薪ストーブの設営が簡単な、煙突ポートがあるテント8選

Outdoor Gears

冬のキャンプの必需品と言えば暖房具です。
人それぞれ寒さへの耐力と暖の取り方は異なりますが、キャンプらしい暖房と言えば薪ストーブが最初に思い付くのではないでしょうか。

今回は、薪ストーブをインストールするために必要な「チムニーポート」を備えたテントを紹介しましょう。

チムニーポートとは

秋から冬へと季節が移るに連れ、テントの中で過ごす時間が増えていきます。
薪ストーブは冷えたテントの中を温め、団欒の時間を心地よく保ちます。

テントやシェルター内で薪ストーブを使用する場合には、煙突を用いて煙を外へ排煙する必要がありますが、ただ薪ストーブに煙突を立てれば良いかというとそうではありません。

薪ストーブで薪を焚くと、煙と共に煙突内に熱気が流れます。
この熱気は煙突を高温に熱するため、ストーブは勿論の事、煙突とテントが接触すると生地を溶かしたり、場合によっては火事になる恐れがあります。

煙突とテントが接触しないように、且つ、隙間風がテント内に入ってこないように設営するには、薪ストーブの取り扱い経験や煙突の拡張ギアなどが必要で、初めて薪ストーブを使用する方にはハードルの高い作業です。

そこで便利な構造がチムニーポートです。

チムニーポートを備えたテントであれば比較的簡単に煙突の設営が行えるので、冬キャンプの良さを気軽に味わうことが出来るでしょう。

チムニーポートの構造

多くのテントで採用されるチムニーポートは、フライの一部に耐熱性の高いグラスファイバー生地を設け、そこ穴を開けることでチムニーポートとしています。

煙突とは耐熱性の高いグラスファイバー生地のみ接触するため、高温に熱せられても溶ける心配はありません。

更にグラスファイバー生地はハサミで切断出来るため、煙突のサイズに合わせて穴を切り広げることで隙間を最小限にすることが可能です。

一度ポートサイズを合わせてしまえば次回はチムニーポートと煙突の位置さえ合わせれば良いので、簡単に設営することが出来ます。

厳選 煙突ポート付きテント

それではチムニーポートを備えたテントの紹介です。
テントサイズが小さなものから順に紹介していますので、人数を想定しながらご覧ください。

YOKA / ヨカ


ヨカ ティピ

YOKA TIPI

YOKA TIPIはインナーのないシェルタータイプのテントです。
シックなアースカラーに全周をリフレクターで囲ったデザインが目を惹きます。
テント側面上部には煙突ポートが、足元にはスカートが常備されているため、冬でも大活躍します。
ソロキャンプに適したサイズのテントです。

31,900

サイズ W270×D270×H175cm
ファブリック 40Dリップストップナイロン(表面シリコン、裏面PUコーティング)
耐水圧 2,000mm
ポール 8lot以前:カーボン
9lot以降:アルミ
重量 約1.8kg

(画像出典:YOKA)

Luxe / ルクセ


ヘラクレス2020

Hercules version 2020

ヘラクレスは耐風性が高くデッドスペースの少ないドーム型シェルターです。
広い室内と3ヶ所の出入口は、大人数での団欒も快適に過ごせます。
フロアシートは取り外しが出来るため、季節やキャンプスタイルに合わせた設営が可能です。
3ヶ所の出入口は全面メッシュパネルとなり、更に上部にベンチレーターを備えるため、換気性能も良好です。

52,800

サイズ W360×D300×H200cm
ファブリック 68D ポリエステル タフタ PU加工
耐水圧 1,500mm
ポール ファイバーグラス(φ11mm)
収納サイズ 65×25.5×28cm
重量 約13.5kg

(画像出典:USIDE.NET)

NORTENT / ノルテント


ギャム6

Gamme 6

ノルテントのギャムは冬に強い大型ドームシェルターです。
シルナイロンをアウターに用いたことで、軽量且つ優れた耐久性を発揮します。
冬場への備えとして内外両側にスカートが設けられ、更にストーブをインストール出来るよう煙突ポートと十分なベンチレータも備えられています。
美しい張り姿と快適な室内が魅力のシェルターです。

