日本の夕陽/YouTubeを公開しました!>>click to Watch!

野遊びとプライベートが繋がる、シェルターのあるキャンプスタイル

Topics

今回はオープンスペースとプライベートスペースがシームレスに繋がる、シェルターのあるキャンプスタイルを紹介します。

このスタイルは太陽や星空の元で開放的な野遊びを楽しみながら、プライバシーが気になる時にはすぐにプライベート空間に移ることが可能なスタイルなので、アウトドアでもがっつりくつろぎたい方や、小さな子供がいるファミリーキャンプにおすすめのスタイルです。

それではシェルターのあるキャンプスタイルにおすすめのアイテムを紹介しましょう。

シェルターのあるキャンプスタイルとは

シェルターのあるキャンプスタイルとは、シェルターがレイアウトの中心にあるキャンプスタイルです。

シェルターとは多くの人を収容することが出来るフロアレスのテントのことで、ドーム型やティピー型、フルスクリーンタープなどもシェルターになります。ヘキサタープなどのオープンタープと異なり、上だけでなく周囲も幕体で覆われているため、フロアのない大きなテントと考えれば相違ないでしょう。

シェルターがあることで野遊びをするオープンスペースと、周囲の目を気にすることなく過ごせるプライベートスペースをシームレスに繋ぐことが出来ます。ストレスフリーに繋ぐにはやはりフロアレスが非常に便利ですが、まだ上手く歩けない程の小さな子供がいる場合にはフロアを設置しても良いでしょう。

また、シチュエーションによって開放感をアレンジしたい場合には、側面パネルを開放出来るシェルターもあるためそのようなシェルターを選ぶのも良いでしょう。

どうしてもオープンタープよりは値が張りますが、その分利便性が高く快適なキャンプライフが送れるギヤです。

おすすめのシェルター

天候やシチュエーションによってシェルター内にどれだけのギヤを配置し、どれだけの人数を収容しなければいけないかは変わりますが、雨天時のキャンプを考えると少なくとも家族とリビングギヤは全てシェルター内に入る必要があります。

多くの物や人を効率的に配置しようと思うと、やはりドーム型のシェルターが最適でしょう。大小様々なギヤを配置しながら、出入口をある程度好きな位置に設けられるドーム型シェルターは、この上なく便利です。

アイキャッチ画像で使用しているシェルターはDODのファイヤーベースというシェルターになりますが、他にもいくつもドーム型シェルターはありますので、興味がありましたら下の記事をご覧ください。

グルキャンにおすすめ!団欒が主役になる大型ドームシェルター6選
キャンプでの団欒は一際大切な時間です。巷で密かに沸騰している大型シェルターは、そんな団欒の時間を程よく包み、且つ自然との調和をも実現する万能型のキャンプスタイルです。この記事では団欒をキャンプの中心に置くことが出来るドーム型シェルターを紹介します。

また、シェルターの機能とテントの機能を併せ持つ2ルームテントというギヤもあります。2ルームテントはテントとシェルターが連結しているテントで、屋外からシェルターへ、シェルターからテントへとシームレスに移動できる快適なテントです。シェルターとテントを両方張るよりも設営し易い点もメリットなので、シェルターのあるキャンプスタイルとしてはこちらもおすすめです。

ファミリーにおすすめの全天候に対応するツールーム型テント8選
ファミリーサイズのキャンプではテントとタープの組合せが基本のスタイルでしたが、近年様々なテントが発売されキャンプスタイルも多様化してきました。その中で人気のスタイルがツールーム型テントです。この記事ではファミリーキャンプに人気のツールーム型テントを紹介します。

まとめ

近年のキャンプブームの中ではキャンプ場でプライバシーを確保するのはなかなか難しくなっています。その点、シェルターは他のキャンパーの視線や焚火の煙なども簡単に遮ることが出来るので、繁盛期に人気のキャンプ場に行くのであればもはや必須のギヤかもしれません。

また陽射しだけでなく雨風もしっかり防ぐことが出来るので、急な悪天候でも濡れずに、凍えずにキャンプを続けることが可能です。

ファミリーキャンプではシェルターがあるだけで過ごし易さが段違いなので、特におすすめです。