YouTube『ソロキャンプ、湖上の朝霧』を公開! >>click to check

2022年ogawa新作テント!注目の3種のテントを紹介

Outdoor Gears

ogawaから2022年の新作テントが発表されました。
ラインナップには、カーサイドテントを含め9種もの新作がお披露目です。
完全新作の大型ドームテント「クーポラ」を始め、名作のバージョンアップなど目白押しです。

今回は、中でも特に注目の3つのテントをピックアップして紹介しましょう。

2022年ogawa新作テント

ogawaと言えば、日本のキャンプシーンをリードする老舗アウトドアブランドです。
1914年の創業から100年を超える歴史の中で培われた信頼が、ogawaにはあります。

2021年の始まりは、大型シェルター「ヒュッテレーベン」のリリースでした。
無骨さとカントリー調の馴染みやすさが融合したフォルムは、ogawaらしさを映し出しています。

そして2022年は、バージョンアップを含めると、なんと9種ものテントがリリースされます。

中には近年のogawaの流れでもあるT/C化も含まれますが、9種もの新作リリースは2022年へのogawaの強い想いの表れでしょう。

今回は9種の内、特に注目の3種のテントをピックアップして紹介しましょう。

アポロンS

まず最初に取り上げたいテントがアポロンSです。
2022年、ogawaを代表するトンネルテント「アポロン」がコンパクトになり新登場します。

アポロンはnordiskのレイサ6と共に、現在のトンネルテントブームの先駆けとも言えるテントです。
2ルーム、3ルームテントとして非常に使い易く、更に全面メッシュパネルを搭載したことで魅力的な開放感を備えています。

アポロンSはアポロンの造形と機能を受け継いでいるので、使い勝手はそのままに少人数のキャンプに適合するモデルとなりました。

サイドウォールはメッシュとプレーンの2重構造で、全面フルクローズ/フルオープン/フルメッシュと多彩なアレンジが可能です。
もちろんサイドパネルの跳ね上げも可能なので、優れた耐候性、拡張性もそのまま継承しています。

121,000

アウターサイズ W440×D255×H182cm
インナーサイズ W130×D235×H165cm
ファブリック フライ:ポリエステル75d
インナー:ポリエステル68d
グランドシート:ポリエステル210d
耐水圧 フライ:1,800mm
グランドシート:1,800mm
ポール 6061アルミ合金(φ16mm、φ14.5mm、φ13mm)
収納サイズ 70x32x32cm
重量 約15.95kg

クーポラ

次に紹介する新作テントは大型ドームテント「クーポラ」です。
海外テントに見られる、美しい曲線形状が特徴的なテントです。

クーポラは収容人数8人という大型のシェルターテントで、インナーテントにフライを被せる構造のドーム型テントです。

インナーテントのフロアは取り外し出来る構造のため、シュラフを並べて寝るスタイルにも、チェアやコットを並べるシェルタースタイルにも対応します。

迫力のある外観と広々としたサイズ感が特徴で、アレンジ性も豊かです。

前後左右の出入口はメッシュパネルを備え、自由なアクセスと十分な換気を促します。
中央が最も高く天窓を備えているため、夏場も効果的にベンチレーションが働くでしょう。

インナーテントには透湿性のあるT/Cが採用されており、結露対策も考慮されています。

サイズ、機能共に大型のテントです。

165,000

サイズ W570×D285×H200cm
ファブリック フライ:ポリエステル75d
インナー:T/C、ポリエステル75d(入口部のみ)
グランドシート:ポリエステル210d
耐水圧 フライ:1,800mmmm
グランドシート:1,800mmmm
ポール 6061アルミ合金(φ14.5mm、φ13mm)
7001アルミ合金(φ8.5mm)
収納サイズ 70x34x34cm
重量 約20.3kg

タッソUL

3つ目にピックアップするテントはタッソULです。
ポリエステル生地のタッソ、T/C生地のタッソT/Cに続き、ogawaには珍しいウルトラ・ライトタイプのタッソが登場します。

タッソは変形型のワンポールシェルターです。
タッソ、タッソT/Cは、六角形、七角形、八角形と張り姿を変形させることができ、デュオでのキャンプをゆったりと楽しめる仕様でした。

新作となるタッソULはバックパックキャンプへの適応を目指し、UL(ウルトラ・ライト=超軽量)仕様として作られています。
そのため変形パターンは五角形と六角形に、更に高さもタッソに比べて低くなり、これによりコンパクト且つ軽量になっています。

タッソULのみであれば重量約1.2kgで収納性も良く、バックパックキャンプにも十分なパッキング性能です。
但しインナーを除いてのスペックなので、キャンプスタイルによっては別途持ち物が増える想定が必要です。

タッソULのファブリックは20Dシルナイロンです。
ULではめずらしいスカートも付いているので、耐候性も期待できます。

拡張性の高いタッソの軽量版という事で、嵌まるキャンパーは多いでしょう。

41,800

サイズ PENTAGON:W240×H180cm
HEXAGON:W310×H160cm
ファブリック ナイロンリップストップ20d
耐水圧 1,800mm
ポール 6061アルミ合金φ16mm
収納サイズ 幕体:26×14×14cm
フレーム折り寸法:36cm
重量 約1.2kg

今回ピックアップした3種のテントの他にも、名作のバージョンアップやT/C版の登場、そしてカーサイドシェルター2種が新たに登場します。

ogawaの新作テントをもっと知りたい方は、下記リンクよりそれぞれの詳細ページを覗いてみてください。

2022NEW PRODUCTS / ogawa ONLINE STORE

(画像出典:ogawa)