177,400

サイズ W370×D370×H185cm
ファブリック Ripstop silnylon 70D, 260T
耐水圧 3,000mm
ポール アルミ
収納サイズ 68×32cm
重量 約7.6kg

(画像出典:NORTENT)

Luxe / ルクセ


メガホーンⅢシェルター

Mega Horn Ⅲ Shelter

ルクセのメガホーンは、コスパに優れるロングセラーシェルターです。
冬季対応のシェルターで、スカートと煙突ポートが常備されています。
温かい季節には大きなメッシュパネルと上部のベンチレーターにより効果的に換気します。
ソロや少人数でのキャンプに丁度良いサイズです。

28,400

サイズ W400×D330×H220cm
ファブリック 185t ポリエステル タフタ PUコーティング
耐水圧 1,800mm
ポール アルミポール(φ25㎜)
収納サイズ Φ18.5×59cm
重量 約3.76kg

(画像出典:USIDE.NET)

HELSPORT / ヘルスポート


バランゲルドーム

VARANGER DOME

ヘルスポートのバランゲルドームは、難燃性ポリエステルの幕と煙突排出口にもなるトップベンチレーションを備えた、薪ストーブ対応型のドーム型シェルターです。
ドームの立ち上げを高くした構造が、室内空間をより広くゆったりと感じさせます。
大きな3つの開口は人の出入りを容易にすると共に、自然と調和するのに効果的です。

231,000

サイズ W435×D435×H210cm
ファブリック 難燃性ポリエステル
耐水圧 3,000mm
ポール アルミ
収納サイズ Φ27×65cm
重量 約9.75kg

(画像出典:HELSPORT)

Luxe / ルクセ


ツインシェルター

Twin Shelter

ルクセのツインシェルターは、冬季の使用を想定したシンプルな構造のツーポールシェルターです。
出入口は両サイドと正面に限られ、アレンジが出来るような切り離し部もアウターには備えられていません。
代わりにスカートと煙突ポートが備えられ、寒い冬でもしっかり室内を温める事が出来るシェルターです。

32,300

サイズ W500×D260×H160cm
ファブリック 185t ポリエステル タフタ PUコーティング
耐水圧 2,000mm
ポール 付属なし
収納サイズ φ54.5×60cm
重量 約kg

(画像出典:USIDE.NET)

NORTENT / ノルテント


コイエ7

Koie 7

ノルテントのコイエ7は冬仕様のツーポールシェルターです。
寒さに強いシルナイロンを用いたアウターには冷気の侵入を防ぐスカートが完備され、室内を温めるためにストーブ用の煙突ポートも備えられています。
寒い季節を想定しているため開口部は限られていますが、シンプルな佇まいに北欧ならでは美しいデザインが映えるシェルターです。

149,800

サイズ W485×D325×H185cm
ファブリック Ripstop silnylon 40D,260T
耐水圧 3,000mm
ポール アルミ
収納サイズ 61×26cm
重量 約5.9kg

(画像出典:NORTENT)

Mt.SUMI / マウントスミ


ストーブテント ノナT/C

StoveTent NonaT/C

マウントスミの大型ワンポールシェルター。
ストーブテントの名の通り、ストーブのインストールを想定したシェルターです。
煙突を出すためのポートは全6か所備えられ、ベンチレーションシステムも万全です。
ファブリックは質感と通気性の良いポリコットンが用いられ、冬場に備えスカートも完備しています。
グルキャンの団欒にピッタリのシェルターです。

97,900

サイズ W510×D500×H320cm
ファブリック T/Cポリコットン
ポール アルミ
収納サイズ W65×D35×H30cm
重量 約15kg

(画像出典:Mt.SUMI)

チムニーポート付きのテントは、薪ストーブを使ってみたいけどインストールが難しそうと思っている方に特におすすめのテントです。

薪ストーブの使用上の注意はこちらの記事で紹介していますので、ストーブ選びと合わせてご覧いただければと思います。

冬キャンのシンボル「薪ストーブ」の取扱注意事項とおすすめ10選
冬キャンのシンボルとも言える薪ストーブはベテランギヤのひとつですが、誰しもがそのギヤに対して初めての時はあるものです。揺らめく炎に広がる木の香り、煙突から立ち上る煙は憧れのキャンプスタイルのひとつではないでしょうか。今回は薪ストーブの取扱方法とおすすめを紹介します。