YouTubeチャンネルにて「【バックパック ソロキャンプ】芽吹く、冬山トレッキング」を公開しました! 是非ご覧ください。>>click

テンマクデザインから新作テント『ツーピークキャビン』が発表!

Outdoor Gears

2021年、怒涛の新作ラッシュを仕掛けるテンマクデザインから、この春新たに1~2人向けのコンパクトなテントが発売されます。その名はツーピークキャビン。2本のポールをメインポールとするツーポールテントですが、他にない斬新なデザインが特徴で、既に多くの期待で溢れています。

それではテンマクが得意とするT/Cと、斬新なデザインが織りなす新幕を紹介しましょう。

tent-Mark DESIGNS ツーピークキャビン

ツーピークキャビンは1~2人サイズの2ポールテントです。「安心して寝れる」をコンセプトに設計され、遮光性と耐風性、そしてプライバシーにも配慮された構造です。

1人でも10分程で設営出来る簡単設営が特徴で、そのために全高を160cmと低く抑え、これにより耐風性の向上が図られています。

素材はフライがポリコットンT/C、インナーテントがポリエステルとなります。フロアの耐水圧は1,500mmと少し物足りなさはありますが、グランドシートを用意すれば問題ないでしょう。

ツーピークキャビンの特徴

ツーピークキャビンの特徴は何と言っても斬新なデザインです。一般的にシンメトリー構造をとられる2ポールテントですが、ツーピークキャビンは非対称のデザインで、正面、左右どちらから捉えても対象構造ではありません。

ツーピークキャビンは、メインの出入口を片方に限定した構造になっています。メインの出入口側はフライがひさし部でカットされ、その下から前室パネルが飛び出す構造になっていますが、反対側、つまり背面側は一般的なツーポールシェルター同様にフライがグランドまで裾を広げるように閉じられています。インナーテントへのアクセスの基本は正面側となるため、基本系としては正面をリビング側に向けることになるでしょう。

正面と背面で完全に構造が異なるため明確な使い分けが必要となりますが、対応出来れば無駄のないスマートなデザインです。

前室パネルはもちろん自由に開閉調整が行えます。

フルクローズからフルオープンまで自由に調整出来るため、天候やスタイルにも合わせやすそうです。正面、背面共にフルクローズ時には前室スペースが出来るため、雨天や就寝時にはギヤの収納スペースとしても重宝します。

デザイン性と使い易さが融合した魅力的なテントです。

ツーピークキャビンの詳細

テンマクデザインの2021年春の新作2ポールテント「ツーピークキャビン」の詳細スペックは・・・

tent-Mark DESIGNS / テンマクデザイン

Two Peak Cabin
ツーピークキャビン

サイズ W240×D420×H160cm
主生地 フライ:ポリコットンT/C
インナー:ポリエステル
耐水圧 フロア:1,500mm
収納サイズ 64×22×26cm
重量 10.97kg

参考価格:¥52,800

2021年4月中旬発売予定

公式サイトでチェック

シックなカラーと魅力的なデザイン、そして質感の良いT/Cを使用したテンマクらしい幕が、テンマクらしいお求めやすい価格で登場です。既にソロテントを持っている方でも魅かれるテンマクのツーピークキャビンなので、自ずと発売と同時に売切れが想定されます。発売日はこまめにチェックしましょう。

(画像出典:tent-Mark DESIGNS)

因みに今回紹介したツーピークキャビンによく似た、シンメトリータイプのソロサイズ2ポールテントが鎌倉天幕から発売されています。4月まで待てない方や、シンメトリータイプや軽量タイプをお探しの方はこちらもチェックしてみてください。

鎌倉天幕からオールシーズン対応のソロ用バックパックテントが登場!
ニューテックジャパンのレーベル「鎌倉天幕」の孤高のソロテント「SOLOIST/ソリスト」。独創的なキャンプギヤを目指して作られたソリストは、現代のソロキャンプに適合する高機能幕です。トレッキングやツーリングキャンプなど様々なシーンで活躍出来るソリストを詳しく紹介しましょう。