鉄板料理には反り難く蓄熱性が高い分厚い鉄板がイイ!

Outdoor Gears

キャンプ飯の定番でもある『鉄板料理』。
その味を大きく左右すると言われる鉄板は、ずっしりと重い方が良いとされています。

重量のある鉄板は比例して蓄熱性に優れ、高い蓄熱性能は食材を美味しく焼き上げる特徴を持ちます。

今回は蓄熱性と美味しさとの繋がり、そして鉄板料理に適したおすすめの鉄板を紹介しましょう。

鉄板料理と鉄板

鉄板料理とは、加熱した鉄板の上で作る料理のことです。
ステーキなどの肉料理はもちろん、定番の焼きそばから野菜炒め、お好み焼きなど様々な料理がこの鉄板料理に当てはまります。

様々な料理に対応できる鉄板料理には炭火とはまた違った魅力があり、それらを存分に味わうためには十分な性能と品質を備えた鉄板が必要です。

鉄板料理に向いている鉄板とは

ではどのような鉄板が鉄板料理に向いているのでしょうか。

鉄板料理の基本は加熱調理です。

加熱調理は食材に熱を加える調理方法ですが、この時、食材への熱の加わり方が美味しさを左右すると言われています。

多くの食材はその食材に適した温度で加熱され続けると、食材内部に水分や旨み成分が留まり、ふっくらと美味しい料理になります。
しかし、加熱途中で食材の温度が低下すると、食材から水分と共に旨み成分が流れ出てしまいます。

つまり食材は加熱を始めたら出来上がるまで安定的に加熱を続けることが重要で、そのためには鉄板の蓄熱性能が深くかかわっています。

鉄板の蓄熱性

調理中の鉄板は常に温度変化の要因にさらされています。

アウトドアでは熱源である焚火の変化や、外気への放熱、そして食材への熱エネルギーの移動などがその要因で、特に食材投入時には多くの熱エネルギーが鉄板から奪われることになります。

奪われる熱エネルギーに耐え、必要な鉄板温度を保ち続けるには、蓄熱性の高さが必要です。
蓄熱性は鉄板の体積に比例し、それはつまり、鉄板の厚みが分厚い方が美味しい料理が作れるという事になります。

料理用鉄板を選ぶ時のポイント

料理用鉄板を選ぶ時に重要となるポイントは次の2つです。

  • 鉄板の厚み(板厚)
  • サイズ
鉄板の厚み

鉄板の厚みは蓄熱性能の代名詞です。

例えば焼きそばの調理を想像してください。
焼きそばは麺に水分を入れてほぐしながら炒めますが、蓄熱性が低い鉄板では水分を入れた途端に鉄板が冷え、麺が生煮えの状態となりべたべたした焼きそばになってしまったという経験は誰しも覚えがあるのではないでしょうか。

また中温で調理するステーキやお好み焼きでは、放熱と焚火の火力のバランスが取り難く、食材を焦がしてしまったという経験はありませんか。

熱量の出入りに対して鉄板の温度変化を少なくすることは美味しい料理を作る上で大切な要素で、そのために蓄熱性能に直結する板厚は重要です。

更に分厚い鉄板は熱による変形も防いでくれます。

鉄板は加熱/冷却により変形します。
変形(熱応力)に耐えるには鉄板自体の剛性が必要で、それはつまり、十分な板厚が必要という事になります。

これらのことから、料理用鉄板においては板厚は何よりも優先される要素です。

但し、板厚が厚ければ比例して重量が増しますので、サイズと板厚、そして重量のバランスがとれているものが最良の料理用鉄板ということになります。

サイズ

グループでキャンプをする場合、鉄板料理のメリットのひとつは、やはりたくさんの量を素早く調理出来るというところにあります。
特に小さなお子様のいるファミリーキャンプなどでは、焼き場とダイニングが離れているため一度に人数分の調理をし、皆で一緒に食べるスタイルが理想的だと思われます。

