GoPro最新機種HERO8 Blackが遂に発売!!詳細はここをクリック!

最強の寝袋マットはどれ?マットの性能を種類別に比較!

Topics

キャンプギヤの中でサブアイテムとして扱われがちな寝袋マット。直に寝るのは固いから・・・。キャンプの必需品になってるし・・・。というような理由で取敢えず選ばれることが多い寝袋マットですが、実は確実な寝心地を得るためにはマットの特徴をしっかり把握し妥協をしてはいけません。寝心地だけでなく耐久性や保護性能など考慮すべき点がいくつかあります。更にマットの種類によりメリット・デメリットが異なるため、選定にはしっかりとした検討が必要です。

この記事では寝袋マットの特徴を種類毎に確認し、その中でも最もおすすめするマットを紹介します。

寝袋マットとは

寝袋マットは寝袋(シュラフ)の下に敷くマットです。

寝袋の下に敷くマットと言っても特に就寝時だけ使用する訳ではなく、ソロキャンプではテントの床、つまりインナーマットとしても使われ、テント内での活動を快適にする役割も担います。この考え方はファミリーキャンプでも適用され、寝袋マットは寝心地を確保するためだけでなく、居心地を確保するためのアイテムになります。

「居心地を確保する」これが寝袋マットの役割ですが、それは単に寝心地や座り心地と言った感触だけの物ではなく、キャンプ生活そのものを充実させるという効果にまで発展します。この壮大な効果の理由は寝袋マットに備わっている機能をみていくと気付くことが出来ます。

寝袋マットの機能

寝心地や居心地という言葉ではなく、具体的な寝袋マットの機能を上げていきましょう。

  • 身体への物理的負担を軽減する
  • 室内と地面との熱の移動を防ぐ
  • テントのフロアを保護する

1つ目を言い換えるとクッション性です。テントを設営した場所が整えられた芝生の上か河原の砂利の上かによって必要度は異なりますが、多くの場合屋外でマットなしで過ごすのは酷です。硬かったりゴツゴツしていたり・・・。寝袋マットに最も期待する効果がこの不快感を取り除いてくれることでしょう。

2つ目は主に寒冷地でキャンプをする場合に期待される機能です。冷え切った地面からの冷気は薄い生地や寝袋だけでは防ぎきれません。寝袋マットが地面からの熱を遮断し、更に体温の吸収を防ぐことで寒冷地でも暖かく過ごすことが出来ます。

3つ目は寝袋マットのクッション性により、室内、或いは地面の突起からテントのフロアを守る機能です。砂利などの凹凸のある地面に敷かれたフロア上を人が移動すると、幕には多大なストレスが掛かり破損することがあります。寝袋マットが敷かれその上を人が移動すると、幕へのストレスが軽減され破損のリスクを減らすことが出来ます。

寝袋マットはテント内での休息の時間を充実させると共に、テントの破損を防ぎ無事キャンプを終えることが出来る安心感をも与えてくれる、正に居心地を提供するアイテムなのです。

寝袋マットの種類とメリット・デメリット

そんなキャンプの居心地を左右する重要な寝袋マットには、大きく3つの種類があります。

エアマット

エアマットとは、浮輪のような構造で、空気を入れて膨らませて使用するマットです。ビニール製の外郭の中は全て空気のため、空気を抜くとコンパクトに収納される特徴があります。

(画像出典:mont-bell)

重要なクッション性はエア圧により調整出来る特徴がありますが、マットの大部分がエアのため、どうしてもぶよぶよとした柔らかさが残ります。また、ビニールが破損するとリペアしない限り使い物にならないというデメリットがあるため、携帯性に優れてはいますがハードなシチュエーションには向かないとも言われます。近年は生地を分厚くすることで硬めのクッション性を実現し、更に破損に強いモデルも登場していますが、その分収納性は下がってしまっているため、メリットとデメリットのバランスが取り難いマットでもあります。

インフレーターマット

インフレーターマット(インフレータブルマット)とは、内部にウレタンフォームが内蔵された自動膨張型のエアマットです。

(画像出典:Coleman)

エアマット同様、外郭が空気で膨らむことでマットの形になりますが、インフレーターマットは内部にウレタンフォームが内蔵されており、このウレタンフォームがマットの形状に戻る力を利用して自動でエアを吸い込み膨張するという特徴があります。膨張したマットのクッション性は空気とウレタンフォームが作り出すため、エアマットに比べてしっかりとしたクッション性を保ちます。エア圧を調整すればクッション性を調整することが出来るのはエアマットと同様です。

収納時は空気を排出しウレタンフォームを圧縮することでコンパクト化します。但しエアマットに比べると収納サイズは大きくなります。

ウレタンフォームが入ることでよりしっかりしたクッション性が得られますが、エアマットと同様穴が開いた際には使い物にならないのが難点です。

フォームマット

フォームマットはポリエチレンなどの素材をフォーム状(スポンジ状)に加工したマットです。

(画像出典:mont-bell)

空気の層を作りながらも密度の高いフォームのため、これだけでしっかりしたクッション性を実現します。フォームが母体のため、穴や多少の破れが発生しても使用することが出来ます。また他マット同様空気の層による断熱効果に加え、サーマル処理が施された遮熱性の高いモデルも存在するため、過酷な環境下で最も頼りになるマットです。

デメリットは収納サイズの大きさですが、バックパックの中には収納場所が専用で設けられているものもあるため、マット自体の大きさはそれ程問題になることはないでしょう。

寝袋マットの性能比較

これまでの内容を表にして比較してみます。

エアマット インフレーター
マット
フォームマット
クッション性
断熱性
携帯性
耐久性

全てのキャンパー、全てのシチュエーションに対して当てはまる訳ではありませんが、多くの場合に参考となるでしょう。そしてこの表からも読み取れるように、様々なシチュエーションに対応する寝袋マットは「フォームマット」です。中でも遮熱処理がしっかり施されたフォームマットは”万能=最強”と言っても過言ではありません。

おすすめの最強寝袋マット

今回紹介する最強寝袋マットはもちろんフォームマットですが、中でも長年に渡り目新しい変化のなかったフォームマットにおいて、革新的な変化をもたらしたマットです。

NEMO / ニーモ

SWITCHBACK REGULAR
スイッチバック レギュラー

硬さの異なる2層のフォーム素材を組み合わせることで、より快適な環境を作り出せるフォームマット。高さのある独特なフォーム形状は、クッション性を確保すると共に厚い空気層を作り冷気をしっかり遮断します。片面にはサーマルフィルム処理(遮熱処理)が施されているため、寒冷地でも暖かさを確保します。

サイズ 51×183cm
厚さ 2.3cm
材質 発泡ポリエチレン
収納サイズ 13×14×51cm
重量 415g

(画像出典:NEMO)

寝袋マットはキャンプの良し悪しを左右する重要なアイテムです。それぞれのマットの特徴を理解し、スタイルやシチュエーションに適したマットを妥協することなく選びましょう!