Outdoor Gears

2役を兼ねるULの真骨頂『スリーピングギア /FIELD RECORD』

キャンプギアの中でも大きなウェイトを占めるスリーピングギア。シュラフは勿論のこと、マットの選択でも携行性と寝心地とのバランスは頭を悩ませます。ULの基本はひとつのギアでふたつ以上の役割を熟すこと。マットでもこの思想は重要です。今回は2役を兼ねるマットを含む「スリーピングギアセット」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

サブザックやデイユースに最適。容量20LクラスのULデイパック8選

容量20Lクラスのザックは多様な用途に対応するコンパチブルなザックです。日帰りハイクから山小屋泊登山、アタックザックとしてのサブ用途など、デイパックと位置付けられる小型のザックは活躍の場に限りがありません。今回はデイユースにおすすめのウルトラライトなデイパックを紹介しましょう。
Outdoor Gears

テント泊対応30Lクラス。ULハイカーのためのULザック10選

荷物の増えるテント泊登山では、適した容量と共に負荷の少ないバックパックが不可欠です。負荷と重量は密接に関係するため、ザックの軽量化はハイカーの負荷軽減に大きく寄与します。今回はULザックの使用における注意点と、テント泊を伴う一泊山行に適した30~40LクラスのULザックを紹介しましょう。
Outdoor Gears

テント泊から縦走まで。40LクラスのULバックパックおすすめ8選

多くのハイカーにとって荷物が軽くなる事はメリットです。40~50Lクラスのザックはライトハイカーにおいてはテント泊を伴う2DAYハイクに、ULハイカーにとっては3DAYを超える縦走に対応する容量です。山行の重量負荷を削減できるULバックパックの特徴と人気モデルを紹介しましょう。
Outdoor Gears

旋風を起こすUL風防。『Tornado flamer /エバニュー』

極薄チタン加工をコア技術とし、先進的なアウトドアギアの提供を続けるエバニュー。僅か0.3mmという極限の薄さで作られるギアは、UL志向問わず多くのハイカーを支援してきました。今回紹介するギアは、エバニューのコア技術と燃焼工学を組み合わせた新しいギアです。今より軽快な山行へと誘うニューギアを紹介しましょう。
Outdoor Gears

現役で購入できる!復刻版ヴィンテージアイロンストーブおすすめ5選

キャンプとヴィンテージとの相性は言うまでもありません。燃焼機器であるアイロンストーブもそのひとつで、ヴィンテージの味わいと重厚感、雰囲気はキャンプに厚みを加えます。しかし実際にヴィンテージ品を導入するにはハードルが高いのも事実。そこで今回はヴィンテージをリメイクした復刻版アイロンストーブを紹介しましょう。
Outdoor Gears

快適を携行しよう!ULグランドチェア『FR-CCF /FIELD RECORD』

登山やハイクでは携行負荷を考えチェアを持たない選択をするハイカーは多いでしょう。しかしテント場での時間が長い山行となると、その考えが覆ることも往々にあります。チェアの携行は移動距離と積載負荷のバランスに依ります。今回は携行負荷の少ないUL仕様のグランドチェア「FIELD RECORD / FR-CCF」を紹介しましょう。
Outdoor Gears

軽いだけじゃない!携行性を追求したキャンプ箸 /TOKYO CRAFTS

スタイリッシュなギアでキャンパーを魅了する東京クラフト。今回紹介するギアは、キャンプの”食”を支えるカトラリーのひとつ、箸です。携行性に優れる箸は市場に多く存在しますが、東京クラフトの創る箸は一味違い、コンパクトな収納性に加え男心をくすぐるガジェット感が唯一無二です。魅力を紹介しましょう。