反対にソロキャンプでは、一人の分量に適したコンパクトな鉄板が扱い易く、そして鉄板を無駄に加熱する必要がありません。

食材の分量に適したサイズの選定が必要ですが、もうひとつ、使用するグリルやゴトクとの相性も重要です。

鉄板を火床の上に配置するにはゴトクやグリルに置きますが、鉄板はこれらにしっかりセット出来なければ調理どころではありません。
特にグループサイズの鉄板では調理中の負荷も大きいので、鉄板のサイズはグリルなどとの相性も確認が必要です。

厳選 料理用鉄板(ファミリーサイズ)

それでは蓄熱性に優れる、分厚い料理用鉄板の紹介です。
まずはファミリーキャンプやグループキャンプに適した、大きなサイズの鉄板から紹介しましょう。

MORIKAWA / モリカワ


ゼオール BQ90-01A

ZEOOR 極厚バーベキュー鉄板

極厚と銘打つバーベキュー鉄板。高い蓄熱量でどんな料理にも対応します。
板厚、サイズのレパートリーが豊富なので、必要な鉄板がきっと見つかるでしょう。

8,820

サイズ 510×350×35mm
板厚 6.0mm
重量 約7.8kg

(画像出典:Amazon)

MORIKAWA / モリカワ


ゼオール BQ90-01A

ZEOOR 極厚グリルプレート 蒸し焼き蓋セット

板厚4.5mmの極厚鉄板に蒸焼蓋が付いたセット品です。
ぴったりサイズの専用蓋が付いたことで、酒蒸しなど料理の幅が広がります。
焚火台との相性が良い、正方形の焼面も特徴です。

9,220

サイズ 330×280×35mm
板厚 4.5mm
重量 約3.0kg

(画像出典:Amazon)

Coleman / コールマン


クラシックアイアングリドル

フラットと波型エンボスの両方の面を備えた鋳物のグリルプレートです。
料理に合わせて焼面形状を選べるため、1台でもスタイルの異なる料理が楽しめます。

9,819

サイズ 510×265×25mm
板厚 約2.5mm
重量 約5.7kg

(画像出典:Coleman)

snow peak / スノーピーク


グリルプレート黒皮鉄板GR-006

スノーピークの焚火台グリルブリッジLに適合する、中型サイズの黒皮鉄板。
板厚は2.5mmで極厚とまではいきませんが、価格と重量のバランスが良い厚めの鉄板です。

4,950

サイズ 500×330×35mm
板厚 2.5mm
重量 約3.6kg

(画像出典:Amazon)

厳選 ソロ用鉄板

次は一人サイズの料理鉄板の紹介です。
ソロキャンプではもちろん、多人数時でも一品用や個人用鉄板として使えるためおすすめです。

冒険用品


ヨコザワテッパンA5

鉄板と言えばヨコザワテッパンと言われるほどキャンパーに愛されている鉄板。
ソロ用という分類は本来ではないかもしれませんが、ガッツリ素早く肉を食すならソロ向けのサイズでしょう。
使い方の自由度が高いシンプルな形も魅力のひとつです。

4,665

サイズ 210×148×5mm
板厚 5mm
重量 約1.0kg

(画像出典:Amazon)

UNIFLAME / ユニフレーム


クロテツ

KUROTETU

板厚4.5mmの極厚黒皮鉄板に、ハンドル用の穴と油溝が設けれたフラットタイプの鉄板。
フラットな焼面が食材を変形させることなく均一に加熱します。

3,880

サイズ 200×200×4.5mm
板厚 4.5mm
重量 約1.3kg

(画像出典:Naturum)

muraco / ムラコ


グリルタブレット

GRILL TABLET

板厚3.2mmのスタイリッシュな厚手鉄板。
表面は窒化処理により表面改質され、錆び難く傷に強くなっています。
鉄板はもちろん、ハンドルと専用ケースにもムラコらしさが光ります。

6,200

サイズ 247.5×177.5×3.2mm
板厚 3.2mm
重量 約1.25kg(ケース含む)

(画像出典:Rakuten)

