小さくても頼もしい。ミニ焚火台・コンロ

多くのキャンプ場で直火が行えなくなり、キャンプで焚火台やコンロ、グリルは必需品となってきています。自然に優しく安全に火を扱うためには大切な道具でもあり、キャンプで料理をする場合には欠かすことが出来ません。そんな焚火台やコンロですが、ソロで使用する場合や手軽に利用する場合には小さなサイズのものがおすすめです。最小限の燃料で必要な火力が得られ、また片付けも簡単なため使用後のストレスも極小です。空いた時間についつい触りたくなる、そんなミニサイズの焚火台やコンロを紹介します。

厳選 ミニ焚火台・ソロコンロの紹介

LOGOS / ロゴス

ピラミッドグリル・コンパクト

ロゴスのピラミッドグリルのコンパクトサイズ版。しっかりした造りに加え、コンパクトな収納性が特徴。焚火台としてもグリルとしても利用できる。

サイズ 190×190×150mm
材質 ステンレス、スチール
収納サイズ 240×185×35mm
重量 1,000g

(画像出典:Amazon)

DOD

秘密のグリルちゃん

収納性で敵うものはないという程コンパクト且つ軽量な焚火台。セッティングも一瞬で行える。調理中でも薪足しが行え使い勝手も良い。

サイズ 340×300×180mm
材質 ステンレス
収納サイズ 300×70×50mm
重量 590g

(画像出典:DOD)

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

カマド スマートグリル B6型

ツーリングのお供として定番のコンパクトグリル。本体が風防となるため火の管理が行い易い。焚火台としては向いていないが、調理に特化している分使い勝手が良い。

サイズ 200×125×180mm
材質 ステンレス(本体、灰受け)、スチール(ゴトク、アミ、目皿)
収納サイズ 200×125×35mm
重量 760g

(画像出典:CAPTAIN STAG)

North Eagle / ノースイーグル

ステンミニBBQ

ミニサイズのBBQコンロ。水洗いしたいグリルがオールステンレスなのは嬉しい。小さく畳めるわけではないが、内部に燃料や備品を入れて持ち運べば 全体的なサイズはそれ程大きくならない。

サイズ 233×165×165mm
材質 ステンレス(本体)、スチール(脚、網、ロストル)
収納サイズ 233×165×95mm
重量 600g

(画像出典:Amazon)

BUNDOK / バンドック

ステンレスポータブルグリル

ポケット収納型のグリル。持ち運びも収納も手軽で、手軽にBBQが楽しめるアイテムです。

サイズ 310×220×200mm
材質 ステンレス(本体)、スチール(網)
収納サイズ 310×60×215mm
重量 1,780g

(画像出典:Amazon)

Maxboost / マックスブースト

フォールディングウッドストーブ

携帯性に優れたウッドストーブは、煙突効果で強い火力を生み出す調理器具。落ち葉や枝を燃料とすることで、持ち物や出費を抑えることが出来る。

サイズ 165×165×180mm
材質 ステンレス
収納サイズ 170×185×10mm
重量 505g

(画像出典:Amazon)

SOTO / ソト

Tetra
テトラ

更に小型のウッドストーブ。小型軽量を追求したULギヤのひとつだが剛性も高い。固形燃料用の風防としても利用価値が高い。

サイズ 88×88×79cm
材質 ステンレス
重量 125g

(画像出典:Amazon)

小さなサイズでも使用後は熱くなっていますので、取扱いには注意しましょう。