YouTube『ソロキャンプ、湖上の朝霧』を公開! >>click to check

ダイビングを本気で楽しむGoProアクセサリはたった3種

GoPro & Media

GoProを手にして遊びに出掛けると、ついつい記録作業に夢中になって一番大切な「記憶に残る体験」が忘れがちになることはよくあることだと思います。
今回の記事ではダイビングやシュノーケリングを本気で体験しながら、それでいてしっかり記録に残すことが出来るGoProアクセサリの紹介です。

夏の思い出はGoProに!

水の舞う夏のレジャーに最適な記録メディアといえばGoProです。
防水性はもちろん、軽量且つコンパクトにも拘わらず鮮明な映像を臨場感あふれる距離で撮影できる優れもの。

このGoProを最大限に活用するためには、シチュエーションに適したGoProアクセサリとの組み合わせがとても大切です。
今回はダイビングなどで必須ともいえる3種類のアクセサリを紹介しましょう。

1.防水ハウジングケース

GoProはHERO5からハウジングなしで10m防水となりましたが、ダイビングや流れの強い川などで使用する場合には耐水圧を超える可能性があるため、防水ハウジングの装着は必須です。

GoProの防水性能はGoPro独自の評価方法によるようですが、オフィシャルでは水深10mまで潜ってもその水圧では浸水しないとのことです。
気を付けなければならないのは、水深10mの水圧に相当するような流れの強い場所での使用です。
深くなくても水圧が高ければ浸水の恐れがあるため、流れのある水中では出来るだけ防水ハウジングケースを装着することをおすすめします。

GoPro / ゴープロ


保護ハウジング

水深60mまでの防水性能を誇る、GoPro専用の防水保護ハウジングケース。
装着した状態でもボタン操作が可能なため、モードの切り替えや撮影操作が行えます。
GoProを川や海で使用する場合は、GoProをぶつける可能性も高いため、保護の意味でも装着することをおすすめします。
HERO11、HERO10、HERO9は同じ保護ハウジングを利用することが出来ますが、HERO8以前はそれぞれ専用のハウジングとなるため注意して下さい。

6,710

(画像出典:GoPro)

2.アンチフォグインサート

水深の深い場所や川の中では陸上に比べ温度が低いため、防水ケース内に曇りが発生します。
曇りの原因はケース内の湿気が冷えた防止ケースに付着するために起こりますが、この曇りが水中で起きるとどうしようもありません。

そこで必要になるのがアンチフォグインサートです。

GoPro / ゴープロ


アンチフォグインサート

防水ケース内に予め入れておくことでケース内の湿度を回収し、ケースが冷えても曇りの発生を抑えることが出来るアイテムです。
深く潜る場合や水温の低い川で撮影する場合には必須のアイテムです。
湿度によりますが、アンチフォグインサートは2~3枚程GoProの脇に別けて挿入します。
開封後はどんどん湿気を吸収しますので、防水ケースに挿入したらすぐに蓋を閉じましょう。
未使用品は密閉保管し、長期保管した場合は一度吸湿具合を確認してから使用すると良いでしょう。

3,190

(画像出典:Amazon)

3.マウント

多くの種類を持つGoPro用マウントですが、ダイビングなど水中で使用することを目的に作られたマウントももちろん存在します。
その中で、今回はスキルや目的に合わせた2種類のマウントを紹介します。

GoPro / ゴープロ


ザ ハンドラー

The Handler

ダイビングを撮影の一環として楽しむ方には、ハンディータイプのマウントがおすすめです。
狙った場所を的確に撮影できると共に、態勢が崩れてもカメラの姿勢は保つことが出来ます。
誤って放しても沈んでいかないフロート型のため、紛失のリスクが少ないマウントです。
但し、沈まない代わりに手を離せば浮上します。
使用時にはリードコードを腕に掛けるようにしましょう。

4,070

(画像出典:GoPro)

マウント付きダイビングマスク

GoProを装着できるマウント付きのダイビングマスクは、ダイビング中に両手が自由に使えると共に、視線と同じ方向をより鮮明に撮影することが出来るアイテムです。
その場の臨場感のある映像が残せるのも、頭に装着できるこのアイテムならではでしょう。

(画像出典:Amazon)

ダイビングは危険と隣り合わせのアクティビティでもあります。
撮影は十分なダイビングスキルが身についてからトライするようにしましょう。