Coleman 508A ガソリンバーナーの特徴と使い方

朝霧の中、早起きした鳥のさえずりを聞きながら、ケースから取り出したシングルバーナーに燃料を注ぐ。豆を挽く音で目を覚ました娘がテントから出てきた頃には、ケトルからは白い湯気が立ち上がり、コーンスープの素をお気に入りのマグカップに入れる・・・
この記事では、そんな朝にぴったりのコールマン製ガソリンバーナーの特徴と使い方を紹介します。

ガソリンバーナーとは

ガソリンバーナーは、不純物の少ないホワイトガソリンを燃料とするバーナーです。
燃料タンクに入れたホワイトガソリンを加圧し、ジェネレーターで気化したガスを燃焼することで熱を得ることが出来ます。
ガスバーナーに比べ手間は掛かりますが、低温化でも火力を安定供給できることと、アナログチックな作業が人気のアイテムです。

Coleman標準モデル3機種の紹介

ガソリンバーナーと言えばコールマン。コールマンからは標準モデルである3種のランタンと、期間限定のモデルが発売されています。限定品はシーズンランタンなどのリミテッドデザインのものですが、使用方法は標準品と変わりません。

413Hパワーハウスツーバーナー

  • 火力:3,650kcal/h(メイン)
  • 火力:2,750kcal/h(サブ)
  • 燃焼時間:2~6時間
  • 燃料タンク容量:1.6L
  • 収納時サイズ:56×35×16cm
  • 重量:5.8kg
  • 定価:¥25,800(税別)

(画像出典:Coleman)


フェザーストーブ

  • 火力:2,125kcal/h
  • 燃焼時間:2.2時間
  • 燃料タンク容量:330cc
  • 収納時サイズ:Φ13×15.5cm
  • 重量:680g
  • 定価:¥12,800(税別)

(画像出典:Coleman)


スポーツスターⅡ

  • 火力:2,125kcal/h
  • 燃焼時間:1.5~3時間
  • 燃料タンク容量:520cc
  • 収納時サイズ:Φ14×14cm
  • 重量:960g
  • 定価:¥11,800(税別)

(画像出典:Coleman)

ガソリンバーナー「スポーツスターⅡ」の使い方

点火方法

スポーツスターⅡの点火の流れは次の通りです。

  1. ホワイトガソリンを入れる。
  2. ポンピングする。
  3. 点火する。
  4. 追ポンピングする。
1.ホワイトガソリンを入れる

フューエルキャップを外し、燃料タンクにホワイトガソリンを入れます。燃料は本体を少し傾けた時に燃料挿入口から液面が見えるくらいまで入れます。
ガソリンフィラーを使えば燃料の注入が簡単です。)

入れ終わったらキャップをしっかり閉めます。

2.ポンピングする

ポンピングとは、ポンピングノブを押し引きすることで、燃料タンク内を加圧する作業です。

ポンピングノブを反時計回りに2回転程回して引っ張ると、ポンピングノブが引き出せます。ノブの中央の穴は呼吸ポートなので、ポンピングする時は親指で塞ぎながら押し込みます。奥まで押し込んだらまた引出し、再度押し込みまた引き出す・・・これを繰り返して燃料タンク内をどんどん加圧していきます。

ノブが固くて押し込めなくなったら、燃料タンク内の加圧が完了した証です。呼吸ポートを開放した状態でポンプノブを押し込み、時計回りに回してしっかり閉めます。

3.点火する

チャッカマンなどでバーナーのそばに火を灯した状態で、レバーをゆっくり回してバルブを開けば着火します。着火と同時に一度炎が立ち上がりますが、ジェネレーターが温まりやすい構造のためすぐに青色の火に変わります。外気温によりますが10秒程経っても青色の火にならない時は、酸素の量が足りない可能性がありますので再度しっかりポンピングをしましょう。

4.追ポンピングする

火力を安定させるため追ポンピングをし、完了です。

バーナーはランタンに比べて燃料タンクの内圧の減少が早いです。そのため火力が落ちてきたと感じたら追ポンピングをすると良いでしょう。

消火方法

消火はレバーをOFFにするだけですが、ノズル部の掃除のため、レバーをLOW↔HIGHと数回繰り返しひねってからOFFにします。OFFにした後も火が残りますが、しばらく経つと鎮火します。

鎮火後も熱を持っていますので、完全に冷えるまでは収納しないようにしましょう。

動画で確認