solo camp

Outdoor Gears

チェアサイドに映える!NATURE TONESのスタンドテーブル

夕暮れの湖畔、霧立つ早朝。ほっとするひと時はキャンパーにとって至福の時間です。その至福の時間を濃く、エレガントに彩るギアはそう多くはありません。今回はチェアの傍らでさり気なく目を惹く、ガレージブランド「NATURE TONES/ネイチャートーンズ」のチェアサイドテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

待望のULチタンテーブル登場『Tiライト /BLUE MOON FACTORY』

何を持って行き何を置いて行くか。ウルトラライトにおいてテーブルの存在は悩みどころです。特に初めて訪れる場所は予測できないため、テーブルを携行する方も多いかと思います。そこで今回は携行負荷が少ない、ブルームーンファクトリーのコンパクトで軽量なチタン製ULソロテーブルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

ハイカー御用達。テント泊登山のためのウルトラライトなペグ6選

UL志向に限らず荷物を軽くすることは登山において重要です。特にテント泊登山ではベースウェイトの軽量化は体力の温存に大きく寄与し、安全な登山へと繋がります。軽量化の基本は持ち物の削減にありますが、欠かせないギアがあるのも確かです。今回はテントの設営に必要なペグの軽量化について紹介しましょう。
Outdoor Gears

【ASOBU新作】折畳式コンパクト薪ストーブ『EBOSHI』

2020年に誕生したアウトドアブランド「ASOBU/あそぶ」から、コンパクトな折り畳み式のウッドストーブ『EBOSHI/えぼし』が登場です。『IRORI/いろり』に続きギミックの利いたEBOSHIは、遊び心を刺激するギアです。火を作るだけに留まらない、EBOSHIの詳細を紹介しましょう。
Outdoor Gears

レトロで渋いオイルランタン『レイルウェイ・ケロシンランプ /Thous Winds』

雰囲気とガレージ感が魅力のオイルランプ。ほのかな香りと揺らめく炎がキャンプの夜を静かに照らします。オイルランプと言えばハリケーンランタンが主流ですが、今回はレトロ調が渋いレイルロード型のオイルランプを紹介します。レトロなオイルランプで、ヴィンテージキャンプを楽しんでみてはいかがでしょう。
Topics

『FireDragon』バイオエタノールで作られた無害な固形燃料

軽量コンパクトで熱量コントロールし易い固形燃料。煮炊きにおいても極小のギアで使用できるためUL系燃料の筆頭です。然しながら多くの固形燃料は臭いや毒性により携行性や取り扱いに難があります。今回はメタノールなどの毒性を気にする必要のない次世代の固形燃料を紹介しましょう。
Outdoor Gears

キャンプに最適!コンパクトで使い易いガスストーブおすすめ6選 

秋へと季節が移ろい、寒さに耐える時期が近づいてきます。キャンプ場ではシェルターや2ルームテントが増え、木枯らしから身を守る形態を取り始めます。それでも底冷えする体を温めるためには暖房器具が不可欠です。今回はCB缶やOD缶が使用できるガスストーブを紹介しましょう。
Outdoor Gears

結露と寒さから寝袋を守る!シュラフカバーの種類とおすすめ11選

季節が秋へと移るに連れ、夜間の冷え込みが始まります。春夏用の寝袋では保温力が不足し、温度差による結露で寝袋が濡れ、十分な休息が難しくなってきます。寒さ対策や結露対策には様々な方法がありますが、汎用性が高く軽量化にも繋がる方法として、今回はシュラフカバーを紹介しましょう。