ゼインアーツ2022年新作。LEDランタン『ジグ / ZIG』

Outdoor Gears

安全でコンパクトな灯りとして、LEDライトはライトハイカーやコアキャンパーなど幅広いユーザー層を持ちます。
中でも手の平サイズのライトは、その種類の多さだけでなく拡張ギアも豊富に揃えられ、ひとつの市場となっています。

多くのギアでひしめき合うLEDライト市場、その中に今夏、ゼインアーツはLEDランタン「ジグ/ZIG」を送り出します。

早速ジグの特徴を見ていきましょう。

【ZANE ARTS】ZIG / ジグ

ジグは、最大200lm/7hの高効率リチャージャブルLEDランタンです。

2480mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大光量200mlを7時間持続することが出来ます。

200lmは一般的には中容量の明るさで、ソロではメインランタンとして、グループではサブランタンとして活用できる光量です。

ジグの特徴

ジグの特徴は、ユーザー視点の機能と洗練されたフォルムにあります。

まず目を惹く白色のシリンダーは、ゼインアーツらしいスタイリッシュなデザインです。

点灯すると、暖色の柔らかい光がシリンダーに刻まれたロゴを浮かび上がらせます。
シンプルモダンな灯りは、ゼインアーツの斬新なスタイルの中で落ち着きを与えてくれます。

ジグの光源は上部のヒートシンクパーツに取り付けられたLEDリングにあり、リング内には4つのLED素子が設置されています。

4つのLED素子は、電源ボタンの操作により全点灯から3→2→1→全消灯まで明るさを切り替えることが可能です。

LEDリングから出る光は下方向に照射され、シリンダー側面を照らし、下部ファンネルまで届けられます。

シリンダ側面に当たった光は横方向に明かりを運び、周囲を照らします。

下部ファンネルに届いた光はテーパーを利用して下方に広がり、且つ拡散板を通ることで360°を効果的に照らします。

シリンダでの反射と下部ファンネルでの拡散により、ジグの周囲と下方は手元作業が出来るほど明るく照らされます。

次に電源について見てみましょう。

バッテリー リチウムイオンバッテリー
バッテリー容量 9.0Wh(3.65V、2480mAh)
充電時間 約3.5時間
充電可能温度域 0~35℃
外部接続 USB Type-C 5V/1.0A
ジグはバッテリー内蔵型LEDライトです。

容量2480mAhのリチウムイオンバッテリーで、満充電までおよそ3.5時間となります。

充電は付属のUSBケーブルを利用して行います。

ジグは1回の充電でおよそ7時間(最大光量200lm時)点灯します。

バッテリー残量は上部のインジケーターにて確認することが出来ます。

インジケーターは青色の3灯表示で、3灯で80%以上、2灯で50%以上、1灯で20%以上という設定です。
バッテリー残量が見えるのは便利ですね。

最後にアタッチについてです。

ジグはテーブル上に置いたり、ランタンフックに引っ掛けたりして使用しますが、底部に設けられたU1/4インチネジを利用してカメラ三脚などに取り付けることも可能です。

またこのボトムパーツはゴム製のため、落下時の衝撃緩和や設置の際の緩衝材にもなります。

場所を制限せず思いのままに照らすことが可能です。

まとめ

シンプルさの中にモダンでスタイリッシュなデザインが光るジグ。
主張せず、しかし存在感もしっかり備えた、正にアウトドア向けのライトです。
発売は7月上旬予定です。

ZANE ARTS / ゼインアーツ


ジグ

ZIG

4,983

7月上旬発売予定

サイズ φ44×104cm
材質 本体:樹脂
ヒートシンク:アルミニウム 
ボトム:ゴム
フック・ネジ:ステンレス
明るさ 最大200lm、3000ケルビン(暖色系)
電源 リチウムイオンバッテリー 18650タイプ
9.0Wh(3.65V、2480mAh)
照射時間 7~55h
使用可能温度域 -10~35℃
防水性能 IPX4
重量 約115g

(画像出典:ZANE ARTS)