【ONETIGRIS新作】野営系煙突テント『コニファー T/C』

Outdoor Gears

ミリタリー系アウトドアブランド「ONETIGRIS/ワンティグリス」。
野営感の漂う武骨な「住」ギアを中心に、キャンパーの支持を集めているブランドです。

今回紹介する「CONIFER T/C」は、アーミー感と共にスタイリッシュさを取り入れたONETIGRISの新作テントです。

見た目の斬新さだけじゃない、使い易さへの拘りを紹介しましょう。

【ONETIGRIS】コニファー T/C チムニーテント

コニファー T/C チムニーテント(以下コニファーTC)は、煙突ポートを備えたピラミッド型シェルターテントです。

(画像出典:ONETIGRIS)

ONETIGRISの特色でもあるミリタリー調野営感を備えながら、アシンメトリーを取り入れたスタイリッシュさも感じるシェルターテントです。

コニファーTCは4シーズンへの対応と居住性をコンセプトとしたシェルターテントで、独創的なフォルムだけでなく使い易さに拘った特徴がいくつも備えられています。

特徴

独特なフォルムのコニファーTCですが、ベースとなる型はAフレームのピラミッド型シェルターテントです。

Aフレームは二股ポールとも言われるフレーム構造で、2本のポールが頂点で連結された”Aの字”型のポールです。

(画像出典:Amazon)

ピラミッド型テントでは、1本のポールをメインポールとしてアウターを立ち上げる「ワンポール型」が一般的ですが、このポールの代わりにAフレームを用いることで中心にポールがなくなり、テント内の居住空間の行き来が格段に向上します。

コニファーTCではAフレームをフレーム構造のメインとすることで中央のデッドスペースがなくなり、ストレスフリーな出入りとファニチャーの自由な配置を可能にしています。

コニファーTCのベース型はピラミッド型ですが、均等の取れたピラミッド形状ではなく一角を切り取ったようなフォルムがコニファーTCの特徴です。

(画像出典:ONETIGRIS)

短いポールで立ち上げられた一角はベンチレーター(換気口)になっており、酸素の取り込みや湿気排出の役割を担います。

ベンチレーターはメッシュとプレーンの二重パネル構造で、虫の侵入を防ぎつつベンチレーションの調整が可能です。

下部のベンチレーターの他にピラミッド天頂部にも2か所ベンチレーターが備えられており、夏場の蒸し暑い空気は下部から上部へと排出される構造になっています。

(画像出典:Amazon)

ベンチレーションは、これらのベンチレーターの他、出入口の開放、更にはフロントパネルの跳ね上げにより大きく通気することが可能です。

(画像出典:ONETIGRIS)

(画像出典:ONETIGRIS)

特にフロントパネルを跳ね上げるフォームでは、太陽が照り付ける夏場や雨天時の活動範囲を広げ、タープがなくても快適な空間を十分に作り出すことが出来ます。

4シーズン対応

4シーズン対応をコンセプトとするコニファーTCは、ベンチレーション調整によるシーズン対応と共に、冬季には煙突をインストール出来るようストーブジャックを備えています。

(画像出典:ONETIGRIS)

ストーブジャックは煙突を設置するための取出口で、部分的に耐火性素材が使用されています。
煙突を使用しない場合はアウターと同じ生地でカバーすることが出来るため、外気との遮蔽と見た目の統一感を保つことが出来ます。
薪ストーブ使用時には一酸化炭素中毒など気を付けなければならないことがあります。
詳細はこちらの記事で確認いただけます。
冬キャンのシンボル「薪ストーブ」の取扱注意事項とおすすめ10選
冬キャンのシンボルとも言える薪ストーブはベテランギヤのひとつですが、誰しもがそのギヤに対して初めての時はあるものです。揺らめく炎に広がる木の香り、煙突から立ち上る煙は憧れのキャンプスタイルのひとつではないでしょうか。今回は薪ストーブの取扱方法とおすすめを紹介します。

冬季対応の機能としては、ストーブジャックの他にもスカートが設置されています。

スカートはフライと地面との隙間を防ぐ役割があり、北風や冷たい空気の侵入を防いでくれます。

また、雨天時には雫の跳ね返りを防ぎ、テント内を濡れから守る役割も担います。

(画像出典:ONETIGRIS)

スカートを使用しない時はフライの裾に留めておけるため、通気を促したり跳ね上げ時のバタ付きを抑制することが出来ます。

これらの冬季対策機能と共にベンチレーションの多様な調整が可能なコニファーTCは、4シーズンにおいて快適に過ごすことが出来るでしょう。

ファブリック

コニファーTCのファブリックにはT/C(通称ポリコットン)が採用されています。

Terylene Cotton
(65% Polyester 35% Cotton)

(画像出典:ONETIGRIS)

ポリコットンは通気性と防水性を備えたハイブリッド素材で、肌触りもよく丈夫さも備えます。

また高い遮光性と火の粉への強さも特徴です。

カラーはレンジャーグリーンで、質感共に軍幕のようなアーミー調にフィットします。

サイズ

サイズはW260×D260×H180cmで、総重量は約6.81kgです。

サイズ感としてはソロからデュオに適しています。

(画像出典:ONETIGRIS)

まとめ

コニファーTCはミリタリー系の雰囲気にスタイリッシュさも取り入れた斬新なテントで、特に気候や雰囲気に合わせてスタイルを変えられる自由度が魅力です。

また、見た目のカッコ良さだけでなく、使い勝手の面にも確かな拘りが感じ取れ、様々なスタイルのキャンパーにフィットするでしょう。

ONETGRIS / ワンティグリス


コニファー T/C チムニーテント

CONIFER T/C Chimney Tent

31,000

アウターサイズ W260×D260×H180cm
ファブリック T/C ポリコットン
耐水圧 400mm
収納サイズ 60×20cm
重量 約6.81kg

(アイキャッチ画像出典:ONETIGRIS)