USパップテントがこの値段?!BUNDOKの軍幕が2万円代で発売中!急げ>>click

Gears

Gears

妥協のない、最大限のこだわりを。ULソロテント13選

ツーリングや登山、山岳キャンプなど、ひとりで出掛ける時のテントにはこだわりが強くなるものです。中でもバックパックで行動する時は、性能や見た目に加え 軽さやサイズも重要になります。この記事では軽さとコンパクトに秀でたウルトラ・ライト規格のソロテントを紹介します。
Gears

焚火をより快適にする7つの道具。

野営のひとつの楽しみでもある焚火。炎の揺らめきや空気の弾ける音を静かに聞くも善し、焚火を囲って仲間とワイワイしゃべり倒すのも善し、いずれにしろ焚火はアウトドアライフにおいて欠かせないイベントです。この記事ではそんな焚火をより快適に楽しむためのアイテムを紹介します。
Gears

冒険にはモーラナイフを!ナイフの種類と選び方を徹底解説

アウトドアナイフの中でも高い人気を誇るモーラナイフは、ビギナーからベテランまで万人の期待に応えるナイフですが、その種類の多さ故、初ナイフ選びは至難の業でもあります。今回は悩まずモーラナイフを選び抜くために、モーラナイフの種類と特徴をとことん掘り下げていきます。
Gears

【焚火に必要な3種の道具】おすすめの7つの焚火ギヤ

野営のひとつの楽しみでもある焚火。焚火は寒さを凌ぐためだけでなく調理で使用したり、ソロキャン時の安心材料としても行われますが、何よりも至福の癒しを与えてくれます。今回はそんな至福の時間を十分楽しむために必要な、三種の神器ともいえる3つの焚火ギヤを紹介します。
Gears

ソロキャンするならまず選べ!男心をくすぐるソロ用焚火台10選

ひとりの時間を様々な視点で見つめられる、異質な魅力のあるソロキャンプ。自分好みのギヤを好きなだけ使い倒せる喜びと共に、自然の偉大さや感謝を感じられる清らかな時間でもあります。そんなソロキャンプで大切にしたい事は自然との共存です。今回はソロキャンプの精神を支えるソロ用焚火台を紹介します。
Gears

キャンプの醍醐味をより楽しくするファイヤーグリルと焚火台9選

キャンプやBBQの必需品のひとつであるファイヤーグリル。BBQコンロとも呼ばれるグリルはダッチオーブンや燻製、ピザなど料理のレパートリーが増えるに従いグリル自体もどんどん進化してきました。この記事では定番のグリルから焚火台まで、火床ギヤの特徴とおすすめを紹介します。
Gears

鉄板料理には反り難く蓄熱性が高い分厚い鉄板がイイ!

アウトドアでの調理方法のひとつである鉄板料理。その味を大きく左右すると言われる鉄板。ずっしりとした重量の鉄板は、食材に一定温度の熱を与え続けるため、ムラのない調理を可能にします。この記事では鉄板料理に適した鉄板の特徴とおすすめを紹介します。
Gears

無機質なCB・OD缶を保護も兼ねたガス缶カバーでドレスアップ

使い勝手の良いガスカートリッジはアウトドアの燃料として多くの人に選ばれています。特にグランピングやオートキャンプでは手軽に使えるガス機器は重宝されますが、無骨すぎる見た目がおしゃれなサイトに似合わないという課題もあります。今回はそんな見た目を改善するアイテムを紹介します。
Gears

おしゃれキャンパー注目!インスタ映えする可愛いロッジ型テント10選

ワンポール型テントと並びインスタグラムで人気を博しているテントがロッジ型テントです。柔らかい色合いと懐かしい雰囲気が漂うロッジ型テントは、木製のファニチャーと快晴が良く似合うカントリースタイルの定番テントです。この記事ではインスタグラムにもよく映えるロッジ型テントを紹介します。
Gears

この開放感!NEMOから待望の二股アジャスタブルポール登場!

季節問わず使い倒せるツーポールシェルター。しかしこのツーポールシェルターには、ほぼ全ての人が感じる悩みがあります。その悩みには、アレンジやDIYでカバーしたり、時に我慢したり・・・。今回そのツーポールシェルターの悩みに対して、遂に本家が対策を取ってくれたので紹介しましょう。
Gears

夜を彩るLEDランタン の選び方とおすすめ13選

燃焼系ランタンと共にアウトドアで活躍するのがLEDランタンです。LEDランタンは燃焼系ランタンに比べ使い易く安全なため、ビギナーや子供でも安心して扱えるランタンです。この記事では子供でも安全に扱えるLEDランタンの選び方と、おすすめを紹介します。