GoPro HERO9 BLACK 発売!! >>click

【キャンプ場情報】設楽オートキャンプ場-愛知県設楽

Field

設楽オートキャンプ場は、愛知県北設楽群の山間部に位置し、山間を流れる名倉川と緑豊かな山々に囲まれ、自然を間近に感じることが出来るキャンプ場です。またアウトドアを満喫できる施設構成となっており、リラックスしながらも存分に遊べるキャンプ場でもあります。

この記事では、自然とたくさん遊べるキャンプ場「設楽オートキャンプ場」の詳細情報をお届けします。

設楽オートキャンプ場ってどんなとこ?

設楽オートキャンプ場のある愛知県北設楽群は、愛知県の北東部に広がる山間地域の中央に位置する緑豊かな地域です。

設楽群は山と川に恵まれた自然豊かな土地で、多くのキャンプ場を抱える愛知県が誇るキャンプの聖地です。設楽オートキャンプ場へは市街地から1~2時間程で行ける場所にも拘わらず、天の川が望めるほど空気が澄んでいます。周辺の道路も整備され、アクセス性も良好です。但し山間ということもありルートの選択肢は多くなく、紅葉時期などには渋滞が発生するため注意が必要です。

施設情報

(画像出典:設楽オートキャンプ場)

設楽オートキャンプ場は場内中央に道路が走り、この道路を境に川側サイトと山側サイトに別れています。川側サイトはキャンプ場脇を流れる名倉川に近いサイトで、山側に行くにつれサイトの高さが段々と高くなっていきます。

テントサイト以外にはログキャビンやトレーラーハウスなどの宿泊施設も用意され、テントサイトを囲むように配置されています。

管理棟はキャンプ場の中央、道路の脇に設置され、その正面に駐車場が準備されているため、キャンプ場を訪れた時にはその駐車場に車を停めて管理棟にて入場手続きを行います。因みにこの道路は主にキャンプ場への出入りで使用されることが多いため、チェックイン・チェックアウトの時間帯以外はほとんど車は通りません。

その他、炊事場や入浴施設、遊び場など、キャンプで必要な施設は場内に全て揃っています。また、場内はほぼ全てのエリアに砂利が敷き詰められているため、川遊び後に人が歩いても水溜りになることがほとんどなく快適です。

サイト情報

サイト名 タイプ サイト数
テントサイト(川側) 砂利 9
テントサイト(山側) 砂利 17
ログキャビン 砂利 18
キッズハウス 砂利 8
トレーラーハウス 砂利 1

いずれも車はサイトに横付け出来るため、荷物の出し入れなどは快適に行えます。

テントサイト

テントサイトは石垣で区画割され、サイト内は深くまで砂利がしっかり敷き詰められています。川側から山側に行くにつれ標高が高くなっているため、隣接するサイト間で段差がある所もあります。

上の写真のサイト(M-16)は、駐車スペースとテントサイトで段差が出来ていますが、使い難さはありません。どのサイトも一般的なファミリーサイズのキャンプスタイルなら設営で困ることはないでしょう。

下の写真(M-18番サイト)は山側の一番奥に位置するサイトです。

砂利が丁寧に敷き詰められているため、傾斜は多少あるものの木の根の凹凸もなくしっかり整地されています。

いずれのサイトも深くまで砂利が敷き詰められているため、プラペグやピンペグでは打ち込むことは困難です。設楽オートキャンプ場に行く際は、鍛造ペグを忘れずに持って行きましょう。

またテント内で快適に過ごすには、フォームマットなどの厚手のマットで砂利の凹凸を防ぐ必要があります。フォームマットはこちらの記事でも紹介していますので参考にしてください。

悪環境を快適に!テント泊におすすめのフォームマット7選
キャンプの醍醐味でもあるテント泊。テントの中で過ごす時間は日常から離れた独特な楽しさがあり、大人も子供もなんだかわくわくしますよね。でもテントの中は楽しいだけでは不十分。しっかり休息するためには快適でなければなりません。この記事ではテント泊を快適にするフォームマットを紹介します。

炊事場

炊事場は2ヶ所。山側ログキャビンエリアに設けられた1ヶ所と、キャンプ場中央山側寄りにあるサニタリーハウスに設置されています。サニタリーハウスには炊事場の他、トイレ、お風呂、ランドリーなども備えられています。

上の写真はサニタリーハウスの炊事場です。きれいに保たれていて気持ちが良いです。お湯を使用する場合は別途費用が必要です。

炊事場の横にはコインランドリーが1台設置されています。

トイレ

上の写真はサニタリーハウスのトイレです。サニタリーハウス以外に魚つかみ取り場の脇にもトイレが設置されていますが、いずれも清潔に保たれています。

お風呂

お風呂は3室備えられており、いずれも使用には予約が必要です。

お風呂の他にはコインシャワーが3台設置されています。

8分300円と一人で使うには持て余す長さですが、シャワールームはシャワー室と更衣室の2部屋構成になっていますので、家族で一度に入ることも可能です。シャワー室は使用後に自動で洗浄する機能が備わっており、とても清潔です。

ゴミの処理

設楽オートキャンプ場では、ゴミは各自で持ち帰る必要があります。(燃えるゴミのみ有料回収してくれます。)

消し炭はサニタリーハウスに設置された箱に廃棄可能です。

遊び場

場内には釣り堀と魚つかみ取り場があります。

釣り堀は子供でも簡単に釣ることが出来ますので、夕ご飯として計画するのも良いかもしれません。

魚つかみ取り場は夏季限定となります。岩場ではなく整備された生け簀になりますので、小さな子供でも遊びながら楽しむことが出来るでしょう。

また、キャンプ場脇を流れる名倉川も夏場に賑わう遊び場です。

キャンプ場から直接河原まで出ることが出来ます。浅瀬もあるため足元だけ水につかることも出来ますが、川幅は広くなく、流れが急なところもあるため、特に子供はライフジャケットと大人の監視が必須です。

雨が降ったあとや夜間は大変危険ですので近づかないようにしましょう。

レンタル用品

寝具や食器などキャンプ道具のレンタルはありませんので、基本的なものは各自で揃えて持って行く必要があります。

薪は1籠500円で販売されています。

レビュー

周囲を背の高い杉や紅葉の木などに囲まれ、夏場にも拘らず涼しく過ごせるキャンプ場です。炊事場やトイレなどは管理スタッフの方々が常に清掃管理されていて、これ程までにきれいなキャンプ場は数少ないでしょう。

天気が良ければ夜には満天の星空が広がります。木々の間から見える星だけでも、はっとさせられるほどの美しさがあります。

注意したいところとしては、砂利サイト対策としてペグやマットの準備と、サイトによってはすぐ横が通り道となる所があるため、陣幕やタープなどによる目隠しアイテムを用意すると良いでしょう。

木々の美しさと木漏れ日の心地良さ、キャンプ場の綺麗さとスタッフの方達の親切さに、心身ともに癒されるキャンプ場です。