solo camp

Outdoor Gears

ULから野営まで。個性的なミニマムテント『ビビィサック』6選

多様化するキャンプスタイルの中で「コアなキャンプスタイル」を追求するキャンパーが増えています。特にソロキャンプでは自らが満足できる自由なスタイルが選択出来るため、個性的なギアにも注目が集まっています。今回は寝袋型シェルターという軽量且つ個性的なビビィサックを紹介しましょう。
Outdoor Gears

僅か50gに満たないウルトラライトなテーブル『FR-ULT /FIELD RECORD』

快適な山行や身軽なハイキングには荷物の軽量化が重要です。しかし軽量化のためにギアを減らすことは快適から逆行する場合もあります。テーブルの携行はこれを代表する議論のひとつですが、軽くて場所を取らないULテーブルならば両立も可能でしょう。今回は50g未満のウルトラライトなテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー向け軽量コンパクトテーブル『フィールドカイト /SOTO』

バーナー技術から生まれたアウトドアブランド「SOTO(ソト)」。中でもフィールドホッパーは、唯一のガジェット感を武器にソロテーブルにおける不動の地位を確立しています。今回紹介するギアは同じ「フィールド」を引き継ぐ軽量テーブルです。ULを捉えたハイカー向けのコンパクトテーブルの詳細を紹介しましょう。
Outdoor Gears

2役を兼ねるULの真骨頂『スリーピングギア /FIELD RECORD』

キャンプギアの中でも大きなウェイトを占めるスリーピングギア。シュラフは勿論のこと、マットの選択でも携行性と寝心地とのバランスは頭を悩ませます。ULの基本はひとつのギアでふたつ以上の役割を熟すこと。マットでもこの思想は重要です。今回は2役を兼ねるマットを含む「スリーピングギアセット」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

サブザックやデイユースに最適。容量20LクラスのULデイパック8選

容量20Lクラスのザックは多様な用途に対応するコンパチブルなザックです。日帰りハイクから山小屋泊登山、アタックザックとしてのサブ用途など、デイパックと位置付けられる小型のザックは活躍の場に限りがありません。今回はデイユースにおすすめのウルトラライトなデイパックを紹介しましょう。
Outdoor Gears

テント泊対応30Lクラス。ULハイカーのためのULザック10選

荷物の増えるテント泊登山では、適した容量と共に負荷の少ないバックパックが不可欠です。負荷と重量は密接に関係するため、ザックの軽量化はハイカーの負荷軽減に大きく寄与します。今回はULザックの使用における注意点と、テント泊を伴う一泊山行に適した30~40LクラスのULザックを紹介しましょう。
Outdoor Gears

テント泊から縦走まで。40LクラスのULバックパックおすすめ8選

多くのハイカーにとって荷物が軽くなる事はメリットです。40~50Lクラスのザックはライトハイカーにおいてはテント泊を伴う2DAYハイクに、ULハイカーにとっては3DAYを超える縦走に対応する容量です。山行の重量負荷を削減できるULバックパックの特徴と人気モデルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

旋風を起こすUL風防。『Tornado flamer /エバニュー』

極薄チタン加工をコア技術とし、先進的なアウトドアギアの提供を続けるエバニュー。僅か0.3mmという極限の薄さで作られるギアは、UL志向問わず多くのハイカーを支援してきました。今回紹介するギアは、エバニューのコア技術と燃焼工学を組み合わせた新しいギアです。今より軽快な山行へと誘うニューギアを紹介しましょう。