新作YouTube動画『大きな秋の樹の下で - 後編 - 』公開!>>click to check

王道から個性的スタイルまで。団欒に最適なアウトドアテーブル9選

Outdoor Gears

キャンプやピクニック、ウッドデッキや家の中など、団欒の中心にいつもあるのはその場に適したテーブルです。何気なく置かれたテーブルには、気付けば人が集まり物が置かれ、言葉や笑いが飛び交います。

この記事ではアウトドアに最適なアウトドアテーブルを紹介します。

アウトドアテーブルの特徴と選ぶ時のポイント

団欒の中心となるテーブルには、強度やサイズと言った使い易さだけでなく、場の雰囲気に適した素材や外観なども大切です。

アウトドアでもインドアでも、テーブルの選択基準には共通の内容が多いですが、アウトドア用のテーブルにはインドア用には必要のない特徴もあります。それは紫外線や雨に対する対候性能や、コンパクトな収納性や設置、撤収のし易さなど、アウトドアだからこそ考慮しなければならない構造や工夫です。

これらを加味してアウトドアテーブルを選ぶ時のポイントを並べてみましょう。

アウトドアテーブルを選ぶ時のポイント

アウトドアテーブルを選ぶ時に確認すべき仕様は次の5つです。

  • 素材
  • 構造
  • サイズ
  • 収納サイズ
  • 重量
素材

アウトドアテーブルは主に天板(テーブルトップ)とフレーム(脚)の部分から成ります。特に雰囲気や料理の見栄えに影響するテーブルトップの選定はとても重要です。

テーブルトップの選定では、見た目以外にも素材にも注意が必要で、それぞれ特徴を理解し選択する必要があります。

例えば木材の場合、自然に溶け込み易く主張し難いため様々な雰囲気に合わせ易くなりますが、水や雨などに弱く、表面強度も低いため傷つきやすいという特徴があります。また、表面の処理方法にもよりますが、定期的な塗装やニス塗りなどが必要になります。

アルミ材は軽量で水に強く、汚れをそのまま水洗いすることも出来ます。メンテナンスもほとんど必要ありませんが、強度が低いため分厚く傷付きやすい特徴があります。

ステンレスを用いたテーブルもあります。ステンレスは錆び難く強度も高い金属ですが、重量が重く、擦り傷が目立ちやすい特徴があります。

テーブルトップとフレームで材質を変えてあるものもあるため、それぞれの素材の特徴を把握し選択すると良いでしょう。

サイズ、構造、重量

テーブルのサイズや構造は、使う人数に合わせたものである必要がありますが、アウトドアでは収納時のサイズや重量も大切な要素になります。テーブルの構造により収納時の形が異なるため、積載場所なども確認して選択しましょう。

厳選 アウトドアテーブルを紹介

それではアウトドアに適したおすすめのテーブルを紹介します。

snow peak / スノーピーク

ワンアクションテーブルロング竹

清潔感と美しさのある竹を天板に使用した、バタフライ型のシステムテーブル。天板を開くだけで脚が飛び出す画期的な機構は、サイト設営の負担を軽減します。アルミパイプのフレーム部は汚れや水に強いため、雨天時でも安心して使用出来るでしょう。

サイズ W72×D121.5×H66cm
収納サイズ 36×121.5×9cm
重量 13kg

(画像出典:snow peak)

Coleman / コールマン

コンフォートマスターバタフライテーブル/120

シックな色合いが大人の雰囲気を作り出すコンフォートマスターシリーズのバタフライ型システムテーブル。すっきりした脚部の構造は、足元に快適な空間を確保します。3段階の高さ調整機構は、ロースタイルにもハイスタイルにも適応します。安定感に加え軽量なのも特徴でしょう。

サイズ W70×D120×H70/60/44cm
収納サイズ 36×120×9cm
重量 5.7kg

(画像出典:Coleman)

TENT FACTORY / テントファクトリー

2WAYロールトップテーブル

食卓を際立たせる黒が特徴的なアルミのロールトップは、べたつく汚れも水洗いできるダイニングに最適なシステムテーブル。フレームはスチールのため若干重量がありますが、その分安定性が増しています。2段階に高さが調整出来るためハイ/ロースタイルの両方に対応します。別売りのメッシュボックスを使用すれば収納性も向上します。

サイズ W70×D124×H40.5/70cm
収納サイズ 75×25×21.5cm
重量 7kg

(画像出典:Amazon)

Coleman / コールマン

ナチュラルウッドロールテーブル クラシック(110)

アルミのフレームに木製のロールトップが組み合わされた、雰囲気と対候性に優れたアウトドアテーブル。2段階の高さ調整機構を備えます。コンパクトな収納サイズと軽量な構成は、手軽に持ち運べるため使い勝手がグッド。

サイズ W112×D70×H40/70cm
収納サイズ 19×20×70cm
重量 5.3kg

(画像出典:Coleman)

Hilander / ハイランダー

ロールトップテーブル2(ウッド)

トップ、フレーム共に木製のロールトップテーブル。優れたデザイン性に加え、しっかりした造りとコンパクトな収納性を備えています。魅力的な価格とカントリー調によく合うデザインが多くのキャンパーの心を惹きつけます。

サイズ W90×D60×H43cm
収納サイズ 11×15×91cm
重量 7kg

(画像出典:Naturum)

LOGOS / ロゴス

グランベーシック カーボントップカウンター

カーボンハイブリッド材をテーブルトップに使用し、フレームをアルミで構成することで圧倒的な軽さを実現したロゴススタイルなハイテーブル。2段階の高さ調整機構を備えるため、スタンダードなスタイルでのダイニングテーブルとしても活用出来ます。中央にスパイダーフレームを配置しないことで、足元に空間ができ座った時にフレームが邪魔になりません。

サイズ W153×D62×H66/100cm
収納サイズ 74.5×25×15cm
重量 6.7kg

(画像出典:LOGOS)

ogawa / 小川

3ハイ&ローテーブル ロング

ハイ、ミドル、ローの3段階に高さ変更が行えるワイドサイズのテーブルです。剛性の高いアルミフレームと汚れに強いアルミテーブルトップの組合せで、耐久性、耐候性に優れます。テーブルトップにはウッド調のプリントが施されており、ナチュラルなアウトドア雰囲気にも合わせやすいでしょう。

サイズ W100×D81×H35.5/50/60cm
収納サイズ 100×40.5×9.5cm
重量 6.1kg

(画像出典:ogawa)

CAPTAIN STAG / キャプテンスタッグ

CSクラシックス ヘキサグリルテーブルセット

台形型の組立テーブルが6台セットになったヘキサグリルテーブルセット。置き方や工夫次第でいろいろな楽しみ方が出来ます。汚れも味わいに感じられる天然木のテーブルは、少数から多人数まで様々なシチュエーションに対応します。

サイズ W137×D120×H27cm
収納サイズ 80×20×20cm
重量 14kg

(画像出典:CAPTAIN STAG)

ONOE / 尾上

マルチファイヤーテーブルⅡ

アイアンメッシュテーブルが4台セットになった組合せテーブル。フィールドに近く、焚火を身近に囲めるマルチファイヤーテーブルは、自然をより感じられるスタイルを作り出します。熱したものを直接置けるところもグッド。

サイズ W100×D100×H27cm
収納サイズ 83×17×10cm
重量 9.0kg

(画像出典:Naturum)

見た目やスタイルにこだわり抜いたテーブルは、あなたと共に集う全ての仲間のアウトドアライフを快適にすることでしょう。