YouTube『ソロキャンプ、湖上の朝霧』を公開! >>click to check

ガスバーナーを寒冷地仕様へ。ドロップダウンを防ぐ『パワーブースター』

Outdoor Gears

キャンプやハイクの燃料としてガスは多くのアウトドアマンが利用しています。

総合的にコンパクトに収納出来ること、手軽で安全に利用出来ることがガス機器の魅力ですが、寒い時期に火力が落ちるという弱点もあります。
この現象はドロップダウンと呼ばれますが、今回はドロップダウンを防ぐためのパワーブースターというギアを紹介しましょう。

ガス機器の弱点。ドロップダウンとは

ドロップダウンは低温下のガス機器に起こる性能低下現象です。

アウトドアで使用するポータブルなガス機器は、CB缶またはOD缶といったガスカートリッジ(ガスボンベ)を用います。

(画像出典:CAPTAIN STAG)

ガスカートリッジ内は、圧縮され液化した燃料と飽和した気化ガスで満たされています。
バーナーなどと連結してバルブを開くと、気化したガスがガスカートリッジ内の内圧により押し出され、燃焼部に届けられます。

この時、燃料の放出と共に圧力も消費されますが、カートリッジ内は液体と気体とが飽和蒸気圧の関係でバランスを保つ「気液平衡」状態のため、ガスが常温であるならば燃料を使用してもガスカートリッジ内の圧力減少はほとんどありません。

ガスカートリッジ内に十分な圧力がある状態ではガスの供給が安定し火力も安定しますが、ガスが少なくなってきたり何等かの影響でガスカートリッジ内の内圧が低下すると、ガスの供給量が減少し燃焼が不安定になります。

この何等かの影響のひとつにドロップダウンという現象があります。

ドロップダウンの原因

ドロップダウンとは何か、ドロップダウンが起こるメカニズムを簡単に説明しましょう。

唐突ですがボイル=シャルルの法則を覚えていますか?
ボイルとシャルル、そしてゲイルのそれぞれの法則を組み合わせた法則ですが、中でもゲイルの「体積が一定の場合、理想気体の圧力と絶対温度は比例する」という法則がドロップダウンに大きく関係します。

ガスカートリッジを使用するガス機器ではカートリッジの容積が一定のため、短時間ではカートリッジ内の気体の体積に大きな変化はありません。
然し燃焼を続けると液体のガスは気体へと気化し、それと同時にガスの温度を奪っていきます。気化熱です。

ガスの温度が下がっていくと飽和蒸気圧も下がり、気化したガスの圧力も下がっていきます。

温かい季節であれば気化熱により奪われる熱と外気温により暖められる熱のバランスが取れるため、著しい圧力低下には至りませんが、外気温が低い時期には気化熱による温度低下が勝るため、ガスの低温化、低圧化が起こります。
ガスの圧力が下がるとガスの供給量が減少するため、炎が小さくなり、燃焼状態が不安定になります。

これがドロップダウンです。

パワーブースターとは

ガス機器は、燃料を使い続ける限り気化熱による温度低下が起こります。
例えドロップダウンの原因が気化熱だとしても、それを防ぐ手立てはありません。

そのため、ドロップダウンを防ぐ方法は真の原因である気化熱の発生を止めることではなく、気化熱により奪われる温度を補う方法が一般的です。

パワーブースターは温度低下を加熱により補填するギアのひとつで、ガスが燃焼する際の燃焼熱をガスカートリッジ伝達することで温度低下を防ぐことが出来るギアです。

パワーブースターは銅板などの熱伝導性の高い材料で作られ、構造はいたってシンプルです。
敢えて部位に分けるとすると本体と受熱部の2つの部位で構成され、本体をカートリッジに取り付けて受熱部を燃焼部付近に配置することで、バーナーにより加熱された受熱部から本体、そしてガスカートリッジへと熱が伝達される仕組みです。

基本的には各ブランドのガスカートリッジに対して専用設計となっているため、使用可能機器としてメーカーが指定しているもの以外に用いる場合は自己責任となります。
特にガスカートリッジの過度な加熱は暴発の原因となるため注意しましょう。

厳選 パワーブースター

それではパワーブースターの紹介です。
パワーブースターはパワーチャージャーやサーマルインクリーザーなど多くの呼び名を持つギアですが、呼び名の数とは反して限られたブランドからしか発売されていないマイナーなギアです。

今回はその中でもメジャーなパワーブースターをピックアップして紹介します。

EPIgas / イーピーアイガス


フリーライトチャージャーⅡ

マグネットの力でガスカートリッジに取り付けて使用する、OD缶用パワーブースター。
素早く熱を伝達し、着火後の火力安定化を行います。
高温になるとロゴのデカールが「高温注意」の文字に変わる機能付きです。

4,180

サイズ H148×D82mm
重量 約63g
対応機種 NEO、REVOシリーズ、BPSシリーズ
対応容器 230レギュラー、230パワープラス、 190エクスペディション

(画像出典:Amazon)

SOTO / ソト


POWER BOOSTER ST-553

マグネットの力でガスカートリッジに取り付けて使用する、CB缶用パワーブースター。
受熱部周辺が自由に曲げられ、狙った場所への設置が可能です。
数少ないCB缶対応のパワーブースターです。

2,750

サイズ W250×D100×H20mm
重量 約200g
対応機種 ST-525、ST-522、ST-532、ST-531、ST-530、STG-A50

(画像出典:Amazon)

SUMMIT FOCUS / サミットフォーカス


デュープレックス エックス パワーチャージャー

DUPLEX X POWER CHARGER

マグネットの力でガスカートリッジに取り付けて使用する、OD缶用パワーブースター。
輻射熱による磁力低下が起こっても、マグネットを取り換え使用することが出来ます。
本体蓄熱部が2段分離構成になっているため、ダブルを入手すればシングルとしても使用することが可能です。
シングルで55gという軽さも魅力です。

6,380~

SINGLE DOUBLE
サイズ W6.5×D2.3×H16cm W6.5×D2.3×H21cm
重量 約55g 約88g

(画像出典:naturum)

雪が降るような寒い時期にはドロップダウン対策が必須です。

手軽に貼るだけで冬山対策が出来るパワーブースターは、ガス機器ユーザーにおすすめのサポートギアです。