YouTubeチャンネルにて「【バックパック ソロキャンプ】芽吹く、冬山トレッキング」を公開しました! 是非ご覧ください。>>click

snow peak アメニティドームで開放的な小川張りスタイル

Topics

今回はスノーピークのアメニティドームとアメニティヘキサを使用した、定番の小川張りスタイルを紹介します。

テントとリビングスペースをタープで繋げる小川張りは、開放的且つ利便性の良いスタイルです。テントを基軸に必要なものを狭スペースに配置出来るため、自分の居場所をしっかり確保でき落ち着いて過ごすことが出来ます。また急な雨でも慌てることなく対応出来るため、春夏秋の3シーズンにはおすすめのスタイルです。

それでは小川張りスタイルにおすすめのアイテムを紹介しましょう。

小川張りとは

小川張りとは、タープの端がテントの上に掛かるように設営するスタイルです。

老舗アウトドアブランドであるogawa/小川がこのスタイルの設営スタイルを提唱したことから、現在まで多くのキャンプシーンで見かけるようになりました。

小川張りのメリットは、リビングスペースからテントへの動線がタープで覆われるため雨天時にも濡れずに行動できることと、テントの中と外が近く、必要なものが省スペースに配置出来るため活動し易いことがあげられます。また、タープの広げ方で日差しや雨風、更に視線の入りをコントロールできるため、シチュエーションへの対応やアレンジがし易いのも魅力です。

気候の良い時には解放感も抜群なので、是非おすすめしたいスタイルです。

小川張りに必要なギヤ

まずは基本ギヤであるテントとタープから紹介しましょう。

小川張りに決まったテントやタープはありませんが、価格、パフォーマンスに優れ、設営もし易いスノーピークのアメニティドームとヘキサタープは、特にビギナーの方にはおすすめです。

アメニティドームにはS/M/Lと3つのサイズがあり、それぞれS:2~3人用サイズ、M:3~4人用サイズ、L:4~5人用サイズ(大人換算)となっています。ソロやカップルでのキャンプにはSサイズが、核家族でのキャンプにはMサイズが良いでしょう。

親2人、子2人の4人家族構成であれば、アメニティドームMとアメニティタープ ヘキサL(6人用)の組合せが最適です。日差しや雨は真上から降りてくるとは限らないので、タープは人数ぎりぎりの物ではなく、ワンサイズ以上大きい物を選ぶと良いでしょう。

snow peak / スノーピーク

アメニティドームM

詳細を確認 >>

定価:¥39,800+税

Amazonでチェック楽天でチェック

アメニティタープ ヘキサLセット

詳細を確認 >>

定価:¥26,800+税

Amazonでチェック楽天でチェック

(画像出典:snow peak)

小川張りにはテントとタープの他、セッティングテープと呼ばれるアイテムが必要になります。

セッティングテープ

タープとポールを連結するためのテープ(コード)で、タープ端からポールを離して設営することが可能になります。
Amazonでチェック楽天でチェック

(画像出典:Amazon)

小川張りスタイルではテントの上から前面にタープを張るため、必然的にタープ端はテントの上になります。この位置ではポールが立てられないため、ポールはテントの背面に設置し、タープ端とポールとはセッティングテープで繋ぐことで連結します。

小川張りにはセッティングテープが不可欠なのです。

あると便利なアイテム

小川張りを更に快適に使いこなすために、おすすめのアイテムがあります。

この記事のアイキャッチ画像でも使用していますが、サブポールを用いることでリビングスペースの拡大や開放感の演出が行えるようになります。

天気が良く人の往来が少ないキャンプでは、是非前面をポールで立ち上げ、自然をより近くに感じてみてはいかがでしょう。

snow peak / スノーピーク

アルミポール170

詳細を確認 >>

(画像出典:Amazon)

また正面のタープポールには、是非サイトのシンボルにもなるランタンを設置してみてください。高い位置に掲げれば大人でも頭に当たらずに通過でき、広い範囲を照らすことが出来るのでリビングスペースのメイン光源としてもしっかり活躍します。アメニティタープのメインポールはしっかりしているため、ランタンフックを用いてガソリンランタンを吊り下げても安心の剛性です。

LOGOS / ロゴス

ランタンフック

(画像出典:LOGOS)

おすすめのファニチャー

小川張りはテント上面からタープが前面に飛び出す形のスタイルです。そのため、タープ下の高さはそれ程高くありません。テントの種類や張り方にもよりますが、一般的な小川張りの場合、背の高い大人の方だとタープ中腹では頭が擦る位の高さになります。

小川張りではタープ下が低~中程度の高さになるため、キャンプファニチャー類はロースタイルギヤがおすすめです。

キャンプスタイルの基本高さを作るチェアはロースタイルチェアを選び、それらに合った高さのテーブルやラック類を揃えるとバランスが取れた落ち着ける空間になるでしょう。

他にもキャンプギヤをお探しであれば、ページ下の「CAMP GEAR」プルダウンメニューからどうぞ。

まとめ

小川張りはテントとリビングスペースが連結され、雨の日でも濡れずに行き来することが出来る利便性の良いスタイルです。それでいて周囲が開け、開放感もしっかり味わえるため快適なアウトドアライフを送ることが出来ます。

そんな小川張りをバランス良く張るには、まずタープから設営すると良いでしょう。決めた場所にタープをぴんっと張り、その中でアメニティードームを立てることで、全体の配置バランスを一度で決めることが出来ます。

爽やかな日にぴったりな小川張りスタイルを是非お試しください。

そして最後に。今回はアメニティドームとヘキサを使用した小川張りを紹介しましたが、これからテントとタープを揃えようとお考えの方には「スノーピーク エントリーパックTT」もおすすめです。エントリーパックTTは小川張りスタイルを基本形とするテントとタープのセット商品なので、コストを抑えて小川張りスタイルを入手できるお得なモデルです。

snow peak / スノーピーク

エントリーパックTT

詳細を確認 >>

(画像出典:snow peak)