YouTube『ソロキャンプ、湖上の朝霧』を公開! >>click to check

【ASOBU新作】折畳式コンパクト薪ストーブ『EBOSHI』

Outdoor Gears

2020年に誕生したアウトドアブランド「ASOBU/あそぶ」から、コンパクトな折り畳み式のウッドストーブ『EBOSHI/えぼし』が登場です。
『IRORI/いろり』に続きギミックの利いたEBOSHIは、遊ぶ心が散りばめられた、遊び心を刺激するギアです。

火を作るだけに留まらない、EBOSHIの詳細を紹介しましょう。

【ASOBU】EBOSHI / えぼし

EBOSHIはロケットストーブ型の折り畳み式ウッドストーブです。

ステンレス鋼板を駆使してデザインされたEBOSHIは、3枚のステンレス鋼板を本体のベースに、2層のボトムと三角形の薪投入口を備える構造です。

薪投入口はストーブより手前に張り出し、小枝などを横から差し込めるようになっています。

内部はロストルと底板の2層構造となっており、ロストルの下からは十分な酸素が供給されるよう側面に多数の空気吸い込み口が用意され、酸素供給と灰受けを効果的に行います。

上に行くほど狭くなるストーブは、熱を集める機能と共に本体の剛性UPを担っており、最上部のゴトク部ではソロでは十分すぎる30kgもの耐荷重を備えています。

 ■本体耐荷重
  推奨30kg 限界重量50kg(静止時)

ゴトク周辺には小窓がデザインされています。

小窓からは内部で反射する炎の明かりが木漏れるため、立ち込める火柱と共に焚き火の演出を楽しむことが出来ます。

また、小窓にトングを差し込むことで、熱せられたストーブでも簡単に移動することが可能です。

小窓はゴトク上で調理をする際にも効果的な働きをします。

フライパンなどで上面の噴出し口が防がれると、炎は小窓から横に広がりパンの底面を満遍なく熱します。

強い火力だからこ成せる効果的な仕掛けです。

EBOSHIの特徴

EBOSHIには2つの大きな特徴があります。

ひとつはEBOSHIの本質的な機能であるロケットストーブ機能です。

薪投入口からくべられた薪が燃えると、ストーブ内には燃焼熱による上昇気流が発生します。
上昇気流によりロストル下と薪投入口から酸素が取り込まれ、ストーブ内では煙突効果による完全燃焼が促進されます。

二次燃焼や完全燃焼が起こると強い火力が生み出されるだけでなく、排煙の発生を抑制する効果があります。

ロケットストーブ型のEBOSHIには、煙の少ない高火力燃焼という特徴があります。

ふたつ目の特徴は、携行性に優れる一体展開式の折畳ギミックです。

ASOBUの代名詞とも言えるこのギミックにより、EBOSHIはB5サイズへのコンパクトな収納形態に、パーツを分離することなく変形することが可能です。
パーツを分離する必要がないため紛失のリスクがありません。

もちろん組立、折り畳みは簡単です。

サイズはひとりでの焚き火や調理に最適なソロサイズです。

 ■本体サイズ
  収納時:厚さ15×幅135×長さ190mm
  展開時:高さ190×幅12×長さ153mm
  開口部:1辺69×3辺
  五徳部:1辺100×3辺
 ■本体重量
  260g 

市販の薪(30cm~)はそのままくべることが出来ないため、焚き木作りから楽しみましょう。

まとめ

EBOSHIはASOBUのギミックが光る、正に遊び心に富んだストーブです。
組み立てる楽しさと焚き火を愛でる楽しさ、そしてキャンプ飯を作る楽しさと、キャンプ時間を遊ぶ心が宿った逸品です。

ASOBU / アソブ


ウッドストーブ『えぼし』

折畳式薪焜炉『EBOSHI-01』

8,800

本体サイズ W125×D153×H190mm(260g)
トングサイズ 15×L188mm(40g)
材質 ステンレス
総重量 約340g(ストーブ、トング、収納袋)

(画像出典:ASOBU)