YouTube「秋の香りとちび鉄板」公開中!>>click to check

ソロに最適!DODデッドスペースレス型インナーテント登場

Outdoor Gears

グループキャンプでもソロスタイルがベースとなりつつある現在、多くのキャンパーが独自の、そして季節や天候などのシチュエーションに合わせたソロスタイルを持っています。

今回はソロスタイルの中でも定番のカンガルースタイルに適したテントの紹介です。サイズ感と作り込まれたフォルムを特徴とする、DOD新作インナーテントを見てみましょう。

カンガルースタイルとは

カンガルースタイルとは、シェルタータイプのテントの中にインナーテントを建て寝室を作るスタイルです。

主にツーポールシェルターやワンポールテント、パップテントを使用する際に好まれるスタイルです。

カンガルースタイルに使用するインナーテントはシェルターに対して専用のものはほとんどなく、カンガルースタイル用に小型のインナーテントを準備したり、ドームテントのインナーを使用する場合もあります。

DOD「フカヅメカンガルーテント」の特徴

今回紹介するDODのフカヅメカンガルーテントは、カンガルースタイルを想定したインナーテントです。フライは備わっていませんので、雨天時にこのテントだけで過ごすことは出来ません。

インパクトのあるフカヅメの名の由来は、そのフォルムにあります。

一般的なインナーテントは側面側から見るとシンメトリーのフォルムをとりますが、フカヅメカンガルーテントはアシンメトリーなフォルムで、一方(背面側)が下がったフォルムになっています。

これはカンガルースタイルをメイン用途としてるために考慮された形状で、傾斜の出来るシェルターに対してデッドスペースを作らず端の方に設置出来るようになっています。

インナーテントとシェルターが接触すると、シェルターの結露がインナーテントに染みやすくなります。そのため特にインナーテントの上部がシェルターに接触しないよう離して設置しなければいけませんが、リビングスペースを広く取ろうと考えると出来るだけ端に寄せて設置したいものです。

これらを両立してくれる形状がフカヅメの名にもなっている最大の特徴です。

ソロに最適なサイズ感

次にサイズ感です。カンガルースタイルでは一般的にインナーテントは小さなサイズが好まれます。それは前述したようにリビングスペースを広くとるためですが、小さいほど良いかと言うとそうではありません。

寝室となるインナーテントには自分自身に加えザックやバッグなどの荷物も一緒に入ります。そのため大人ひとりとザックを並べて配置しようとすると、だいたい90cm程の幅が必要になります。

フカヅメカンガルーテントは幅95cm、全長215cmのためザックを並べて配置することも出来るし、頭の上や足元にザックを置くことも可能です。必要な広さを備え、且つ広すぎないというサイズ感はこの用途では最適でしょう。

更に交差したフレームが上部に広い空間を作っているため、室内での着替えや作業も快適です。

基本スペック

その他、主なスペックを見ておきましょう。

まず素材です。フカヅメカンガルーテントの壁面素材はコットンになります。肌触りが良く通気性も良いため、年間通して快適です。フロアは210Dポリエステルで5,000mmの耐水圧が備わっています。

壁面には前後両面に出入口が設けられ、更にメッシュパネルが備えられています。

基本的には正面からの出入りがメインになりますが、両側にメッシュがあることで優れた換気性能を備えます。

その他、電源コードを引き込むためのファスナーや小物入れになるメッシュポケット、室内灯などを掛けるためのランタンフックが備えられています。

まとめ

フカヅメカンガルーテントはDODの拘りが光る作り込まれたテントです。カンガルースタイルに求める事、妥協していた事を確実に解決した、正にカンガルースタイルを考えた専用のインナーテントです。

今回はソロ用のSSサイズに注目して紹介しましたが、デュオ用のSサイズも準備されているため、2人キャンプの方は公式サイトを覗いてみてください。

DOD

フカヅメカンガルーテントSS

サイズ W215×D95×H116mm
収納サイズ 15×15×43mm
材質 コットン
重量 2.4kg

参考価格:¥14,300

公式サイトでチェック

(画像出典:DOD)