チェアサイドに映える!NATURE TONESのスタンドテーブル

Outdoor Gears

夕暮れの湖畔、霧立つ早朝。
ほっとするひと時はキャンパーにとって至福の時間です。

その至福の時間を、濃く、エレガントに彩るギアはそう多くはありません。

今回はチェアの傍らでさり気なく目を惹く、ガレージブランド「NATURE TONES/ネイチャートーンズ」のチェアサイドテーブルを紹介しましょう。

NATURE TONES / ネイチャートーンズとは

Nature tonesは福井県を拠点とするアウトドアブランドです。
板金加工と特殊な樹脂コーティングにより作り出される、強く優しい質感のオリジナルギアが特徴です。

多くのファンを抱えるNature tonesですが、製品は国内での小ロット生産という事もあり入手までに時間が掛かったり品切れが続くギアもあります。
ラインナップの追加やリストックのチャンスに出会えたなら、是非手に入れたいものです。

今回は数あるNature tonesのギアの中から、チェアサイドに適したコンパクトテーブルを3つ紹介しましょう。

リトルブレイクスタンド ミニ

THE LITTLE BREAK STAND MINI

リトルブレイクスタンド ミニは、棚板を二段有したZ型のテーブルです。

棚板はカップと小皿が置ける程度のコンパクトなサイズで、手持ちの物とポケットの中身くらいしか置けません。

上段の棚板は菱文様を抜きであしらい、下段の棚板にはエキスパンドメタルが用いられ、凹凸のある塗装と共にシックにまとめられています。

上段には真鍮製のロッドが設けられ、シェラカップなどの小物を掛けておくことが可能です。

収納時には上下の棚がぴたりと合わさるように折り畳め、持ち運びや収納性も良好です。

使用時サイズ W320×D150×H220mm
収納サイズ W365×D150×H45mm
重量 約1kg

リトルブレイクスタンド ミニは、限られたものしか置かないシンプルな使い方におすすめで、コンパクトなサイズ感とこだわりのデザインが魅力のテーブルです。

8,580


ハーフフォールド ミニテーブル

THE HALF FOLD MINI TABLE

ハーフフォールド ミニテーブルは、長尺のテーブルトップが特徴的な、開閉型のテーブルです。

コーヒーのドリップや簡単な作業、調理なども行えるサイズ感が特徴です。

トッププレートは菱文様に抜かれたデザインをベースに、小物を掛けられるバーや機能性のある抜き形状が設けられています。

表面はシックな印象を与える粉体塗装が施され、手に持つ質感も上質です。

収納時には脚を折り畳み、トッププレートを中央で畳めばコンパクトな収納形態へと収められます。

使用時サイズ W695×D220×H210mm
収納サイズ W370×D220×H40mm
重量 約1.5kg

単色でまとめられたシックなトーンと、作業性の良い長尺のトッププレートが魅力のテーブルです。

10,780


リトルブレイクスタンド

THE LITTLE BREAK STAND

リトルブレイクスタンドは、アイアンの武骨さと木材の優しが融合したテーブルです。

2種類のサイズが用意され、LサイズのテーブルトップでおよそA3サイズの広さがあります。
横幅と奥行きの両方に広いため、ソロではメインテーブルとしても活用できるサイズ感でしょう。

構造はシンプルで、温かみのあるウッドテーブルをトップに、下段にはエキスパンドメタルの棚板が備えられています。

テーブルトップの一方にはバーが設けられ、シェラカップなどの小物を掛けることも出来ます。

収納時や運搬時には、棚板を合わせるように折り畳むことで扱い易くなります。

Sサイズ Lサイズ
使用時サイズ W395×D260×H205mm W395×D295×H370mm
収納サイズ W395×D315×H55mm W395×D430×H75mm
重量 約1.7kg 約2.4kg

先に紹介したリトルブレイクスタンド ミニの元となるテーブルです。
ミニとは異なり木の温もりがあることで、武骨なスタイルだけでなくカントリー調などの様々なスタイルに合わせやすいテーブルです。

10,010

武骨でありながら豊かなデザインが特徴のNature tonesのギア。

コンパクトながらもインパクトのあるテーブルが、キャンプのひと時を優雅にアレンジしてくれるでしょう。

(画像出典:Nature tones)