Belmont / ベルモント


BM-287

極厚鉄板

板厚6mmの極厚鉄板は、高い蓄熱量で安定したムラのない加熱を行います。
プレート端に設けられた微妙な傾斜は、調理中の油ダレを防ぐと共に、余分な水分や油を流す際にも丁度良いフォルムです。

4,070

サイズ 210×150×6mm
板厚 6mm
重量 約1.5kg

(画像出典:Amazon)

FUTURE FOX / フューチャーフォックス


鉄板 縁あり

高い蓄熱性を備える板厚4.5mmの極厚鉄板。
全周にしっかりした縁が設けられているため、バーナー使用でも油垂れを気にする必要がありません。
作り込まれたアクセサリパーツも魅力的です。

5,980

サイズ 170×170×20mm
板厚 4.5mm
重量 約1.3kg

(画像出典:Amazon)

鍛冶屋の頓珍漢


Z180T9

ミガキ鉄板

高い蓄熱性を誇る焼面6mmの極厚鉄板。
彫り込まれた焼面が油垂れを防いでくれます。
表面は黒皮ではなく磨き加工が施されているため、熱伝導性が良くふっくらと焼き上げます。
別売りの専用蓋リッドクッカーを使用すれば蒸し料理も可能です。
他サイズも用意されているため、好みのサイズにも出合い易いでしょう。

5,980~

サイズ mm
板厚 mm
重量 約kg

(画像出典:Amazon)

UNIFLAME / ユニフレーム


ソロ鉄250

鉄板の上段に焼網を備えた2層型のシステム鉄板。
2種の料理を熱々のまま楽しめる斬新な鉄板で、焼網は取り外すことも可能です。
鉄板は厚み4.5mmで油垂れを防ぐ溝が施されています。
大きなステーキ肉でもはみ出さない快適サイズも特徴です。

3,900

サイズ 250×147×60mm
板厚 4.5mm
収納サイズ 250×147×30mm
重量 約1.45kg

(画像出典:UNIFLAME)

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン


男前グリルプレート

ひとりでじっくり焼き上げるのに最適なサイズの鋳物鉄板。
きれいな焼き色とヘルシーな焼き上げを実現する波型形状は、アウトドアの楽しみをまたひとつ加えてくれます。

2,178

サイズ 207×143×9mm
重量 約875g

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

UNIFLAME / ユニフレーム


ユニ鉄

鋳鉄で作られた日本製のグリル鉄板。
波型と平面のコンビ鉄板なので、ステーキと付け合わせを一度に作ることも出来ます。
焼き面より縁を立ち上げた形状は、調理中の油垂れを防いでくれ、グリルを汚れから守ってくれます。

4,500

サイズ 200×200×17mm
重量 約1.45kg

(画像出典:UNIFLAME)

BUNDOK / バンドック


BD-478

極厚 鉄板

6mm厚の極厚黒皮鉄板。
専用の蒸蓋がセットとなり、餃子などの蒸し料理も楽しめます。
ハンドルひとつで鉄板も蒸蓋も操作出来るため、扱い易いのも魅力です。

4,982

サイズ 260×180×15mm
板厚 6mm
重量 約2.56kg

(画像出典:Amzon)

鍛冶屋の頓珍漢


A280

ミガキ鉄板

全網タイプのミガキ鉄板。
黒皮鉄板に比べ錆び易いが、熱伝導率が良いためふっくらと焼き上げます。
6mm厚の高い蓄熱性能と、油や煙を通す網目が、ホルモンや魚を極上に仕上げます。

7,680

サイズ 281.5×181.5×6mm
板厚 6mm
重量 約1.72kg

(画像出典:Amazon)

ノーブランド


ステンレス製5ミリ焼肉プレート

5mm厚の全網型ステンレス鉄板。
錆びに強いステンレス鋼板なので、洗いや保管に手が掛かりません。
油を切り、スモークを味わえる鉄板です。

6,980

サイズ 280×180×5mm
板厚 5mm
重量 約1.5kg

(画像出典:Amazon)

バーベキューの本来の目的は、質の良くない肉でも美味しく食べることだそうです。
熱ムラなくじっくり火を入れられる分厚い鉄板は、BBQに最適なアイテムでしょう。