SHELTER GとOrisonを実際に設営してサイズ感を比較!

Topics

際立つスタイリッシュさで巷を賑わす韓国発アウトドアブランド。
中でもMINIMAL WORKS(ミニマルワークス)とBACKCOUNTRY(バックカントリー)はトップクラスの注目ブランドです。

この2つのブランドを象徴する2つのシェルター「SHELTER G(シェルターG)」と「Orison(オリソン)」は、新しいシェルタースタイルを求めるキャンパーの注目を集めると共に、よく似たスペックのため選択に悩むシェルターでもあります。

今回はこの2つのシェルターを実際に並べて設営することで、サイズ感を細かく比較してみましょう。

シェルターGとオリソンの特徴

まずはシェルターGとオリソンの特徴を見てみましょう。
共にアウトフレーム構造のスタイリッシュなシェルターです。

【MINIMAL WORKS】SHELTER G / シェルターG

ミニマルワークスのシェルターGは圧倒的な解放感を特徴とする大型シェルターです。
前後に大きく開けた出入口が、爽快なパノラマビューを作り出します。

(画像出典:Rakuten)

サイズ W350×D300×H170cm
ファブリック 本体:Nylon40D/SIL
ルーフ:Poly 75D,TPU
耐水圧 2,000mm
ポール Duralumin
収納サイズ 25×65cm
重量 約6.4kg

カラーバリエーションはオリーブとタンの2色です。
ベンチレーションは2か所の大きな出入口の他、サイドに4か所、トップに2か所のベンチレーターを備えます。

【BACKCOUNTRY】Orison / オリソン

バックカントリーのオリソンは、軽量且つ高剛性を特徴とするアルパイン仕様のシェルターです。
オプションのインナーテントを用いることで、ダブルウォールテントとしても活用可能です。

(画像出典:Amazon)

サイズ W310×D320×H168cm
ファブリック ナイロンリップストップ20D Sil/Pu
耐水圧 2,500mm
ポール ジュラルミン7001-T6 9.5Pi
収納サイズ φ22×47cm
重量 約3.52kg

カラーはブラックのみ。黒で統一されたデザイン性も魅力です。
ベンチレーションは前後の出入口の他、側面に4か所(※)とトップに2か所のベンチレーターを備えます。
※最新モデルでは側面のベンチレーターは2か所に変更されています。

両シェルターとも、出入口はプレーンパネルのみ標準装備となります。
メッシュパネルを装着したい場合には、別途準備する必要があります。

シェルターGとオリソンのサイズ比較

シェルターGとオリソンのスペック上のサイズ値はよく似ています。

シェルターG

SHELTER G

W350×D300×H170cm

(画像出典:Rakuten)

オリソン

Orison

W310×D320×H168cm

(画像出典:Amazon)

サイズ値だけ見るとそれほど差がないように思えますが、実際には用途が異なると言える程の差があります。

実際に並べて設営した際の、正面からのサイズ感を見てみましょう。

※出入口の寸法は実測値、それ以外は仕様値です。

並べて比べてみると、仕様寸法値差以上のサイズ差を感じます。

それは張り方にもよるかとは思いますが、実測値と仕様値に差がみられのもひとつの要因で、幅内寸の実測値はシェルターG:350cm、オリソン:285cmと65cmもの差があります。

また、仕様値では2cm差の全高ですが、実感としてはもう少し差があるように感じます。
これは完全なアウトフレーム構造のオリソンに対し、シェルターGではフレームとスキンに隙間ができないスリーブ構造をとっていることも要因でしょう。
両シェルター共に大人が出入りするには屈む必要がありますが、室内の高さ方向の圧迫感はシェルターGの方が少なく感じます。

次にサイドからのフォルムです。サイズ比を概ね合わせた画像で見てみましょう。

サイドのフォルムから見受けられるように、オリソンが半円形に対してシェルターGは台形をしています。
接地面の寸法は実測値でオリソン:300cm、シェルターG:300cmと変わりありませんが、上方へ行くほどオリソンの方が狭まっていくため、シェルター内部と感じる空間には大きな差を覚えます。

スペック上の寸法値はよく似ていますが、室内空間の大きさには大きな違いがあるため、特に多人数での使用を想定している場合にはシェルターGがおすすめです。

まとめ

フォルムと構造、そして実測値との差異などを踏まえると、オリソンとシェルターGには仕様寸法以上の大きな差があります。

実感として、シェルター(リビングスペース)として使用する場合にはオリソンは2人まで、シェルターGは4人までが快適に過ごせるサイズ感で、
カンガルースタイルなど2ルームテントとして使用する場合には、オリソンは1人、シェルターGは2人が適した人数でしょう。
Orison SHELTER G
シェルター用途 ~2人 2~4人
2ルームテント用途 1人 ~2人

スタイリッシュなフォルムで人気急上昇中の2幕。
どちらも見た目と性能共に優れたシェルターであることに疑いありませんが、見た目の好みだけで選ぶのではなく、ソロ、デュオ、ファミリーなどの使用スタイルに合わせて選ぶことも大切です。

MINIMAL WORKS / ミニマルワークス


シェルターG

SHELTER G

118,800

サイズ W350×D300×H170cm
ファブリック 本体:Nylon40D/SIL、ルーフ:Poly 75D,TPU
耐水圧 2,000mm
ポール Duralumin
収納サイズ 25×65cm
重量 約6.4kg

BACKCOUNTRY / バックカントリー


オリソン

Orison

99,000

サイズ W310×D320×H168cm
ファブリック ナイロンリップストップ20D Sil/Pu
耐水圧 2,500mm
ポール ジュラルミン7001-T6 9.5Pi
収納サイズ φ22×47cm
重量 約3.52kg