キャンプはここまで進化した?!発電できる焚火ストーブ登場

Gears

電気に支えられる現代、もはやアウトドアでも電気の力は不可欠です。今回紹介するのはBioLiteの発電機能付きアウトドアギヤCampStoveです。アウトドアはもちろん、災害時に必要な機能をしっかり備えたCampStoveは防災グッズとして頼もしいアイテムです。次世代のキャンプギアで進化したアウトドアに飛び込んでみましょう。

BioLiteとは

今回紹介する製品は、BioLite(バイオライト)という海外ブランドのものになります。あまり聞いたことのないブランドだと思いますが、国内ではモンベルが正規販売代理店を担っています。モンベルは自社製品の他にもJETBOIL(ジェットボイル)やHELINOX(ヘリノックス)、BAREBONES(ベアボーンズ)など優れた海外ブランドを取り扱っており、その「お目に適ったブランド」と言うことになるでしょう。

BioLiteは、木を燃料としたエネルギー効率の良い製品を生み出しているブランドです。

通常、焚き火は燃料である木が完全燃焼することはなく、一酸化炭素などの有害ガスを発生させます。また、焚き火により発生した熱の多くが大気中に拡散し、エネルギーとして効率的に利用できていません。

(出典:BioLite

調理のための焚火として考えた時、活用出来ずに無駄にしている熱エネルギーはまだ多く、そして不完全燃焼による一酸化炭素の発生、それによる死者が世界中に多くいるという現実に対し、バイオライトはある商品を投じたのです。

発電できる焚火台ストーブ CampStove2

CampStove2は、熱を電気に変える技術「サーモエレクトロニック・テクノロジー」を用いた焚火ストーブです。

燃焼室で発生する焚火の熱をサーモエレクトロニックジェネレータが電力に変換し、その電力でファンを回すことで新たな酸素を燃焼室に送り込みます。常に十分な酸素を送り続けることで完全燃焼を促し、一酸化炭素の発生を抑制します。また ファンの駆動に使用されなかった余剰電力はバッテリーモジュールへ蓄電されます。バッテリーモジュールに蓄電された電力は、USBポートを介して他のUSBデバイスの駆動や充電へ使用することが出来ます。バッテリーモジュールはストーブ本体から取り外すことが可能なため、蓄電後は室内でもデバイスなどへ充電することが可能です。

CampStove2は発電するためだけのストーブではありません。燃焼室の上部から排出される熱で調理等を行うことが可能です。

ファンの力で煙の少ない完全燃焼状態の炎が得られるため、調理中に煙たくなることがありません。また ファンの回転速度は4段階に調整することが出来るため、火力の調整も可能です。

実際の発電状況などはバッテリーモジュールのインジケーターで確認することが出来ます。

  • Fire Strength:火力(発電状況の目安)
  • 4Fan Speeds:風量(4段階)
  • Power Available:蓄電量

CampStove2のスペックと使い方

使用方法

ストーブを組み立て、燃焼室に乾燥した小枝などの燃料を投入し着火します。着火後およそ10秒経過したら電源ボタンを2度押しし、スタートアップモードを起動します。徐々に大きめの燃料を投入し、炎を安定させます。この時 電源ボタン押し進めることで送風量を調整することが出来ます。

電源ボタンの制御

  • 1度押し:バッテリー残量インジケーターON(外部出力への充電が行えるようになります。)
  • 2度押し:スタートアップモードを起動(ファンが低速回転します。)
  • 3度押し:ファン速度UP(Low)
  • 4度押し:ファン速度UP(Medium)
  • 5度押し:ファン速度UP(High)
  • 6度押し:キャンプファイヤー/スタートアップ

消火時は、燃焼室内の燃料を全焼させ冷却させます。ストーブが冷えるとファンは自動で停止します。ファンを手動で停止させる場合は電源ボタンを3秒間長押しします。ファンを手動停止させた場合でもストーブがまだ熱い場合には、電源系統保護のため再度回転します。

バッテリーモジュールに外部電源から充電するには、モジュール下部のmicroUSB入力ポートから付属のケーブルを用いて充電します。充電中はバッテリー残量インジケーターが点滅し、満充電になると緑色に点灯します。

バッテリー残量インジケーターのメモリがひとつしか点灯していな場合、システムは低電力状態となるため外部充電することが出来なくなります。外部充電させるには、蓄電量を増やすか発電状態にする必要があります。

注意

火力が強い時、バッテリーモジュールが過度に熱せられないよう風向きなどにも注意しましょう。

CampStove2 / キャンプストーブ2

サイズ Φ127×210mm
材質 ステンレス(ストーブ部)
発電能力 3W@5V(持続可能最大)
バッテリー容量 2,600mAh リチウムイオン電池
出力 USB 2A
重量 935g
付属品 フレックスライト(LEDライト)、収納袋、本体充電用ケーブル、着火剤

(画像出典:BioLite)

専用機材

CampStove2には調理をより快適にする専用機材が揃っています。

KettlePot / ケトルポット

CampStove2専用のポット。注ぎ口を取り外すと調理用の鍋としても利用できる。ポット底部は風防構造になっているため、効率的に加熱されます。使用後はCampStove2を収納することが可能です。

サイズ Φ133×260mm
材質 ステンレス(本体)
調理可能容量 1.5L
重量 465g

(画像出典:BioLite)

Portable Grill / ポータブル グリル

CampStove2に装着できる専用グリル。燃料となる小枝から出るスモークが食材に適度なフレーバーを与え、料理をおいしくします。使用状態でストーブへの燃料供給が可能です。

サイズ 310×250×85mm
収納サイズ 310×270×250mm
材質 ステンレス(本体)
重量 850g

(画像出典:BioLite)

太陽光発電と違い火力での発電は天候に左右されないのも特徴です。大きな震災では燃料となる木材は比較的入手しやすいため、安定した電力の確保が可能になります。次世代アウトドアギヤで災害への備えをしてみるのも良いのではないでしょうか。

(画像出典:BioLite)